• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

箕面市 > 市政 > 施策・計画・プラン > 箕面市政策調整会議・政策決定会議トップ > 平成26年度第12回政策調整会議兼第9回政策決定会議

ここから本文です。

更新日:2015年3月31日

平成26年度第12回政策調整会議兼第9回政策決定会議

日時:平成27年3月4日(水曜日)午後1時00分~2時00分

場所:市役所本館2階 伊藤副市長室

会議概要(PDF:77KB)

【案件】箕面市上下水道施設整備基本・実施計画の策定について

案件資料:箕面市上下水道施設整備基本・実施計画(案)(PDF:16,777KB)

出席者

委員:市長、伊藤副市長、奥山副市長、市長政策室長、市民部長、地域創造部長

担当部:公営企業管理者、上下水道局長、同局次長(総務・お客様担当)、同局次長(工務・浄水・下水担当)、水道工務課長、下水道課長、総務課長

事務局:市長政策室政策推進課職員

確認事項

・箕面市上下水道施設整備基本・実施計画の内容について

結論

原案を了として計画内容を決定し、計画に基づいて、取組を進めることとする。

質疑・意見等

Q: 水道の管路更新の優先順位はどのように決定するのか。敷設年度の古い順で更新していくのか。
A: 管路更新について、法定耐用年数は一律40年となっているが、今回の計画では、厚生労働省が示す管種ごとの実使用年数を考慮して50年から70年の更新基準年数を設定し、本計画期間(20年間)内に更新基準年数を超える管路等のうち、緊急輸送路や避難所・病院等に至る重要路線の配水管などを優先しつつ、修繕履歴や漏水調査の結果を踏まえ、計画的に更新・耐震化を実施していく。

Q: 萱野汚水中継ポンプ場の建替えに対する考え方は。
A: ポンプ場下流の瀬川萱野汚水幹線を圧送式から自然流下に切り替えることで建替えが不要となるため、平成42(2030)年度を目途に自然流下幹線の整備を完了し、ポンプ場は廃止していく。

Q: 水道管工事と下水道管工事の工法に違いはあるのか。
A: 水道管工事は、主に道路を掘削して新しい管を埋設するが、下水道管工事は道路掘削を行わず、既設のマンホールから管路に材料を挿入して圧着し、既設管を更生する工事を基本としている。

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:市政統括政策推進室 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6718

ファックス番号:072-724-6971

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?