箕面市 > 子育て・教育・文化 > 子育て > ひとり親家庭への支援 > 母子・父子・寡婦福祉資金の貸付

更新日:2020年8月20日

ここから本文です。

母子・父子・寡婦福祉資金の貸付

母子・父子・寡婦福祉資金貸付制度は、ひとり親家庭及び寡婦の経済的自立を図るため(子どもの修学や親自身の技能習得など)に資金を貸し付ける、大阪府の制度です。(問合せや申込みの窓口は、箕面市教育委員会事務局子育て支援課となります。)

※申請書を提出する前に、貸付対象となる経費の支払いを既に済ませている場合、貸し付けはできませんので、必ず事前に、箕面市教育委員会事務局子育て支援課までご相談ください。

貸付を申請できるかた

母子家庭の母、父子家庭の父、寡婦その他ひとり親家庭の20歳未満の児童など。

詳しくは、大阪府ホームページ( 外部サイトへリンク )をご参照ください。

その他

  • 貸付にあたっての注意事項

本資金の貸付制度は、ひとり親家庭の親や寡婦の方に対して、生活の安定と向上のために必要な貸付を行うことにより、経済的自立の助成と生活意欲の助長を図り、併せてその扶養している児童等の福祉の増進を図ることを目的として、貸付の必要性、債務内容、返済の意思等を確認したうえで、貸付を必要とされる方にお貸しする制度です。必ずご本人自身でご相談、申請等を行ってください。

この貸付金は、借入申込みから貸付金の交付まで、一定の日数(1ヵ月~3ヵ月)を要しますので、弾力的な資金計画をたて、早めに子育て支援課までご相談ください。

修学・技能習得等同一目的による他制度の助成・給付・貸付等を受けている場合は、他制度との重複貸付はできませんので必ず申し出てください。

資金の借受目的以外に使用したとき、偽り(虚偽の説明及び申請等)その他不正な手段により貸付を受けたときは、貸付を停止し一括で償還していただきます。

氏名・住所の変更、修学・修業・技能習得の留年・休学・退学等による貸付の中断・終了、その他貸付時と状況が変わったときは手続きが必要ですので、必ず申し出てください。
※貸付の資格を喪失した場合は、一括で償還していただく場合がありますので、ご注意ください。

よくあるご質問

お問い合わせ

所属課室:子ども未来創造局子育て支援課 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6738

ファックス番号:072-721-9907

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページは見つけやすかったですか?