• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

ここから本文です。

更新日:2010年3月1日

平成19年度第8回政策決定会議

日時 平成20年1月16日(水曜日)午後3時30分から5時20分

場所 市役所本館2階特別会議室

会議概要(PDF:34KB)

【案件1】箕面市男女協働参画推進条例の制定について

出席者

構成員 市長(主宰)、重松政策総括監、井上政策総括監、市長公室長

担当部 人権文化部長、人権文化部総務次長、人権政策課長、男女協働参画課長、男女協働参画課担当主査

関係部 教育推進部長、法制課長

事務局 市長公室総務次長、市長公室次長、政策企画課長補佐、経営改革担当担当主査、政策企画課担当主査、政策企画課主査

報告・確認事項

  • 箕面市男女協働参画推進条例案の平成20年第1回市議会上程
  • 関係手続き事項等の実施(条例施行規則の作成、教育委員会の意見聴取)

結論

  • 必要な修正を加えた上、手続きを進めること。
  • 丁寧な逐条解説を作成し、パブリックコメントによる意見及び意見に対する市の考え方の公表は2月以降に実施すること。

質疑など

  • 1月15日の定例教育委員会議の後で委員に見ていただいた際に、何点か意見をもらった。他にもあれば18日までにお願いしている。
    • (1)条文中の主語「市」と「市長」の使い分けについて、確認すること→法制課と協議して整理した結果である。
    • (2)第3条第2項「男女の性別にとどまらず」という言い方は「関わらず」ではないか。また、「性別が不明瞭である人」をどう判断するのか。個別の事例を出すよりも性的少数者だけでよいのではないか。
      →「とどまらず」は一定の範囲を超えたという意味(「関わらず」はつながりがないという意味)で、堺市など他市でも「とどまらず」という表記を使っている。当初は性的少数者という頭出しをしていたが、わかりにくいため、加えた。
    • (3)第7条(教育関係者の責務)では「教育関係者は、…(略)…努めなければならない。」となっているが、第11条(教育及び学習の振興)では「市は、…(略)…努めるものとする。」となっている。これでよいのか確認を。
  • 第11条で「男女協働参画を推進する教育及び学習の振興に必要な措置を講ずる」とあるが、すでに教育基本方針に則って平等教育を実施している。
    • →社会教育、生涯学習も含めた意味での記述である。
  • パブリックコメントによる意見の中には、カタカナ言葉や略語など分からない言葉が多いため、公表するときには注釈を付けるなど工夫が必要ではないか。
  • パブリックコメントによる意見及び意見に対する市の考え方については主なものにしぼった資料を作成し、議会説明を行うこと。

【案件2】「市営住宅等供給・管理のあり方」のパブリックコメントについて

出席者

構成員 市長(主宰)、重松政策総括監、井上政策総括監、市長公室長

担当部 都市計画部長、都市計画部総務次長、都市計画部次長、建築住宅課長、彩都・水緑・桜井再整備担当専任参事、まちづくり政策課長補佐、まちづくり政策課担当主査

関係部 人権文化部長、子ども部長

事務局 市長公室総務次長、市長公室次長、政策企画課長補佐、経営改革担当担当主査、政策企画課担当主査、政策企画課主査

報告・確認事項

  • 「市営住宅等供給・管理のあり方」(案)の内容について
  • パブリックコメントの実施について

結論

  • 原案どおり「了」とするが、パブリックコメントにあたっては、概要が分かる資料を作成の上、実施すること。

質疑など

  • 家賃の見直しについては、希望者全員が市営住宅に入居できないという現状を鑑みて、民間との家賃格差や、住宅性能の違いを考慮して見直す。
  • 素案の概要でも何を意図しているのかわかりづらく、パブリックコメントをしても意見が出にくいのではないか。

【案件3】「箕面市耐震改修促進計画」のパブリックコメントについて

 

出席者

構成員 市長(主宰)、重松政策総括監、井上政策総括監、市長公室長

担当部 都市計画部長、都市計画部総務次長、都市計画部次長、建築指導課長、都市計画部参事、建築住宅課長

関係部 都市環境部長、消防長、市民安全政策課長、市民安全政策課長補佐

事務局 市長公室総務次長、市長公室次長、政策企画課長補佐、経営改革担当担当主査、政策企画課担当主査、政策企画課主査

報告・確認事項

  • 「箕面市耐震改修促進計画」(案)の内容について
  • パブリックコメントの実施について

結論

  • 原案どおり「了」とするが、パブリックコメントにあたっては、概要が分かる資料を作成の上、実施すること。

質疑など

  • 耐震改修しやすい環境整備として、「相談しやすい窓口の整備」とあり、 (財団法人)大阪建築防災センターが挙がっているが、市民がまず相談するのは市の窓口なので、どこになるのかを書いておかないと分かりにくい。

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:市政統括政策推進室 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6718

ファックス番号:072-724-6971

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?