• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

箕面市 > ビジネス > 建築物 > 省エネルギー法の届出等に関すること

ここから本文です。

更新日:2016年4月5日

省エネルギー法の届出等に関すること

建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律について

平成28年4月1日から建築物省エネ法が施行されます。詳しくはこちらをご覧ください。

エネルギーの使用の合理化等に関する法律について

エネルギーの使用の合理化等に関する法律(省エネルギー法)に基づき、延床面積が300平方メートル以上の建築物(特定建築物)を新築、改築、増築、大規模修繕等を行う場合は、省エネルギー措置の届出が必要です。

特定建築物は、第一種特定建築物と第二種特定建築物があります。届出の対象となる工事の規模等は、まとめると下表のとおりです。

 

第一種特定建築物

第二種特定建築物

新築

床面積が2,000平方メートル以上

床面積が300平方メートル以上、

2,000平方メートル未満

増築

増築部分が2,000平方メートル以上

増築部分が300平方メートル以上、

かつ

増築面積が全体の2分の1以上

改築

改築部分が2,000平方メートル以上

または

改築面積が全体の2分の1以上

改築部分が300平方メートル以上

かつ

改築面積が全体の2分の1以上

修繕模様替

政令で定める規模

設備改修

政令で定める規模

 

省エネルギー法の措置の届出について

省エネルギー法の措置の届出は、工事着手の21日前までに行ってください。届出書に以下の書類を添付したものを正・副2部作成し、建築指導室へ提出してください。

  • 届出書
  • 委任状(届出書の提出を委任する場合)(ワード:11KB)
  • 付近見取図
  • 配置図
  • 立面図
  • 外壁、窓等を通しての熱の損失の防止のための措置の内容を表示した各階平面図及び断面図
  • 空気調和設備等に係るエネルギーの効率的利用のための措置の内容を表示した機器表(昇降機にあっては仕様書)、系統図及び各階平面図
  • 各種計算書、集計表、その他算出根拠資料

定期報告について

省エネルギー法の措置の届出を行った建築物の管理者は、3年に1度、省エネルギー措置に関わる維持保全の状況について、定期報告書を正・副2部作成し、建築指導室へ提出してください。

届出書様式について

届出書及び定期報告書の様式は、国土交通省ホームページよりダウンロードできます。

大阪府温暖化の防止等に関する条例について

大阪府温暖化の防止等に関する条例に基づき、床面積が2,000平方メートル以上の建築物(第一種特定建築物)は、建築物環境計画書(CASBEE)の届出が必要となります。

届出先は大阪府となりますので、詳しくは大阪府ホームページをご覧ください。

技術情報について

計算支援プログラムは、国立研究開発法人建築研究所がホームページをご覧ください。

計算支援プログラムに関するお問い合わせは、一般社団法人日本サステナブル建築協会「省エネサポートセンター」へお願いします。

 

よくあるご質問

お問い合わせ

所属課室:みどりまちづくり部審査指導室 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6866

ファックス番号:072-722-2466

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?