• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

ここから本文です。

更新日:2010年3月1日

平成19年度第4回政策決定会議

日時 平成19年10月5日(金曜日)午後4時から4時20分

場所 市役所本館2階特別会議室

会議概要(PDF:19KB)

資料1(PDF:16KB)資料2(PDF:27KB)資料3(PDF:32KB)

【案件】男女協働参画推進条例の制定にかかる手続き(特に市民説明及びパブリックコメントの実施)について

出席者

構成員 市長(主宰)、教育長、重松政策総括監、井上政策総括監

担当部 人権文化部長、人権文化部総務次長、人権政策課長、男女協働参画課長、男女協働参画課担当主査

関係部 法制課長、法制課課長補佐

事務局 市長公室総務次長、政策企画課長、経営改革担当専任参事、政策企画課長補佐、経営改革担当担当主査、政策企画課主査

報告・確認事項

  • 条例制定に向けての庁内意思決定(関係課協議、政策調整会議、政策決定会議)
  • 条例制定に向けての議会説明及び市民説明( 出張説明会など)、パブリックコメントの実施
  • 条例案の最終確定(市民意見の反映ほか)
  • 条例制定から施行に係る事務手続き、周知など

結論

  • 教育関係の条項についてはていねいに解説することとし、スケジュールについては案どおり推進することを「了」とする。

質疑など

  • 条例(案)の修正について。
    • →法制課とも協議中であり、パブリックコメントまでに仕上げる。
  • 第7条「教育関係者」、第11条「教育及び学習の場」とは、具体的にどのようなものを想定しているのか。
    • →教育関係者については、教職員や地域で活動する関係団体、教育及び学習の場については学校現場を含めた場を想定しているが、具体的には逐条解説で例示する。
  • 市民説明会について。
    • →市男女協働施策研究会、市男女協働参画懇話会の委員にも参加していただき、施行後も市民に周知していく。
  • 箕面市の条例の特徴は?
    • →「男女協働参画」というふうに「共同」でなく「協働」を使っていること及び「苦情等への対応」の条項を設けていること。
  • 議会説明に際しては、全国の状況、府内16市町の状況も併せて説明すること。

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:市政統括政策推進室 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6718

ファックス番号:072-724-6971

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?