• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

ここから本文です。

更新日:2015年12月28日

平成27年度第8回政策調整会議

日時:平成27年11月20日(金曜日)午後4時~5時

場所:市役所本館2階 伊藤副市長室

会議概要(PDF:88KB)

【案件】箕面市立地適正化計画(素案)のパブリックコメント実施について

案件資料:箕面市立地適正化計画(素案)の概要(PDF:7,034KB)

       箕面市立地適正化計画(素案)(PDF:9,391KB)

                   箕面市パブリックコメント手続実施要領(PDF:91KB)

                   箕面市立地適正化計画(素案)の方向性についてのパブリックコメント実施結果(PDF:328KB)

出席者

委員:奥山副市長、伊藤副市長、市政統括監、市民部長

担当部:地域創造部長、鉄道延伸・まちづくり政策統括監、地域創造部副理事、北急まちづくり推進室長、北急まちづくり推進室担当室長、みどりまちづくり部副部長、まちづくり政策室長

事務局:市政統括政策推進室職員

確認事項

・パブリックコメント素案及び概要説明資料の内容について

結論

・原案を了とする。決裁をもって意思決定手続を進め、パブリックコメントを実施すること。

質疑・意見等

Q:前回(立地適正化計画(素案)の方向性について)のパブリックコメントでは、どのような意見があったのか。また、その意見を踏まえて、どのような変更点があるか。
A:「都市機能誘導区域の広さについて、駅から1kmでは広すぎるのではないか」とのご意見や、「1km圏内に都市機能を整備できるだけの空地が残っているのか」など、25名のかたから36件のご意見をいただいた。これらのご意見を踏まえて、駅やバス停圏から最大800mまでの範囲を基本として、将来公共用地の種地となる箇所や地域生活拠点については、都市機能誘導区域の中に入るように、にじみ出しをして区域設定をしている。


Q:人口推計については、最新のデータを使用しているか。
A:前回(立地適正化計画(素案)の方向性について)のパブリックコメントでは、暫定的に第5次箕面市総合計画の人口推計を使用していたが、今回(立地適正化計画(素案)について)のパブリックコメントにおいては、平成27年10月に策定された「箕面市人口ビジョン」で示す最新の推計値を用いて検証している。なお、推計値の違いによる大きな方向性の修正はない。


Q:通所系障害福祉施設を誘導施設に加えた経緯は。
A:箕面市障害者市民施策推進協議会との意見交換において、「具体的な障害者施設(あかつき園の建て替え)についての情報提供やノーマライゼーション、インクルーシブの視点が欠けているのではないか」というご意見があった。これを踏まえて、障害福祉施設のうち通所系の施設について、リソースの充足状況などを検証した結果、量的充実が必要という方向性が見えたことから、誘導施設として追加している。

 

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:市政統括政策推進室 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6718

ファックス番号:072-724-6971

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?