• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

箕面市 > くらし > 福祉 > 障害者福祉 > 箕面市障害者市民施策推進協議会 > 平成29年度第2回箕面市障害者市民施策推進協議会結果報告書

ここから本文です。

更新日:2017年7月28日

平成29年度第2回箕面市障害者市民施策推進協議会結果報告書

日時、場所、参加者など

日時:平成29年(2017年)7月19(水曜日)10時から12時10分

場所:箕面市立障害者福祉センターささゆり園会議室1

出席者:構成員等22名、事務局3名、関係課1名

傍聴者:1名

内容

内容は下記のとおりです。

1.冒頭

  • 出席者全員が自己紹介。

2.各案件

案件1 座長及び副座長の選出について

事務局から資料1-1、資料1-2に基づき説明。

座長と副座長の選出について、仮座長から承認を求め、構成員から了承される。

座長、副座長から挨拶。

案件2 各種会議への委員選出状況について

事務局から資料2に基づき説明。資料2のとおり選出を了承される。

案件3 専門部会について

事務局から資料3に基づき説明。

以下の意見等があった。

  • すでに開催されている条例に関する部会については、今日の障害者市民施策推進協議会で案件として報告があるべき。 
  • 部会での検討状況を報告できるようになったら、9月までに障害者市民施策推進協議会を臨時開催してはどうか。
  • 部会の議事録を残すべき。 

案件4 生活介護事業所整備構想について

事務局から資料4に基づき説明。以下の意見等があった。

  • 市立あかつき園、ワークセンターには、利用定員を越える場合は、新卒者を優先し、通所年数が長い利用者は出て行かないといけないルールがあるので、支援学校の卒業生は始めから通所先として選ばない現状がある。
    また、本人が学生の間は、放課後に放課後等デイサービスに通えば、両親は共働きが可能。しかし、卒業して生活介護に通い始めると、午後4時頃には本人が帰宅することになり、共働きは難しい。この時間帯の日中一時支援事業のサービス提供も必要である。今後の検討に加味してもらいたい。

案件5 第5期箕面市障害福祉計画について

事務局から資料5-1、資料5-2に基づき説明。

その他

事務局から次回開催日について9月27日を提案し、了承される。

資料

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部障害福祉課 

箕面市萱野5-8-1

電話番号:072-727-9506

ファックス番号:072-727-3539

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?