• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

ここから本文です。

更新日:2010年3月1日

平成19年度第8回政策調整会議

日時 平成19年12月14日(金曜日)午前9時から11時35分

場所 市役所本館2階特別会議室

会議概要(PDF:21KB)

【案件1】国際文化公園都市(彩都)の教育施設のあり方について

資料(PDF:17KB)

出席者

構成員 市長公室長(議長:職務代理)、重松政策総括監、井上政策総括監

担当部 教育推進部長、教育推進部総務次長、教育政策課長

関係部 子ども部長、都市計画部長、建築住宅課長

事務局 市長公室総務次長、市長公室次長、経営改革担当担当主査、政策企画課主査

確認事項

  • 新設校建設の是非
  • 建設(開校)時期
  • 学校形態及び規模(小学校のみか小中一貫校か)

結論

平成19年度第7回政策調整会議(平成19年11月13日)の結論である『彩都地域における学校は、小学校単独という方向性で関係機関等と調整を進める』ことの方針に沿って調整を進めたが、結論としては、

  • 小中一貫教育推進の流れ
  • 児童・生徒の発生数の見直し
  • 彩都立会山地域から六中までの通学距離や高低差の問題
  • 将来的な東部地域の校区課題の解決

を総合的に判断し、小中一貫校として整備することに見直す。

教室、体育館、プール等の施設は、将来のクラス増減に柔軟に対応できるよう、効率的な施設にしていく。

彩都地域における学校は小中一貫校とし、政策決定会議に諮ることとする。

質疑など

  • 児童・生徒の発生数の見直しは?
    • →当初は、茨木市域のデータを基に試算したが、箕面市域の分譲価格は茨木市域に比べやや高めになり、購買年齢層もやや高くなることから、茨木市域の80%により再算定した。
  • 今の予定では平成22年1月頃着工となるが、平成23年4月開校をめざすとすると厳しいスケジュールになるのではないか。
    • →開校時期についてはUR都市機構と覚書を交わすなど書面で確約する。
  • 将来のクラス数増減や財政的負担を踏まえ、可能な限り経済的・効率的なプランを工夫すること。

【案件2】美しいまちづくり推進のために~環境美化条例の制定に向けて~

資料(PDF:102KB)

出席者

構成員 市長公室長(議長:職務代理)、重松政策総括監

担当部 都市環境部長、都市環境部総務次長、環境政策課長

事務局 市長公室総務次長、市長公室次長、経営改革担当担当主査、政策企画課主査

確認事項

  • 美しいまちづくり推進のための提言を受けての施策推進
  • 環境美化条例施行に向けた今後のスケジュールについて

結論

原案を「了」とし、政策決定会議に諮ることとする。

質疑など

  • 美しいまちづくり推進員はどのような人になってもらうのか。
    • →現在活動しているNPO団体やアドプト団体、小学校区で危険箇所点検活動をしている青少年を守る会のかたなどをイメージしている。
  • 条例のボリュームはどの程度か。
    • →条文は15、16条になる予定。美化推進重点地区内での活動に対する助成の仕方のほかルール化すべきものは、別途要領等を作成する。
    •  

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:市政統括政策推進室 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6718

ファックス番号:072-724-6971

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?