• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

ここから本文です。

更新日:2012年1月20日

平成23年度第7回政策調整会議

日時 平成23年12月9日(金曜日)午前9時00分~9時30分

場所 市役所本館2階 特別会議室

会議概要(PDF:15KB)

【案件】(仮称)箕面市墓地、埋葬等に関する法律施行条例の考え方について

案件資料:「(仮称)箕面市墓地、埋葬等に関する法律施行条例」の考え方について(案)(PDF:27KB)

出席者

委員 奥山副市長、伊藤副市長、市長政策室長、総務部長、市民部長、地域創造部長

担当部 市民部長、市民部副部長、市民部環境政策課長、みどりまちづくり部長、みどりまちづくり部副部長

事務局 市長政策室政策推進課職員

確認事項

(1)条例の考え方について

(2)パブリックコメント募集について

結論

 原案を了とする。決裁をもって政策決定会議にかえ、パブリックコメントを実施すること。

質疑・意見等

 

Q: 大阪府に残る権限はあるのか。

A: 市に対しては残るものはない。

Q: 府から市に権限移譲されるのであれば、府条例も同時に改正する必要があるのか。

A: 法律は知事を市長に読み替えるだけなので、府条例の改正がなくても権限は市に移譲される。

Q:制限項目は府条例よりも厳しくするのか。

A:本市の特徴は自然豊かで良好な住環境を有していることである、そのため、墓地の乱立を防ぎ、自然環境、生活環境、山なみ景観を守るためにも、制限項目は府よりも厳しくする必要があると考えている。

Q:具体的にはどのような項目を規制強化するのか。

A:住宅等と墓地の距離を100メートルから300メートルに強化するほか、道路幅員の基準を追加、河川から100メートル以上離す、事前協議制度の導入等、本市の実情を加味して制限内容を強化している。

Q: 飲料水の水源として影響があるので、河川から100メートル以上離れていることを制限項目としているのか。

A: 水源だけでなく、水田へ水を供給することもあり、制限項目としているものである。

Q: 河川の定義は。

A: 一級河川を想定している。

Q: パブリックコメントの期間は通常30日間であるが、この後パブコメを実施するのであれば、年末年始の日数を考慮した期間設定とすること。

A: そのようにする。

 

以上

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:市政統括政策推進室 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6718

ファックス番号:072-724-6971

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?