• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

ここから本文です。

更新日:2011年5月7日

平成23年度第1回政策調整会議

日時 平成23年4月22日(金曜日)午前10時00分~午前10時30分

場所 市役所本館2階 特別会議室

会議概要(PDF:14KB)

【案件1】オレンジゆずるバスの運行見直しに伴うパブリックコメント実施について

案件1資料「オレンジゆずるバスの運行見直し」(PDF:3,571KB)

案件1資料「参考資料」(PDF:2,524KB)

出席者

委員 奥山副市長、伊藤副市長、市長政策室長、総務部長、地域創造部長、市民部長

担当部 地域創造部専任理事(交通政策・北急延伸・地域活性化担当)、地域創造部次長(交通政策・北大阪鉄道延伸担当)、交通政策課長

事務局 市長政策室政策推進課職員

確認事項

(1)オレンジゆずるバスの運行見直しについて

(2)パブリックコメントの実施について

(3)今後の進め方について

結論

 原案を了とする。決裁をもって政策決定会議に替え、パブリックコメントを実施すること。 

質疑・意見等

Q: なぜ、小野原地区と豊川支所や東生涯学習センターを結ぶ南北ルートがなくなったのか。
A:運行開始時には、市民参加の分科会で南北ルートの要望がありルート設定を行ったが、運行開始後のバス乗降調査では、小野原地区から豊川支所や東生涯学習センター行く利用者は少なく、むしろかやの中央や市立病院へ行く利用者が多く、豊川支所等を経由することによって遠回りになるとの意見があった。
Q: 豊川支所にキッズセンター構想があり、その時点では小野原地区と支所を行き来する需要が発生するのではないか。
A: その時点で利用者ニーズがあれば検討する。
Q: ルートが色表示から、北、中、南といった地域表示に変わるのはなぜか。
A: 色表示だとどの方向に行くかがわかりにくいので、地域表示に変更する素案とした。
Q: ルート名称も今回の見直し対象となるのか。今まで色表示でルートを覚えていた人が、地域表示に変わるととまどう人もいるので、ていねいに周知をしてあげたほうがいい。
A: これからのパブリックコメントや説明会での意見をふまえて検討していきたい。
Q: 今回の見直しはルート設定も含めて抜本的な見直しと思うが、今後こういった抜本的な見直しはあるのか。
A: 今回は抜本的な見直しを行うので、次回の見直しは微調整の見直しになると想定される。

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:市政統括政策推進室 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6718

ファックス番号:072-724-6971

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?