• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

箕面市 > くらし > 福祉 > 障害者福祉 > 箕面市障害者市民施策推進協議会 > 平成28年度第4回箕面市障害者市民施策推進協議会結果報告書

ここから本文です。

更新日:2016年11月22日

平成28年度第4回箕面市障害者市民施策推進協議会結果報告書

日時、場所、参加者など

日時:平成28年(2016年)11月16日(水曜日)10時~12時10分

場所:箕面市立障害者福祉センターささゆり園会議室1

出席者:構成員等19名、事務局2名、関係課1名

傍聴者:0名

内容

内容は下記のとおりです。

1.冒頭

  • 座長挨拶。時間配分を確認。
  • 事務局より、配布資料を確認。

2.各案件

案件1 北大阪急行線延伸の新駅構内レイアウトについて

鉄道延伸室及び北大阪急行電鉄鉄道延伸事業部から資料1-1、及び資料1-2に基づき説明。

下記の意見等があった。

  • 視覚障害者としては、多機能トイレについて3点お願いしたい。ベビーベッドとベビーチェアがあるが、大人用のものがほしい。当事者とともに、介助者のコートをかけるフックがほしい。ボタンを押したら、どこに何が設置されているか音声で案内してくれるものをつけてほしい。
  • 大人用ベッドは火災が心配とのことだが、ベッドがなければ、介助が必要な肢体不自由児者はトイレを利用できない。ベッドの設置は長年、箕面市に要望をしてきた。設置できないという理由は理解できない。ベッドに当事者を乗せる場合に、両側から介助が行えるようベッドの設置位置には配慮してほしい。
  • 箕面市の建築指導室とはトイレのありかたを、長年議論してきたので、一定のまとめができている。共有をしてほしい。
  • 多機能トイレは、男女に分けるのではなく、一つはオストメイトやベビーシートを外してコンパクトにし、車椅子で利用可能なトイレにして、もう一つはスペースを広げ、オストメイトと折りたたみ式のベットを壁に取り付けることで、子どもも大人もオムツ交換ができるようにしてはどうか。利用可能になる人たちの幅を広げるという提案をさせていただく。
  • 駅のホームが200メートルと長いが、駅員が一人しかいない。インターホンなどで、トラブル発生時に連絡できる手段は構内にどれくらいあるのか。駅前ロータリーに車椅子利用者の乗降場所を配置してほしい。
  • エレベーターの案内表示を、絵文字など、知的障害のあるかたもわかりやすいものを設置してほしい。知的障害のあるかたも改札口まで行けるように表示をつけるなどしてほしい。駅員は1名配置とのことだが、知的障害のあるかたは理解が難しいので、なるべく多く駅員を配置してほしい。職員への研修も実施してほしい。
  • エレベーターに聴覚障害のあるかたが閉じ込められたら、どうしようもない。ビデオ電話があればコミュニケーションができる。駅員がいない時間もあるならば、インターホンはすべてビデオ電話付きにしてほしい。
  • 多機能トイレは「誰でも」利用できることが前提に、その表示をするのか。
  • 「誰でも」とするのは間違いである。
  • 「障害のあるかた限定」とするのも違うのではないか。性的マイノリティのかたなど多様な理由で利用するかたががいる。
  • 障害者に見えない人が利用している例が多い。多機能トイレしか使えない人がいるので、使用目的を明記してもらいたい。
  • 「障害のあるかた優先」と表示が一つあるだけでありがたい。
  • 多機能トイレは「ちょっと躊躇するけど、使える」くらいのかたちにできないか。十分な議論と検討の上に決めてほしい。

案件2 障害のあるかた差別解消法にかかる相談事例について

事務局から資料2-1、2-2に基づき説明。

下記の意見等があった。

  • 部会を計画を立てて予定し、部会で何をするのかを明確にして開いていくのがよいのではないか。そのほうが意見を出しやすい。
  • 条例に関しては、検討する会議を立ち上げて話し合っていくだけでも必要と思う。

案件3  第4期箕面市障害福祉計画 平成27年度実施状況について事務局から

事務局から資料3に基づき説明。

下記の意見等があった。

  • グループホームの立ち上げを支援する中で、グループホームのニーズは、潜在的にはとても大きいと感じている。実績値の伸びから計画値を出しているなら、計画値はニーズを反映できていないのではと思う。潜在的なニーズの実態を調査してもらいたい。
  • 日中一時支援に関しても、受け入れの器が少ないので、日中活動の事業所から帰ってきた利用者は移動支援に逃げるしかない状況になっている。日中一時支援事業のニーズはあるのに、利用に結びついていないため、実績値は少ない。

 

次回会議の日程について座長から説明。

各構成員からイベント等のお知らせを行った。

12月9日(金曜日)、2月3日(金曜日)、3月17日(金曜日) 障害者問題連続講座
開催場所 ささゆり園 プレイルーム
提供者 箕面市障害者事業団
12月15日(木曜日) 感染症等防止研修会
開催場所・提供者 ささゆり園
1月18日(水曜日)から3月8日(水曜日)まで パソコン要約筆記講習会
開催場所・提供者 ささゆり園

資料

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部障害福祉課 

箕面市萱野5-8-1

電話番号:072-727-9506

ファックス番号:072-727-3539

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?