箕面市 > 健康・医療・福祉 > 健康・医療 > 子どもの予防接種 > 令和4年度 子どものインフルエンザ予防接種を助成します

更新日:2022年12月29日

ここから本文です。

令和4年度 子どものインフルエンザ予防接種を助成します

令和4年度の助成は、12月28日をもって、終了しました。

助成の概要

 箕面市は、インフルエンザの流行を防ぐため、令和4年度も生後6か月から小学6年生までの子どもを対象に予防接種費用の助成を行います。対象のかたには、指定医療機関で使用できるクーポン券を2枚お送りします。1回の接種につき1枚のクーポン券が使用でき、合計2回の接種で2,000円の助成を受けることができます。

 インフルエンザは、毎年冬から春にかけて流行しやすく、学校・幼稚園・保育園(所)などでの感染拡大が懸念されます。予防接種を受けると、インフルエンザにかかりにくくなり、重い合併症を防ぐことが期待できます。このため、箕面市では、インフルエンザの発症を抑えるため、対象のかた全員にクーポン券を送付し、予防接種を奨励しています。

助成内容

助成対象

接種日時点で、生後6か月から小学6年生までの市民

助成内容

  •  1,000円が割引になるクーポン券を2枚、対象者あてに送付します。
  • 助成対象の年齢のかたは、2週間から4週間の間隔をあけて、2回接種する必要があります。1回の接種につき1枚のクーポン券を使用してください。合計2回の接種で2,000円の助成を受けることができます。
  • 自己負担額は、1回の接種につき2,500円程度です。(医療機関により異なります。)

     ただし、令和4年12月16日以降に生後6か月を迎えるかたについては、クーポン券は1枚しか使用することができません。2回目の接種については、助成対象期間外の接種となりますので、全額自己負担となります。ご注意ください。

クーポン券の送付時期

  • クーポン券は、9月末に発送します。
  • 令和4年9月1日以降に箕面市に転入されたかたには、10月初旬以降順次発送します。
  • クーポン券を受け取られた後に箕面市から転出される場合、転出日以降はクーポン券を使用することはできません。

助成対象期間

令和4年10月1日(土曜日)から令和4年12月28日(水曜日)まで

接種場所

市内の小児インフルエンザ予防接種実施医療機関(PDF:94KB)

指定医療機関以外で接種を受けられた場合、クーポン券は使用できません。また、クーポン券以外の助成方法はありません。

ただし、疾病などの理由により指定医療機関で接種を受けることができない場合は、事前に子どもすこやか室までご連絡ください。手続き方法についてご案内します。

そのほか

  • 当日の診察の結果、接種できない場合はクーポン券を使用することはできません。
  • 子どものインフルエンザ予防接種は任意接種(予防接種法に定められていない予防接種)です。クーポン券に同封の説明書をよくお読みいただき、疑問などがあれば、接種前に医師に質問しましょう。

 新型コロナウイルスワクチンを接種したお子さまへ

令和4年度から、新型コロナウイルスワクチンとインフルエンザワクチンにおいて、間隔に関する規定がなくなり、同時接種が可能になりました。

  • インフルエンザワクチン1回目と2回目の間隔(2週間~4週間)はこれまで通り必要です。
  • この同時接種可能という対応は、あくまでインフルエンザワクチンのみの対応です。(他のワクチンはこれまで通り、新型コロナワクチン接種前後13日以上の間隔が必要です。)

 詳しくは厚生労働省の新型コロナワクチンQ&Aの「新型コロナウイルスワクチンとそれ以外のワクチンは、同時に接種することはできますか。( 外部サイトへリンク )」をご確認ください。

よくあるご質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:子ども未来創造局子どもすこやか室 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6768

ファックス番号:072-721-9907

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページは見つけやすかったですか?