• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

箕面市 > 市政 > 組織のご案内 > 総務部 出資法人支援室 > 箕面都市開発株式会社の平成28年度通期業績予想

ここから本文です。

更新日:2017年1月23日

箕面都市開発株式会社の平成28年度通期業績予想〔平成28年12月作成〕

上半期決算に基づく通期業績予想の概要

1.平成28年度予算と通期業績予想の比較

通期業績予想では、予算編成時の見込みに比べ、営業利益、経常利益とも予算を上回る見込みであり、経営は順調です。

2.調停条項との比較

  • 期末資金残高について、調停条項の想定推移を上回る見込みです。
  • 平成24年度末に債務超過が解消された純資産額についても、調停条項の想定推移を引き続き上回る見込みです。
  • 本業の利益を示す営業利益など、いずれの利益ベース(営業利益・経常利益・当期純利益)においても、調停条項を上回る見込みです。

3.今後の展望

  • 今期は売上高はほぼ予算どおりで、営業利益、経常利益は予算を上回る見込みとなっており、調停条項に対しても各利益ベースで上回り、引き続き、順調な経営予想となっています。
  • 今後もキャッシュフロー安定化のための経営努力を行います。

1.平成28年度通期業績予想

  平成28年度 平成28年度通期業績予想との比較
調停条項
(千円)
予算額
(千円)
通期業績予想
(千円)
調停条項 予算額
増減額
(千円)
増減率
(%)
増減額
(千円)
増減率
(%)
売上高

106,880

128,000

128,469

21,589

20.2

469

0.4

営業利益

14,380

21,500

24,150

9,770

67.9

2,650

12.3

経常利益

12,559

19,540

22,185

9,626

76.6

2,645

13.5

当期純利益
(※)

6,149

10,559

12,034

5,885

95.7

1,475

14.0

期末資金残高

85,879

105,698

106,914

21,035

24.5

1,216

1.2

純資産額

21,939

41,010

42,484

20,545

93.6

1,474

3.6

 

通期業績予想では、すべての項目において、予算額を上回る予定です。

(※)法人税等調整額を除いています。
法人税等調整額とは…税務上の損金、益金で算定される課税所得と企業会計上の費用、収益で算定される当期純利益との差額を調整するものです。

 

2.平成28年度営業利益(本業利益)の比較

H28営業利益(本業利益)の比較

  • 調停条項、予算額ともに上回る予定となっています。

(要因)箕面駅前駐車場の管理費や人件費の削減が営業利益増加の要因です。

3.貸借対照表

 

平成27年度
(平成27年9月30日現在)

平成28年度
(平成28年9月30日現在)
増減額
(千円)

金額
(千円)

構成比
(%)
金額
(千円)
構成比
(%)
<資産合計>

521,052

100.0

529,605

100.0

8,553

流動資産

113,950

21.9

114,719

21.7

769

固定資産

407,102

78.1

414,886

78.3

7,784

固定資産の内訳 有形固定資産

372,948

91.6

375,804

90.6

2,856

無形固定資産

296

0.1

296

0.1

0

投資その他の資産

33,858

8.3

38,786

9.3

4,928

<負債合計>

466,874

89.6

458,343

86.5

-8,531

流動負債

24,250

5.2

23,668

5.2

-582

固定負債

442,624

94.8

434,675

94.8

-7,949

<純資産>

54,178

10.4

71,262

13.5

17,084

<純資産(繰延税金資産除く)>

29,548

42,484

12,936

繰延税金資産とは、将来の会計期間に帰属すべき税金費用(損金)を当期に前払いしたと考え、これを繰延処理することにより生じる資産です。

4.決算実績と予算・通期業績予想の対比

  平成27年度
(予算)
平成27年度
(決算)
平成28年度
(予算)
平成28年度
(通期業績予想)
増減率

金額
(千円)

売上高
利益率
(%)
金額
(千円)

売上高
利益率
(%)

金額
(千円)

売上高
利益率
(%)

金額
(千円)
売上高
利益率
(%)
平成27年度決算・
平成28年度業績予想
対比(%)

平成28年度予算・
平成28年度業績予想
対比(%)

売上高

120,000

122,410

128,000

128,469

4.9

0.4

売上高
の内訳
受託料
収入

73,280

73,974

79,380

78,846

6.6

-0.7

所有床
賃貸収入

7,152

7,151

8,971

8,888

24.3

-0.9

土地
賃貸収入

22,348

22,870

22,129

22,849

-0.1

3.3

受取
手数料
収入

2,420

2,842

2,620

2,638

-7.1

0.7

文化・交流
センター
売上

14,800

15,573

14,900

15,248

-2.1

2.3

営業
利益

17,500

14.6

20,965

17.1

21,500

16.8

24,150

18.8

15.2

12.3

経常
利益

15,501

12.9

18,684

15.3

19,540

15.3

22,185

17.3

18.7

13.5

当期
純利益

15,004

12.3

当期純利益
(法人税等調整額除く)

7,835

6.5

10,076

8.2

10,559

8.2

12,034

9.4

19.4

14.0

5.売上高・利益ベースの推移

  • 平成27年度決算は、新規駐車場事業の受託料及び地権者モータープール管理手数料の増加により、予算を上回る収益が確保できました。
  • 平成28年度は、前期に引き続き、予算時に比べ売上高、営業利益、経常利益、すべての利益ベースとも上回る予定です。

H28売上高・利益ベースの推移

参考1:経営内容を判断するポイント

貸借対照表や損益計算書で経営判断することも必要ですが、新たな投資や臨時的な支出に大きく左右されます。調停条項の着実な履行を判断するポイントは、期末にどれだけの資金残高があるのか、純資産額が増加しているのかといった資金計画です。

参考2:資金計画の見込み

期末資金残高の推移

7期連続で調停条項の推定推移を上回る予定です。

 

各年度の予算・決算実績(千円)

平成28年度上半期決算からの予測(千円)
平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度
調停条項 86,739 86,481 86,170 85,879 85,573
予算ベース

93,613

96,510

95,013

105,698

109,231

決算ベース 95,766 96,678 101,329 106,914 110,542

純資産額の推移

平成24年度末で債務超過が解消して以降は、調停条項の想定推移を大幅に上回る予定です。

  各年度の予算・決算実績
(千円)
平成28年度上半期決算からの予測
(千円)
平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度
調停条項

3,596

9,700

15,789

21,939

28,114

予算ベース

10,062

19,962

28,210

41,010

50,773

決算ベース

12,356

20,375

30,451

42,484

52,342

(各数値は繰延税金資産を除いています)

参考3:事業別売上高の推移

H28事業別売上高の推移

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:総務部出資法人支援室 

箕面市西小路4-6-1

電話番号:072-723-2121(内線3273)

ファックス番号:072-723-2096

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?