更新日:2019年5月16日

ここから本文です。

カフェ サルンポヮク

阪急箕面駅からほど近くのお店は、緑に囲まれた静かなビーガンカフェ。
すべてのメニューに、動物性食品、卵、乳製品、白砂糖を使っていません。食材もひとつひとつ厳選されていて、なるべくオーガニックの「体にいいもの」にこだわっています
※ビーガンとは、肉や魚・牛乳・卵などのすべての動物性食品を食べないベジタリアンのことです。

おすすめポイント

  • その1:すべてのメニューで、肉や魚、卵、牛乳、乳製品などの動物性食品、白砂糖を使用せず、野菜や玄米、豆などを材料にしています。
  • その2:パンは自家製の天然酵母パン、マヨネーズも豆乳をベースに手作り。
    化学的な余計なものは何も入れておらず、安心して食べられます。(一部のメニューに、ノンアルミベーキングパウダーは使用しています。)

栄養士の食事レポート

看板メニューの「うす揚げバーガーと小さいミネストローネスープ」と「甘酒の玄米カレー&季節の野菜デリ」を試食しました。
どちらのメニューも材料は穀類と野菜、香辛料で植物性の食品だけなのに、コクがあり、ボリューム感もあって美味しいです!

うす揚げバーガーは、特製ソースを絡めたうす揚げにもっちりしたバンズとマヨネーズがマッチしています。「え?これお肉入ってないの??」と思うくらい、食べ応えがあります。
ミネストローネスープには、通常使用するブイヨンなどは一切入っていません。お店のかたに作り方を尋ねると、「玉葱をしっかりと炒めて旨味を出し、数種類の野菜と煮込んでいます」とのこと。厳選素材で、丁寧に作られた一品です。

「甘酒の玄米カレー&季節の野菜デリ」は、スパイスの香りが効いた本格派。カレー好きの方もきっと満足できます。
この日の季節の野菜は、紫大根とからし菜が添えられていました。

「動物性食品を使っていないことを知らずに食べても美味しく召し上がっていただけるよう、心がけています。」という店長さんの言葉どおり、ベジタリアンではなくても通いたくなります。

デザートメニューも充実していて、ケーキやフレンチトーストなど、食物アレルギーがあると普通なら食べられないメニューもいろいろあります。

子ども連れも可能で、食物アレルギーのあるお子さんを連れたお客さんが、「どのメニューでも食べられる」ことに感動される姿もあるとのこと。メニューによっては売り切れてしまうこともあるので、お早めにどうぞ。

小麦やナッツ類は、使っているメニューもありますので、お店で確認してみてください。

お店の情報(アレルギー対応の状況など)

店名 カフェサルンポヮク
TEL 072-764-8200
住所 箕面6-2-18
営業時間 11:00~18:00
定休日 火・水曜日
駐車場 1台
ホームページ等 https://ja-jp.facebook.com/salunpowaku/(外部リンク)
アレルギー対応状況 全メニュー、卵、牛乳・乳製品、肉・魚等動物性食品、不使用
アレルゲン情報 問い合わせ可
その他 白砂糖不使用、てんさい糖や米あめ、メープルシロップを使用。
塩は、自然塩。油はなたね油とごま油オリーブオイルを使用

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページは見つけやすかったですか?