• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

箕面市 > 市政 > 施策・計画・プラン > 箕面市政策調整会議・政策決定会議トップ > 平成27年度第6回政策調整会議兼第5回政策決定会議

ここから本文です。

更新日:2015年12月28日

平成27年度第6回政策調整会議兼第5回政策決定会議

日時:平成27年11月6日(金曜日)午前11時00分~正午

場所:市役所本館2階 伊藤副市長室

会議概要(PDF:68KB)

【案件】箕面市下水道条例の改正について

案件資料:箕面市下水道条例の改正について(PDF:80KB)

       箕面市下水道条例新旧対照表(PDF:45KB)

出席者

委員:市長、奥山副市長、伊藤副市長、市政統括監、総務部長

担当部:出水公営企業管理者、上下水道局長、上下水道局副部長、経営企画室長

事務局:市政統括政策推進室職員

確認事項

・箕面市下水道条例の改正について

結論

・原案を了とし、平成27年第4回定例会に条例案を提出することとする。

質疑・意見等

Q: 箕面市水道事業及び公共下水道事業運営審議会においては、どのような意見が出ていたのか。
A: 下水道使用料の値下げのあり方については、「少量使用者にとっても値下げ感が得られることが必要」「受益者負担の観点から汚水量に対応した引き下げも必要」「使用者の汚水量ごとの構成比によると、一月当たりの汚水量20立法メートルから30立法メートルの使用者が最も多くを占める。これらの層の引き下げ額は、一戸当たり平均引き下げ額を下回らないようにすべき」といった意見があった。
また、使用料引き下げ後の財政収支見通しについては、「今後の経営環境の変化への対応なども踏まえ、財政収支見通しを適宜検証し、引き続き経営努力を重ねる必要がある」といった意見もあった。


Q: 経費回収率は、値下げ後も100%以上を維持できるか。値下げ前と値下げ後との比較はどうなっているか。
A: 経費回収率は、老朽管対策などもした上で、値下げ後も平成42年度まで100.77%以上維持できる見通しとなっている。経費回収率の引き下げ幅は、年平均で3.90ポイントである。 

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:市政統括政策推進室 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6718

ファックス番号:072-724-6971

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?