• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

ここから本文です。

更新日:2010年3月1日

平成19年度第12回政策調整会議

日時 平成20年3月14日(金曜日)午前10時から12時

場所 市役所本館2階特別会議室

会議概要(PDF:129KB)

【案件1】みのおサンプラザ1号館6階、7階の民間貸与について

資料1(PDF:96KB)

出席者

構成員 市長公室長(議長:職務代理)、重松政策総括監、井上政策総括監

担当部 地域振興部長、地域振興部総務次長、地域振興部専任参事、地域振興政策課長、既成市街地活性化担当担当主査

関係部 健康福祉部長、子ども部長、生涯学習部長、都市計画部長、都市環境部長、都市環境部総務次長、都市環境部副理事

事務局 市長公室総務次長、市長公室次長、経営改革担当担当主査、政策企画課主査

確認事項

  • 今後の対応策について

結論

みのおサンプラザ1号館6階、7階については、民間貸与の方針を変更し、公共利用での活用など民間貸与以外の方法で活性化を図ることを検討することとし、政策決定会議に諮ることとする。

この方針変更について議会に説明する。

今後の検討については、平成21年度からの利用開始をめざし、既成市街地活性化プロジェクト会議において協議していくこととする。

質疑など

  • 今後の方針として、民間貸与という考え方は全く無くなるのか、あるいは民間貸与だけではなく、公共利用も含めて検討していこうというのか。
    • →今後の活用として考えられるのは、売却、民間貸与、公共利用の3つだが、売却、民間貸与は難しく、プロジェクト会議でも公共利用を検討することで決定した。
  • 民間貸与が難しいとしても、地域振興、活性化を図るための公共利用でなければならないと思う。市全体としての公共施設の再配置という視点は必要だが、地域振興につながる公共とは何かを模索していくべきである。
  • 箕面駅周辺の整備とも併せて考えていく必要がある。
    • →民間貸与という手法が難しいだけで、活性化自体を否定するものではない。
  • 公共利用での活用としても、地域振興という考え方が残っているのなら、今後もプロジェクト会議の中で検討していけばよい。
  • みのおサンプラザ等公共施設再配置計画検討懇話会での検討結果との整合性はとれるのか。
    • →6階、7階は他の階のように具体的な施設を示したものではなく、コンセプトを示したものであるため、大きな問題はないと思う。しかし、「民間貸与」という方針は示しているため、当時のメンバーにはこの方針変更は説明すべきである。

【案件2】(仮称)粟生外院・外院地区土地区画整理事業(組合施行)準備委員会への諸条件の提示について

資料2(PDF:243KB)

出席者

構成員 市長公室長(議長:職務代理)、重松政策総括監、井上政策総括監

担当部 都市計画部長、都市計画部総務次長、都市計画部次長

関係部 都市環境部長、都市環境部総務次長、都市環境部副理事

事務局 市長公室総務次長、市長公室次長、経営改革担当担当主査、政策企画課主査

確認事項

  • 国・府・市の補助金について
  • 国文都市4号線に係る公共施設管理者負担金について
  • 環境影響評価実施の必要性について
  • 埋蔵文化財の発掘調査について

結論

当該土地区画整理事業準備委員会に対し、市の考え方として以下の4点を示すこととし、政策決定会議に諮るものとする。

  1. 国・府・市の補助金はないこと
  2. 国文都市4号線に係る公共施設管理者負担金は今日示した考え方(市負担総額の上限は約2億円)であること
  3. 開発区域の実測面積について、できるだけ早く確度の高いデータを出し、必要な場合は環境影響評価を行うこと
  4. 埋蔵文化財の発掘調査について協議し、試掘調査を事業者負担で実施すること

質疑など

  • 3、4については金額を示さなくてもよいのか。
  • 2について、土地利用計画図が確定していないので金額も変わるのではないか。
    • →今の時点では、市の考え方を決定して示す段階である。
  • 市街化調整区域の土地利用のあり方を検討しているところだが、どのように整合性を取っていくのか。この事業を認めると、市街化調整区域の開発を認めるという方向性を示すことにならないか。
    • →地元発意によるまちづくりに対して、市が法律等に基づいて諸条件を示す段階であって、開発を認める訳ではない。

【案件3】「箕面市耐震改修促進計画」策定について

資料3(PDF:87KB)資料4(PDF:161KB)

出席者

構成員 市長公室長(議長:職務代理)、井上政策総括監

担当部 都市計画部長、都市計画部次長、建築指導課長、都市計画部参事、建築住宅課長

関係部 都市環境部長、都市環境部総務次長、都市環境部副理事、消防長、市民安全政策課長、市民安全政策課長補佐

事務局 市長公室総務次長、市長公室次長、経営改革担当担当主査、政策企画課主査

確認事項

  • 「箕面市耐震改修促進計画」(案)の内容について

結論

パブリックコメントをふまえて修正した案で了とし、政策決定会議に諮るものとする。

質疑など

  • 上町断層帯が動いた時に起こる地震の具体的な揺れの大きさが、予測精度の向上で大幅に増えたことがわかったという報道があったが、大阪府が指針を見直した段階で見直す。
  • 土砂災害については、ハザードマップに入れにくいとは思うが、特別警戒区域・警戒区域を周知していかなければならないので工夫してほしい。

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:市政統括政策推進室 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6718

ファックス番号:072-724-6971

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?