• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

ここから本文です。

更新日:2010年3月1日

平成21年度 第5回 政策調整会議

日時  平成21年10月6日(火曜日)午前11時00分~11時55分

場所  市役所本館2階 特別会議室

会議概要(PDF:22KB)

【案件】次期箕面市総合計画(案)について

会議資料(PDF:1,018KB)

出席者

議長  副市長

委員  政策総括監、市長政策室長、総務部長、市民部長、地域創造部次長(地域創造部長代理)

担当部  総務部長、総務部専任副理事(総合計画担当)、総務部専任参事(総合計画担当)、総務部主幹(総合計画担当)、総務部担当主査(総合計画担当)

関係部  生涯学習部・人権文化部長、議会事務局長、選挙管理委員会事務局長、農業委員会事務局長、上下水道局長、教育推進部長、競艇事業部次長、健康福祉部副部長、子ども部副部長、消防次長

事務局  市長政策室政策推進課職員 

確認事項

(1)次期箕面市総合計画原案の確定について

(2)次期箕面市総合計画原案のパブリックコメントについて 

結論

  • 原案について基本的に了とし、本日の意見を付して政策決定会議に諮ることとする。

 質疑・意見等

Q:今後パブリックコメントを実施するとのことだが、審議会に諮問後、審議会が実施するのか。パブリックコメントの結果を市として再度議論することができるのか。

A:審議会での審議と並行して市がパブリックコメントを行い、結果を審議会に報告する。パブリックコメントの結果次第で、報告前に庁内での調整が必要な場合もあるだろうが、柔軟に対応していきたい。

 

Q:「地域別の特性と今後の施策展開」について、西部地域に「子育て支援策の強化などにより新たな人口の流入を促進する」と書かれているが、特に西部に特化して書かれているのはなぜか。具体的な施策をイメージしているのか。

A:西部の高齢化が今後顕著になることを踏まえたものである。具体的な施策を想定しているわけではない。

Q:背景はわかるが、書くのであれば地域特性から書き込むべきではないか。

A:コンパクトにまとめるため不足な部分があるかもしれない。分量の見直しも含め、審議会でも議論していく。

 

Q:「地域別の特性と今後の施策展開」について、東部地域の記載は彩都にシフトしすぎているように感じる。

A:今後バランスを取っていく。

 

Q:第4次総合計画で頭出しされていた北部消防のあり方などは、次期総合計画にも記載されるのか。

A:現計画期間中にどこまで結論が出るのかによるが、豊能町との連携をベースに書き込んでいく。

Q:第4次総合計画にあったもので完了していないものや、法改正などにより制度が変わっていくものについては、進行状況を見ながら、審議会の中で調整していく必要がある。

A:審議会で議論していく。

 

Q:「第5次箕面市総合計画」というタイトルについて、箕面らしさを出すためのサブタイトルを付けるなどの議論は策定委員会でなされたか。

A:策定委員会では出ていないが、審議会では取り上げて行きたい。

 

 

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:市政統括政策推進室 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6718

ファックス番号:072-724-6971

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?