• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

ここから本文です。

更新日:2010年12月13日

平成22年度第6回政策決定会議

日時 平成22年11月9日(火曜日)午後2時20分から午後2時55分

場所 市役所本館2階特別会議室

会議概要(PDF:101KB)

【案件1】資源物の無断持ち去り禁止にかかる条例改正について

案件1資料(PDF:211KB)

出席者

委員 市長、奥山副市長、伊藤副市長、市長政策室長、地域創造部長、総務部長

担当部 市民部長、同副部長、環境クリーンセンター所長、市民部兼環境整備課長

関係部 総務部法制課長

事務局 市長政策室政策推進課職員

確認事項

(1)パブリックコメントに対する市の考え方について

(2)条例改正案の確定について

結論

・条例改正案については原案を了とし、平成22年箕面市議会第4回定例会に提出すること

質疑・意見等

Q: 自治会などの団体がアルミ缶を自主的に集めて売り払い、活動資金源にしている場合は、今回の規制の対象外と理解してよいか。新聞に掲載された記事を見て、そういう集団回収も禁止されると思った市民が大勢いるようだ。

A: 排出者の同意を得て回収している場合は、規制の対象外である。また、地域の団体に宛てて排出していることを明示して排出すれば、今回の条例により無断抜き取りから保護される。

Q: 回収している団体の人たちだけでなく、今まで協力していた人も誤解をしていれば、今後同意を得られなくなるのでは、という心配もある。誤解を解くよう「こういう活動(集団回収)は大丈夫、条例に守られる」ということをあらゆる機会に発信するべきである。

A: 広報、ホームページ、問い合わせへの回答など、常にそのメッセージを入れるようにする。

Q: 集団回収を行おうとする地域団体などから、地域の家々に協力依頼のチラシを撒く場合などに、「市はこういう活動を応援しています」とメッセージを入れるなど、積極的な協力をしてほしい。

A: 対応する。

 

 

【案件2】「箕面市カラスによる被害の防止及び生活環境を守る条例」の制定について

案件2資料(PDF:109KB)

 

出席者

委員 市長、奥山副市長、伊藤副市長、市長政策室長、地域創造部長、総務部長、市民部長

担当部 みどりまちづくり部長、同理事、同次長(公園・道路・土木施設・動物担当)、土木施設・動物担当専任参事

関係部 総務部法制課長

事務局 市長政策室政策推進課職員

確認事項

(1)条例案の確定について

結論

・原案を了とし、条例案を平成22年箕面市議会第4回定例会に提出すること

質疑・意見等

Q: 条例素案になかった「立ち入り調査及び質問の権限は、犯罪捜査のために認められたものと解してはならない」という条文を加えるのはなぜか。

A: 他の市条例で同種の規定があるので、整合性を取ったものである。

Q: そもそも必要な条文なのか。

A: 法律上、犯罪捜査は令状主義であり、書いてあるかないかにかかわらず、市がこの条例による立ち入り調査で犯罪捜査をする余地はないが、職員が立ち入り調査の権限を乱用しないよう確認的な意味の条文であり、国では、立ち入り調査権を規定する場合にはこの条文をセットで入れる方針としているようなので、それに合わせる形にしたい。

 

 

【案件3】市北部消防に係る豊能町との連携について

案件3資料 (PDF:949KB)

出席者

委員 市長、奥山副市長、伊藤副市長、市長政策室長、地域創造部長、総務部長、市民部長

担当部 消防長、消防次長、消防本部総務課長

関係部 総務部法制課長

事務局 市長政策室政策推進課職員

確認事項

(1)検討の経過について

(2)規約案の確定について

結論

・原案を了とし、規約案を平成22年箕面市議会第4回定例会に提出すること

質疑・意見等

Q: 今後の大阪府の消防広域化の動きとの関連はどのように理解すべきか。

A: 府では現在、北ブロックの消防間での検討結果を踏まえ、各市町の意向を元に、枠組みの見直し等も含めて再検討を行う方向で動きつつある。そのような中での豊能町との連携は、先進的な取組として、今後の消防広域化の足かがりとなる可能性があると考えている。 

 

Q: 「通信指令設備の共同運用をめざす」とあるが、現在の検討状況は。

A: 国の交付金を申請しており、まだ採択されるかどうかわからない状況である。導入経費が高額であるため、交付金なしでの導入は厳しいので、「めざす」との表現に留めている。

Q: もし実現すれば、どのような運用になるのか。

A: 豊能町からの入電も箕面市消防本部が受け、豊能消防への出動司令は箕面消防が出すことになる。

Q: 機動性が上がるなどのメリットがあるのか。

A: 現在箕面市で使っている高機能な通信システムを共同運用できるため、箕面市北部地域や豊能町域においては、かなりの機動力向上が期待できるものである。

 

 


 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:市政統括政策推進室 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6718

ファックス番号:072-724-6971

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?