• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

箕面市 > 市政 > 採用情報 > 放課後児童支援員(任期付短時間職員)・放課後児童支援補助員(臨時職員)の募集について

ここから本文です。

更新日:2017年12月22日

放課後児童支援員(任期付短時間職員)・放課後児童支援補助員(臨時職員)の募集について

放課後児童支援員(任期付職員)

募集人員・受験資格

募集人員 受験資格(性別・国籍は問いません)
10名程度

昭和28年4月2日以降に生まれた人で、都道府県知事が行う「放課後児童支援員認定資格研修」を修了した者又は、下記のいずれかの要件を満たす者(平成30年3月取得見込みを含む)

  1. 保育士の資格を有する者
  2. 社会福祉士の資格を有する者
  3. 学校教育法に基づく高等学校(旧中等学校令(昭和十八年勅令第三十六号)に基づく中等学校を含む。)若しくは中等教育学校を卒業した者、同法第九十条第二項の規定により大学への入学を認められた者若しくは通常の課程による十二年の学校教育を修了した者(通常の課程以外の課程によりこれに相当する学校教育を修了した者を含む。)又は文部科学大臣がこれと同等以上の資格を有すると認定した者(第九号において「高等学校卒業者等」という。)であって、二年以上児童福祉事業に従事したもの
  4. 学校教育法の規定により幼稚園、小学校、中学校、義務教育学校、高等学校又は中等教育学校の教諭となる資格を有する者
  5. 学校教育法に基づく大学(旧大学令(大正七年勅令第三百八十八号)に基づく大学を含む。)において、社会福祉学、心理学、教育学、社会学、芸術学若しくは体育学を専修する学科又はこれらに相当する課程を修めて卒業した者
  6. 学校教育法に基づく大学において、社会福祉学、心理学、教育学、社会学、芸術学若しくは体育学を専修する学科又はこれらに相当する課程において優秀な成績で単位を修得したことにより、同法第百二条第二項の規定により大学院への入学が認められた者
  7. 学校教育法に基づく大学院において、社会福祉学、心理学、教育学、社会学、芸術学若しくは体育学を専攻する研究科又はこれらに相当する課程を修めて卒業した者
  8. 外国の大学において、社会福祉学、心理学、教育学、社会学、芸術学若しくは体育学を専修する学科又はこれらに相当する課程を修めて卒業した者
  9. 高等学校卒業者等であり、かつ、二年以上放課後児童健全育成事業に類似する事業に従事した者

試験日

  • 平成30年1月28日(日曜日)

任用期間及び勤務時間

  • 任用期間:平成30年4月1日から平成33年3月31日(ただし、任用時の年齢により任期が異なります) 
  • 勤務時間:1週間当たり(祝日・年末年始を除く月曜日~土曜日)の勤務時間が31時間となるよう所属長が割り振ります
  • 採用予定日:平成30年4月1日

募集案内などの配布、申込方法

募集案内及び申込書

募集案内及び申込書などの必要書類は、次のリンクからダウンロードしてください。なお、箕面市役所でも配布します。

  1. 募集案内(PDF:319KB)
  2. 申込書(PDF:97KB)
  3. 受験票(PDF:68KB)

申込方法

  • 申込方法:郵送のみ
  • 申込書送付先:総務部人事室(〒562-0003箕面市西小路4-6-1)

申込受付期間

平成29年12月20日(水曜日)から平成30年1月19日(金曜日)まで(必着)

放課後児童支援補助員(臨時職員)

募集人員・受験資格

募集人員 受験資格(性別・国籍は問いません)
10名程度

必要な資格はありません。放課後の児童の健康面・精神面、遊びへの活動意欲や態度の形成を図りながら、児童が安心して放課後を過ごせるようサポートできること。

面接日

  • 平成30年2月中旬以降

勤務条件など

任用開始日

平成30年4月1日(募集人数に達した後は、必要が生じた場合に、書類選考・面接により随時任用します。)

任用期間(契約期間)

本市の求人要望に応じて任用期間はさまざまですが、最長で1年です。

賃金・社会保険

時間額:1,040円

通勤補助:市が規定する基準に沿った額を支給します。

社会保険など:勤務時間などの条件にしたがって、健康保険、厚生年金、雇用保険の加入が義務づけられます。

勤務場所等

箕面市内小学校

年次有給休暇

2カ月を超える任用契約をした時点で、週所定労働日数に応じて、1日から5日の年次有給休暇を取得できます。

また、任用開始後6カ月を経過した時点で、勤務成績が良好な場合は週所定労働日数に応じて、さらに1日から6日の年次有給休暇を取得できます。(ただし、週指定労働日数が2日以上の場合で、当初取得した日数と合わせて10日が上限です。)

登録申請書と採用の流れ

1.「箕面市臨時職員登録申請書」に記入します。

(1)総務部人事室で受け取る
総務部人事室にご用意しています。写真1枚(縦4.0センチメートル×横3.0センチメートル、申込前3カ月以内に撮影した脱帽上半身正面向きのもの、スナップ写真可)をお持ちいただければ、ご記入のうえ、その場で提出していただくことができます。

(2)ホームページから印刷する

右の様式を印刷してご利用ください。箕面市臨時職員登録申請書(PDF:195KB)

(3)郵便で請求する

封筒の表に「臨時職員登録申請書請求」と朱書し、82円切手を貼った返信用封筒(23.1センチメートル×9センチメートル以内の定型封筒に返信先を明記したもの)を同封して郵送してください。登録申請書を返送いたします。

【宛先】〒562-0003箕面市西小路4丁目6番1号箕面市役所総務部人事室

2.箕面市役所総務部人事室へ提出してください。

申請書の提出先:総務部人事室(市役所本館2階)市役所開庁日の午前8時45分から午後5時15分

なお、申請書につきましては郵送による申込みも受付しますが、登録完了についてはとくにお知らせいたしませんのでご了承ください。

3.登録申請書により選考し、求人している業務の担当部署から、面接させていただきたいかたに連絡いたします。

このときに仕事の内容や勤務条件などをご説明いたします。勤務いただくことが可能であれば、後日、面接を行います。

4.求人している業務の担当部署との面接を行います。仕事の内容や勤務条件は、面接のときにも十分にご確認ください。

5.面接のときにお伝えする方法で、採否を担当部署からご連絡いたします。

※申請書の取り扱いについて

申請受理後の「箕面市臨時職員登録申請書」は一切返却いたしませんのでご了承ください。

1年間の申請書有効期間中に、他で就職された場合など、登録の取り消しを希望されるときは、必ず人事室まで電話などでご連絡ください。

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:総務部人事室 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6707

ファックス番号:072-723-2096

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?