箕面市 > 子育て・教育・文化 > 教育 > 箕面市教員養成セミナー「ぴあ・カレッジ」 > H30「ぴあ・カレッジ」第2回セミナーの様子

更新日:2018年6月5日

ここから本文です。

平成30年度「ぴあ・カレッジ」第2回セミナーの様子

平成30年(2018年)5月26日「ぴあ・カレッジ」第2回セミナーを開催しました。

今回のめあては「箕面市の歴史や自然を知ること」「お互いのことを知ること」でした。

前半は、地域学習副読本「わたしたちのまち箕面」の編集長を務められた松山教諭(元箕面小学校長・元教育センター所長)による「箕面の歴史」をテーマにご講演いただきました。

松山先生の講演の様子

箕面検定(ぴあ・カレッジバージョン)と題してクイズ形式で展開されました。

「箕面という地名の語源は?」「昔の箕面にはどんな施設があった?」「箕面発祥のものは?」などの問題や松山先生のお話を通して、受講生は自分の考えを持ち箕面市の昔の様子や特色などについて学んでいました。

講演を通して、箕面に対する愛情を受講生に伝えていただきました。

 

後半は、グループに別れフィールドワークをしました。

滝に到着した受講生たち

前半取り上げられた富くじ発祥の地「瀧安寺」などの要所や植物などの解説、各所にまつわる逸話や伝説を箕面観光ボランティアガイドのかたがたにしていただきながら滝道を歩きました。

箕面という土地が持っている魅力は「猿」「滝」「もみじ」の他にもたくさんあることを感じることができました。

滝道の自然についての話を聞く受講生

各ポイントではガイドさんの話を熱心に聞き、道中は受講生どうし会話を楽しんでいる姿が見られました。

ぴあ・カレッジのぴあは【peer:仲間】から取っていますが、今回のセミナーを通して教員を志す仲間のことをよく知るきっかけとなったことと思います。

セミナーの最後に山下塾長によるまとめの時間を設けました。

「今回のセミナーで印象に残ったこと」について、まずペアで伝え合い、次に一人ひとりが全体に向け発表をしました。

一人ひとり今日のセミナーで感じたことを伝え合うことを通して、人の感じ方には同じところもあればちがうところもあることを実感しました。いろいろな考えや感じ方を知ることが刺激になることを改めて認識する機会となりました。

塾長によるまとめ

 

 

【ぴあ・カレッジノート(受講生のふりかえり)より】

<学んだこと・今後に生かしていきたいこと>

  • 実際にフィールドワークで自分の体で体験し、今まで見たことはあったのに知らなかった歴史などを学ぶことができた。児童生徒にとっても、教室での教科書学習だけでなく「体験する」ということが効果的で重要なものだなと思った。
  • 実際に箕面の滝道を歩き、観光ボランティアさんの話を聞くことによって、教科書や資料だけでは伝わらない箕面のよさに気付くことができた。箕面のことがさらに好きになり、子どもたちにも箕面のよさを伝えていきたいと思った。
  • 今日学んだことを子どもたちにどのように伝えようかと考えてしまうくらい、魅力あるフィールドワークだった。

<感想>

  • 受講生同士お互いあまり知らない状態だったが、一緒に歩いて箕面を知るという共通課題があることで、自然と会話が弾み、仲間関係の築き方について改めて学ぶ機会になったと思う。同じ滝を見て同じ道を歩いたが、最後の交流を通じて、感じ方考え方は人それぞれなのだと気づいた。
  • 受講生の感想を聞いて、「体で感じたことと学んだ知識がつながることの大切さ」や「その知識が子どもたちとのコミュニケーションとして生きること」など、自分とはまた違った観点があると感じて面白かった。

よくあるご質問

お問い合わせ

所属課室:子ども未来創造局教職員人事室 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6997

ファックス番号:072-724-6010

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

Ready to move? 箕面に住む?

妊娠から育児、学校のことまで ぜんぶわかるみのお子育て情報

見どころいっぱい 楽しみ方いろいろ ぷらっと 箕面さんぽ

箕面の情報を「イマだけ、ココだけ、あなただけに!」 みのおどっとネット