• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

ここから本文です。

更新日:2011年3月29日

平成22年度第12回政策決定会議

日時 平成23年3月25日(金曜日)午前9時00分~午前9時30分

場所 市役所本館2階特別会議室

会議概要(PDF:69KB)

【案件1】臭気指数による規制の導入について

案件1資料(PDF:1,990KB)

出席者

委員 市長、奥山副市長、伊藤副市長、市長政策室長、総務部長、地域創造部長

担当部 市民部長、同副部長、環境政策課長

事務局 市長政策室政策推進課職員

確認事項

(1)パブリックコメントの対応について

(2)告示、施行について

結論

・原案を了とし、告示、施行の手続きを進めることとする。

質疑・意見等

Q: 規制の対象は事業所、臭気は悪臭か否かを問わないということになると、工場の敷地内に強い匂いの花が咲いているような場合も規制するということか。

A: 理論上はそうなる。ただし、悪臭防止法に基づく規制なので、基本的には「だれかがその臭いによって迷惑を被っていて、かつ規制の臭気指数を上回っている場合」が指導等の対象となる。

 

【案件2】生産緑地地区の追加指定について

案件2資料(PDF:118KB)

出席者

委員 市長、奥山副市長、伊藤副市長、市長政策室長、総務部長、地域創造部長、市民部長

担当部 みどりまちづくり部長、同部理事兼副部長、農とみどり政策課長

事務局 市長政策室政策推進課職員

確認事項

(1)検討経過について

(2)追加指定の実施について

結論

・原案を了とし、このスキームで進めることとする。ただし、さらなる農地保全の取り組みについて引き続き検討すること。

質疑・意見等

Q: 他市では、買い取り申出期間を設定しているケースがあるようだが、どのような影響があるのか。

A: 例えば農地の所有者が死亡し、主たる従事者がいなくなったという理由で買い取り申出される場合、通常は死亡して間もなくの時期となるが、死後何年も経ってから申し出された場合は、死亡者とは別に主たる従事者がいたとみなすことができるため、買い取り申出を受け付けないということである。生産緑地の追加指定にあたり、農業委員会での主たる従事者証明書の発行の手続きも見直し、このような場合においても対応すべく、必要に応じ現場調査をし、慎重に審議することに改めることとしている。

Q: 買い取り申し出期間の設定や、申し出を受ける受けないの要件も整理し、今以上に農地を守る取り組みとなりうるのかどうか検討すること。

A:他市例などを引き続き調査する。

Q: それ以外にも、農地を利活用する方策など、さらに農地を守る手法を引き続き検討すること。

A: 引き続き検討する。

 

 

 

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:市政統括政策推進室 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6718

ファックス番号:072-724-6971

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?