• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

ここから本文です。

更新日:2010年3月1日

平成21年度第1回政策決定会議

日時 平成21年4月24日(金曜日)午前9時から10時、午後4時から5時20分

場所 市役所本館2階特別会議室

会議概要(PDF:19KB)

【案件1】ドメスティックバイオレンス(DV)被害者に対する定額給金及び子育て応援特別手当相当額(仮称「箕面市DV被害者等生活支援給付金」)の給付について

案件資料(PDF:15KB)

出席者

委員 市長(主宰)、副市長、政策総括監、市長政策室長、総務部長、市民部長、地域創造部長

担当部 人権文化部長、人権担当専任理事、人権担当次長、男女協働参画課長、同課長補佐

関係部 市民部定額給付金推進室長、同室課長

事務局 市長政策室政策推進課職員

確認事項

  • (1)給付対象者の把握
  • (2)給付事業実施要綱制定
  • (3)予算措置
  • (4)対象者への周知

結論

原案を以下のとおり修正し、了とする。

  • 施行日は7月1日とする。
  • 制度の名称は、「箕面市DV被害者生活支援給付金「ささゆり応援手当」」とする。
  • 基準日は原案どおり2月1日とするが、一定の条件の下例外規定を設けて救済措置を執る。

質疑・意見等

  • Q:二重給付に当たると考えられるか。
  • A:これは市の単独事業であり、定額給付金とは別の趣旨による給付であるため二重給付には当たらない。
  • Q:原案で、DV認定は過不足無いか。
  • A:すべての場合に男女協働参画課の相談を経由するようにしている。
  • Q:4月1日から子どもを入園・入学させるために行政に相談に来たケースなど、行政が捕捉したのが基準日以降というケースがあると思われる。そこを措置して差し上げるべきではないか。
  • A:要綱で例外規定を設けるなど柔軟性のある制度設計を行う。
  • Q:対象者に伝わりやすいネーミングについては、直接的な名称を用いるわかりやすさと、「ささゆり応援手当」という愛称を用いることで暖かみのある気持ちを伝えるため、併記してはどうか。
  • A:そのようにする。
  • Q:実施日について8月1日からとしているが、6月議会で議決を得られれば7月1日から施行して、少しでも早く受け取っていただけるようにしてはどうか。
  • A:把握できている対象世帯に対しては7月1日からアプローチを開始し、把握できていない世帯に対してはもみじだより8月号で周知する。
  • Q:定額給付金推進室に対して、DV被害者と思われる方からの問い合わせがあったか。
  • A:数件あった。人権文化部の検討状況について情報提供を受けていたので、担当課への橋渡しを行った。

【案件2】手数料の改定について

案件資料(PDF:30KB)

出席者

委員 市長(主宰)、副市長、政策総括監、市長政策室長、総務部長、市民部長、地域創造部長

担当部 総務部職員・財政経営担当次長、財政経営課長、同課長補佐、同担当主査

関係部 市民部窓口担当次長

事務局 市長政策室政策推進課職員

確認事項

  • (1)手数料改定額設定等に関する課題等
    1. 住民票等広域発行の差別化
    2. みのお市民カードと住民基本台帳カードの取扱い
    3. 住居表示台帳の写しの交付
    4. 大量発行時の減額
  • (2)手数料改定に伴う課題
    • 市民サービス向上のための施策

結論

いくつかの課題については微調整することとし、原案を了とする。

質疑・意見等

〔調整会議での各種調整事項について〕

  • 調整事項1広域交付発行の差別化
    • →差別化しない方向でよい。
  • 調整時事項2みのお市民カードと住民基本台帳カードの方向性
    • →各種カードの一本化について検討していく中で、住基カードとの金額の関係性を考えるべき。現時点で方針化していないなら他の証明書と同額とし、カードの機能集約について情報収集と整理を行うこと。
  • 調整事項3住居表示台帳の写しの交付について
    • →証明書作成の準備に係る隠れたコストを受益者負担として負担してもらうべきである。
  • 調整事項4大量発行時の減額について
    • Q:単価の値上げと同時に上限の廃止となると、市民が証明を取得する場合に、過負担にならないか。
    • A:日常生活に影響を及ぼす種類の証明ではないと考えている。
  • 市民サービス向上策について
    • 出先機関で証明発行ができる一番安価な方法(マンパワーはかかってもかまわないが、物理的経費を安くする方策)を検討すること。
  • 資料中「調整中」とある項目について
    • 現時点で調整できていない項目(廃棄物条例関係)は、今回の条例改正を見送ること。

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:市政統括政策推進室 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6718

ファックス番号:072-724-6971

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?