• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

ここから本文です。

更新日:2012年12月21日

平成24年度第4回政策調整会議

日時 平成24年11月22日(木曜日)午前9時40分~10時20分

場所 市役所本館2階 特別会議室

会議概要(PDF:16KB)

【案件】「箕面市指定地域密着型サービス事業者の指定並びに指定地域密着型サービス事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例(仮称)」及び「箕面市指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例(仮称)」の制定について

案件資料:箕面市指定地域密着型サービス事業者の指定並びに指定密着型サービス事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例」等(条例2件)の制定について(PDF:21KB)

条例制定スケジュール(PDF:11KB)

「箕面市指定地域密着型サービス事業者の指定並びに指定地域密着型サービス事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例(仮称)」及び「箕面市指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例(仮称)」の条例制定について(案)(PDF:20KB)

箕面市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例案の概要

 

出席者

委員 奥山副市長、伊藤副市長、市長政策室長、総務部長、市民部長、地域創造部長

担当部 健康福祉部長、健康福祉部理事、健康福祉部次長、高齢福祉課長

事務局 市長政策室政策推進課職員

確認事項

(1)条例の概要及び条例制定スケジュールの確認について

(2)パブリックコメントの実施について

(3)箕面市独自基準の内容の是非について

結論

 原案を了とする。ただし、本条例の利害関係者が極めて限定であることから、より丁寧に利害関係者からの意見聴取を行うため、パブリックコメントではなく、事業者を集めた説明会等を開催し直接条例案の説明および意見聴取を行うこと

質疑・意見等

Q:この条例の内容を見る限り、市民というよりはサービス事業者が守るべき基準を定めているように見える。実際はどうなのか。

A:事業者が守るべき基準を定めている。 

Q:対象となる事業者は把握しているのか。

A:市内には14事業者ある。 

Q:新たな事業者は。

A:最近行った公募による選定の結果、今後2事業者が新たに設立される予定。今後も、新たな事業者については、市が公募により選ぶことになるが、今のところ予定はない。 

Q:事業者はこの法律改正から条例改正につながる動きを知っているのか。

A:知っている。

Q:事業者が守るべき基準であるので、事業者に丁寧に説明し準備態勢を取ってもらうほうが、市民にもメリットがあるのではないか。

A:そのように思う。 

Q:市独自基準を定める意図は。

A:非常災害対策をはじめとして、構造設備や運営規定など、サービス事業者がより安心・安全にサービスを提供できるよう独自に基準を設けた。

 

【案件】彩都地区の都市計画変更及び景観計画の変更に係るパブリックコメントについて

案件資料:パブリックコメント概要版(PDF:3,466KB)

彩都(国際文化公園都市)地区の都市計画変更にかかるパブリックコメント手続実施要項(PDF:79KB)

彩都(国際文化公園都市)地区の都市計画変更にかかるパブリックコメント手続意見書(PDF:43KB)

用途地域の変更(PDF:1,670KB)

高度地区の変更(PDF:1,738KB)

彩都粟生地区地区計画の計画書(PDF:127KB)

彩都粟生地区地区整備計画(PDF:66KB)

彩都粟生地区地区整備計画(外壁等後退線図)(PDF:3,017KB)

彩都粟生地区地区整備計画(外壁等後退線図)拡大(PDF:1,235KB)

彩都粟生地区地区整備計画区域図(PDF:1,032KB)

彩都(国際文化公園都市)地区の都市景観形成地区の指定にかかるパブリックコメント手続実施要項(PDF:79KB)

彩都(国際文化公園都市)地区の都市景観形成地区の指定にかかるパブリックコメント手続意見書(PDF:44KB)

 

景観計画の変更及び景観基本計画の変更

 

 

出席者

委員 奥山副市長、伊藤副市長、市長政策室長、総務部長、市民部長、地域創造部長

担当部 みどりまちづくり部長、まちづくり政策課長、まちづくり政策課参事、まちづくり政策課担当主査

事務局 市長政策室政策推進課職員

確認事項

(1)パブリックコメント素案及び概要説明資料について

結論

 原案を了とし、決裁をもって政策決定会議にかえ、パブリックコメントを実施すること

質疑・意見等

Q:用途地域を始め土地利用のルールをなぜ変更するのか。

A:現在は土地区画整理事業開示当初に設定した一般的ルールが暫定的な内容で定まっていたが、低層住宅地として位置付ける方針が定まったため、中高層住宅地から低層住宅地に変更しようとするにあたり、用途地域を始め必要なルールを変更しようとするものである。 

Q:彩都の丘学園西側の共同住宅予定地に隣接した茨木市域の用途地域は何か。

A:箕面市域と同じ第2種中高住宅専用地域である。

Q:今回詳細ルールを設定するゾーンの北側に何も定めないゾーンがあるが、今後どうしていくのか。

A:現在土地所有者にヒアリング中であり、土地利用の動向が明らかになった時点でルールを定めていく予定である。 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:市政統括政策推進室 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6718

ファックス番号:072-724-6971

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?