• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

箕面市 > くらし > 福祉 > 障害者福祉 > 箕面市障害者市民施策推進協議会 > 平成28年度第6回箕面市障害者市民施策推進協議会結果報告書

ここから本文です。

更新日:2017年3月22日

平成28年度第6回箕面市障害者市民施策推進協議会結果報告書

日時、場所、参加者など

日時:平成29年(2017年)3月15日(水曜日)10時から12時20分

場所:箕面市立障害者福祉センターささゆり園会議室1

出席者:構成員等17名、事務局2名、関係課2名

傍聴者:0名

内容

内容は下記のとおりです。

1.冒頭

  • 副座長挨拶。
  • 事務局より、配布資料を確認。

2.各案件

案件1 (仮称)手話等コミュニケーション手段利用促進条例について

事務局から資料1-1、資料1-2、及び資料1-3に基づき説明。

下記の意見等があった。

  • 条例の対象に盲ろう者も含めてほしい。
  • 障害の定義はいろいろあるが、コミュニケーションに苦しんでいる人まで範囲を広げてほしい。
  • 条例は、手話とコミュニケーションを分けて制定するか、1本の条例でも章立てで分けるなど、手話が言語であるということを明確にしてほしい。
  • 条例に関する部会は、公開で、手話と要約筆記をつけて開催するよう考えてほしい。
  • 議論していくには、9月議会をめざすスケジュール案では早すぎる。
  • 事業者が合理的配慮をしやすいように、市の責務として具体的にすることを明記するようにしてほしい。手話や要約筆記等の支援者にも部会の議論に加わってほしい。

案件2 その他

事務局から資料2-1に基づき説明。

関係課職員から資料2-2に基づき説明。下記の質疑等があった。

  • ケースワーカーのスキルアップに指導計画を立てて取り組んでほしい。

関係課職員から資料2-3に基づき説明。下記の質疑等があった。

  • 移動が困難な障害者の行動保障をする考え方であれば、キャンセル料をとらないで、「タクシーを用意した」とすべきではないか。運営面から捉えるとキャンセル料が必要かもしれないが、どうしても体調で当日外出できないこともある。
  • 実証実験期間を1年延長したので、キャンセル料の必要性は実験で検証してほしい。


事務局から資料2-4、2-5を説明。

事務局から1月に発生した公共施設での差別落書きと対応状況について報告。

資料

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部障害福祉課 

箕面市萱野5-8-1

電話番号:072-727-9506

ファックス番号:072-727-3539

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?