• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

ここから本文です。

更新日:2014年4月4日

平成25年度第6回政策調整会議

日時 平成25年12月13日(金曜日)午前9時~9時30分

場所 市役所本館2階 特別会議室

会議概要(PDF:64KB)

【案件】「オレンジゆずるバスの実証運行計画(素案)」に係るパブリックコメントについて

案件資料:パブリックコメント手続実施要領(PDF:69KB)

オレンジゆずるバスの日曜・祝日実証運行見直し(素案)(PDF:406KB)

オレンジゆずるバスの日曜・祝日実証運行見直し(素案)の説明会(PDF:8,500KB)

出席者

委員 奥山副市長、伊藤副市長、市長政策室長、総務部長、市民部長

担当部 地域創造部長、鉄道延伸・交通まちづくり室長、鉄道まちづくり担当専任副理事、交通政策課長、交通政策課職員

事務局 市長政策室政策推進課職員

確認事項

(1)パブリックコメント素案及び概要説明資料について

結論

 原案を了とする。決裁をもって政策決定会議にかえ、パブリックコメントを実施すること。

質疑・意見等

Q:実証運行計画(素案)では、新ルートに至った検討経過がわかりにくい。

A: 別途設ける説明会で実証運行の分析結果を踏まえた検討経過を説明する。パブリックコメント時にも、実証運行計画(素案)だけでなく、説明会で使用予定の資料を併せて示す予定である。

Q: 「市民の主体的な利用者数増加に向けた改善策」とは、どのようなことを想定しているか。

A: これまでも自治会独自でオレンジゆずるバスの利用を促す掲示物、回覧物作成等の利用促進を行ってきた事例もあるように、今回の実証運行では、「1年で改善が見られなければ廃止」と自治会等への周知を行い、市民の主体的な取り組みを求めていく。

Q: 新ルート案は国道や市内の主要な道路などを通るため、渋滞等が懸念されるが、実証運行の途中におけるルートの見直しは考えているか。

A: 1年間の期間全体を通して実証運行による結果を検証したいと考えており、実証運行の途中でのルートの見直しは行わない予定である。

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:市政統括政策推進室 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6718

ファックス番号:072-724-6971

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?