• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

箕面市 > 市政 > 採用情報 > 先輩職員の声(若手職員へインタビュー) > 平成29年度先輩職員の声 > 行政職(市民部介護・医療・年金室 本田 英明)

ここから本文です。

更新日:2017年5月11日

行政職(市民部介護・医療・年金室 本田 英明)

市民部介護・医療・年金室本田

 

自分が箕面市に就職した理由・動機

私は生まれ育った箕面市が大好きで、どの市町村にも負けない魅力あるまちだと思っています。また、私自身もそうですが、仕事以外の場面でさまざまな地域活動に取り組んでいるかた、箕面大好き人間が多いのも箕面市というまちの魅力の1つだと感じます。これから箕面市で生まれてくる子どもたちや箕面市で新たに暮らしてくれるかたに、箕面を好きになってもらいたい、そのためのまちづくりに貢献したいという気持ちで箕面市を志望しました。

現在の自分の仕事の内容

介護・医療・年金室という部署で医療費助成の担当をしています。医療費助成は、子ども、ひとり親、障害、老人の4つの部門に分かれており、それぞれ要件を満たすかたに医療証を発行しています。医療証があれば、医療機関での健康保険適用の治療に対する自己負担が軽減されます。医療費の軽減は、対象となる市民のかたにとって、日々の生活に直結するものなので、業務には日々、緊張感と責任感をもって取り組んでいます。

仕事のおもしろさや箕面の良さなど就職してみて感じること

仕事のおもしろさは、自分の携わっている業務が市民のかたの役にたっていることを感じる瞬間です。最近であれば、平成29年4月から子どもの医療証の対象年齢が15歳から18歳に引き上げられ、新しいオレンジ色の医療証を対象者宛に送付しました。病院で新しい医療証を使ってくれている姿を見ると、市民のかたのために仕事ができていることをありがたく感じますし、さらに頑張って仕事に取り組んでいこうという思いになります。

これから箕面市を受験しようと思っている人へのメッセージ

就職活動中は不安なことだらけで、自分に自信をもてなくなる時、本当にやりたいことは何だろうと悩む時もあると思います。そんな時こそ、立ち止まらないで、足を動かしてください。箕面市内をくまなく歩いて、自分なりの箕面市の良さをみつけてください。おのずと箕面市でやりたいこと、箕面市でなければならない理由が見つかると思いますので、自信をもって面接でぶつけてください。

よくあるご質問

お問い合わせ

所属課室:総務部人事室 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6707

ファックス番号:072-723-2096

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?