• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

ここから本文です。

更新日:2015年8月13日

平成27年度第1回政策決定会議

日時:平成27年6月26日(金曜日)午後2時00分~3時00分

場所:市役所本館2階 伊藤副市長室

会議概要(PDF:67KB)

【案件】第三次箕面市子どもプランの策定について

案件資料:第三次箕面市子どもプラン(案)(PDF:5,163KB)

出席者

委員:市長、奥山副市長、伊藤副市長、市政統括監、総務部長

担当部:教育長、子ども未来創造局長、子ども未来創造局担当部長(子育て担当)、子ども未来創造局副部長、子ども未来創造局副理事(子育て担当)、教育政策室長

事務局:市政統括政策推進室職員

確認事項

・第三次箕面市子どもプランの内容について

結論

・原案を了としてプラン内容を決定し、プランに基づいて取組を進めていくこととする。

質疑・意見等

Q: パブリックコメントでは、どのような意見が出たのか。
A: 学童保育に関して、1名のかたから2点ご意見をいただいた。
1点目は、「【子育てと仕事の両立支援】の主な取り組みの中に、学童保育が入っていないのはおかしい。」とのご意見で、学童保育は、【保育・教育サービスの量的・質的充実】の中に掲載している旨の回答をお示しするとともに、【子育てと仕事の両立支援】の趣旨は就労支援策であることから、趣旨を明確にするため、【労働環境の整備】に変更した。2点目は、「学童保育は午後5時までと聞いているが、フルタイム勤務の場合、児童を迎えに行くことができない。」いう意見で、午後7時まで延長保育を行っている旨の回答をお示しした。

Q: 子ども・子育て会議の場では、どのような意見が出たのか。
A: 「基本目標に箕面市子ども条例の表現を盛り込んではどうか。」との提案があったため、【子どもが明るくのびのび育つまちづくり】の説明に、「子どもの幸福を追求する権利が保障されるまちづくり」を加えた。また、「子どもの人権を明確に打ち出すべき。」という意見があり、施策体系の【人権文化の推進】を【子どもの人権に関する啓発】に変更した。

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:市政統括政策推進室 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6718

ファックス番号:072-724-6971

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?