• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

ここから本文です。

更新日:2010年3月1日

平成20年度 第9回 政策調整会議

日時 平成21年3月25日(水曜日)午後2時~2時45分

場所 市役所本館2階応接室

会議概要(PDF:95KB)

【案件】箕面市新型インフルエンザ対策行動計画について

資料1(PDF:195KB) 資料2(PDF:14KB) 資料3 (PDF:253KB) 

出席者

委員 副市長(主宰)、市長公室長、総務部長

担当部 健康福祉部長、健康福祉部総務次長、健康増進課長、市長公室市民安全政策課長

関係部 市立病院事務局長

事務局 市長公室総務次長、市長公室次長(職員・経営改革担当)、政策企画課主査、政策企画課課員 

確認事項

  • 箕面市新型インフルエンザ対策行動計画(案)の確認について
  • 行動計画策定以降の方向性の確認について

結論

  • 一部文言等を修正した上で、原案を「了」とする。
  • 最終意思決定は、決裁手続きにより行い、4月に発行することとする。

質疑等

  • 前段階(未発生期)及び第1段階(海外発生期)における対策本部の設置や主な対応は、具体的にどの段階で判断するのか。
    • →前段階の未発生期については、いつ発生しても対応ができるよう既に現時点で準備して体制を整えている。第1段階の海外発生期については、日本人の渡航有無にかかわらず、世界中のどこかで発生した段階で海外発生期となる。その他第2段階から第4段階までについては、今後市立病院や医師会等の協力を得ながら実施計画の中で検討していく。
  • 発熱外来の設置は、どのタイミングで行うのか。
    • →第2段階の国内発生早期でのタイミングとなる。たとえ、本市から遠方で発生したとしても、日にちを待たずして蔓延する恐れがあることから、国内の発生場所は関係なく発熱外来を設置することになる。また、大阪府においても行動計画を策定しており、保健所でも発熱外来を設けることから、保健所とも連携して対応を行う。
  • 今後策定する実施計画の内容は、どのようなイメージを想定しているのか。
    • →各担当部局を中心として、情報提供やライフライン等の確保、要援護者への支援等、発生段階別に援護内容の具体的対策を検討する。詳細については、今後各担当部局と調整しながら策定していく。
  • 具体的対策の中で、主に対策を推進する課等の記載に「医師会」や「薬剤師会」等を並列して記載しているが、行政組織とは別組織であることから、別枠で記載した方が良いのではないか。
    • →指摘どおりに別枠で記載する形で文言を修正する。

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:市政統括政策推進室 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6718

ファックス番号:072-724-6971

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?