• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

箕面市 > くらし > ごみ・リサイクル > ごみ処理の流れと施設について > リサイクルセンター(資源ごみ選別)のしくみ

ここから本文です。

更新日:2017年10月1日

リサイクルセンター(資源ごみ選別)のしくみ

リサイクルセンター

リサイクルセンター(資源ごみ選別)のしくみ
1.貯留ヤード 2.供給コンベヤ 3.破袋機 4.破袋選別コンベヤ 5.磁選機 6.鉄用減容機 7.カレット等選別コンベア 8.アルミ減容装置

1.貯留ヤード

箕面市内から集められた資源ごみの空きかん、空きびんは計量機で重さがはかられたあと、いったんそれぞれの貯留ヤードにおろされます。

空きかん貯留ヤード空きびん貯留ヤード

2.供給コンベヤ

空きかん、空きびんはショベルローダで供給コンベヤの受入ホッパに入れられ、破袋機へと運ばれます。

供給コンベヤ

3.破袋機

箕面市ではかごによる収集を行っていますが、やむを得ず入ってくる袋があるので、破袋機で袋を破きます。

破袋機

4.破袋選別コンベヤ

びんやかんに混じった袋などを手作業で取り除きます。袋などを取り除くのは大変な作業です。必ずびんやかんだけをかごに入れて出してください。

破袋選別コンベヤ

また、危険物が含まれていると作業が大変危険になります。絶対に入れないでください。

危険物(はさみ)

 危険物(注射針)

取り除かれた袋などは可燃物搬出ヤードにためられたあと、ごみ処理施設のごみピットに運ばれて焼却されます。

5.磁選機

かんの中のスチールかんを磁選機で取り出します。

磁選機外磁選機内

6.鉄用減容機

磁選機で取り出されたスチールかんは、鉄用減容機で細かく砕かれて搬出ヤードにためられ、再生業者へ運ばれてリサイクルされます。

鉄用減容機スチールかん搬出ヤード

7.カレットなど選別コンベヤ

コンベヤ上で、手作業でアルミかんやびんの色分け(透明、茶、そのほかの色)、残渣の選別をします。びんが細かく割れたものをカレットといいます。かん・びんは水洗いをして出してください。

アルミかんびんの色分け

色分けされたカレットは搬出ヤードにためられたあと、再生業者へ運ばれてリサイクルされます。

透明びん茶色びん

8.アルミ減容装置

アルミかんはアルミ減容装置で押しつぶされて、搬出ヤードにためられたあと、再生業者へ運ばれてリサイクルされます。

アルミ減容装置アルミかん搬出ヤード

リサイクルセンターでのびん・かんの選別業務は(一般財団法人)箕面市障害者事業団に委託されています。

ごみ処理施設のしくみ

粗大ごみ処理施設のしくみ

ごみ・リサイクルへ

環境クリーンセンタートップページへ

よくあるご質問

お問い合わせ

所属課室:市民部環境クリーンセンター 

箕面市大字粟生間谷2898-1

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?