• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

箕面市 > 市政 > 組織のご案内 > 総務部 出資法人支援室 > 箕面都市開発株式会社の平成25年度通期業績予想

ここから本文です。

更新日:2014年1月20日

箕面都市開発株式会社の平成25年度通期業績予想〔平成25年12月作成〕

上半期決算に基づく通期業績予想の概要

1.平成25年度予算と通期業績予想の比較

通期業績予想では、予算編成時の見込みに比べ、売上高、営業利益、経常利益、当期純利益とも、予算を上回る見込みであり、経営は順調です。

2.調停条項との比較

  • 期末資金残高について、調停条項の想定推移を上回る見込みです。
  • 純資産額について、平成24年度末に債務超過は解消され、引き続き調停条項の想定推移を上回る見込みです。
  • 本業の利益を示す営業利益など、いずれの利益ベース(営業利益・経常利益・当期純利益)においても、調停条項を大幅に上回る見込みです。

3.今後の展望

  • いずれの利益ベースにおいても、調停条項や平成25年度予算を上回る経営予想となっていますが、従前の人件費等を含む経費削減によるものです。
  • 今後も、駐車場事業及び不動産事業の受託をはじめとする、新規事業への参入を目下の課題として売上拡大に向け更に努力していきます。

1.平成25年度通期業績予想

  平成25年度 平成25年度通期業績予想との比較
調停条項
(千円)
予算額
(千円)
通期業績予想
(千円)
調停条項 予算額
増減額
(千円)
増減率
(%)
増減額
(千円)
増減率
(%)
売上高

108,000

111,000

112,620

4,620

4.3

1,620

1.5

営業利益

15,500

18,500

20,000

4,500

29.0

1,500

8.1

経常利益

13,561

16,552

17,922

4,361

32.2

1,370

8.3

当期純利益
(※)

6,777

8,531

10,772

3,995

58.9

2,241

26.3

期末資金残高

86,739

93,613

95,823

9,084

10.5

2,210

2.4

純資産額

3,596

10,062

12,303

8,707

242.1

2,241

22.3

(※)法人税等調整額を除いています。
法人税等調整額とは…税務上の損金、益金で算定される課税所得と企業会計上の費用、収益で算定される当期純利益との差額を調整するものです。

  • 当期純利益は、有価証券の売却益により予算を大きく上回る好況です。
  • 通期業績予想では、すべての項目において、予算額を上回る予定となっています。

2.平成25年度営業利益(本業利益)の比較

平成25年度営業利益(本業利益)の比較

  • 予算額を上回り、結果として、調停条項で示された数値も上回る予定となっています。(土地賃貸収入の増収により、予算ベースを上回る予定です)

3.貸借対照表

  平成24年度 平成25年度
(平成25年9月30日現在)
増減額
(千円)

金額
(千円)

構成比
(%)
金額
(千円)
構成比
(%)
<資産合計>

499,072

100

505,276

100

6,204

流動資産

92,940

18.6

104,215

20.6

11,275

固定資産

406,132

81.4

401,061

79.4

-5,071

固定資産の内訳 有形固定資産

376,542

92.7

375,272

93.6

-1,270

無形固定資産

296

0.1

296

0.1

0

投資その他の資産

29,294

7.2

25,493

6.3

-3,801

<負債合計>

480,912

96.4

477,458

94.5

-3,454

流動負債

23,801

4.9

20,252

4.2

-3,549

固定負債

457,111

95.1

457,206

95.8

95

<純資産>

18,160

3.6

27,818

5.5

9,658

<純資産(繰延税金資産除く)>

1,532

12,303

10,771

繰延税金資産とは、将来の会計期間に帰属すべき税金費用(損金)を当期に前払いしたと考え、これを繰延処理することにより生じる資産です。

4.決算実績と予算・通期業績予想の対比

  平成24年度
(予算)
平成24年度
(決算)
平成25年度
(予算)
平成25年度
(通期業績予想)
増減率

金額
(千円)

売上高
利益率
(%)
金額
(千円)

売上高
利益率
(%)

金額
(千円)

売上高
利益率
(%)

金額
(千円)
売上高
利益率
(%)
平成24年度決算・
業績予想
対比(%)
平成25年度予算・
業績予想
対比(%)
売上高

111,500

113,450

111,000

112,620

-0.7

1.5

売上高
の内訳
受託料
収入

66,489

66,577

66,577

66,586

0.1

0.1

所有床
賃貸収入

6,150

6,150

6,150

6,024

-2.0

-2.0

土地
賃貸収入

23,640

23,640

21,600

23,130

-2.2

7.1

受取
手数料
収入

2,221

2,737

2,483

2,606

-4.8

5.0

文化・交流
センター
売上

13,000

14,346

14,190

14,274

-0.5

0.6

営業
利益

16,500

14.8

21,807

19.2

18,500

16.7

20,000

17.8

-8.3

8.1

経常
利益

14,594

13.1

19,688

17.4

16,552

14.9

17,922

15.9

-9.0

8.3

当期
純利益

16,820

14.8

当期純利益
(法人税等調整額除く)

7,863

7.1

11,024

9.7

8,531

7.7

10,772

9.6

-2.3

26.3

5.売上高・利益ベースの推移

  • 平成24年度決算は、文化・交流センターの利用料金の増収と人件費を柱とする歳出削減により、予算を上回る収益が確保できました。
  • 平成25年度は、平成24年度の各利益ベースを上回る目標を掲げて予算編成をしました。結果、売上高、営業利益、経常利益、当期純利益のいずれも予算を上回る見込みです。

H25売上高利益ベースの推移

参考1:経営内容を判断するポイント

貸借対照表や損益計算書で経営判断することも必要ですが、新たな投資や臨時的な支出に大きく左右されます。調停条項の着実な履行を判断するポイントは、期末にどれだけの資金残高があるのか、純資産額が増加しているのか(3年で赤字が解消するのか)といった資金計画です。

参考2:資金計画の見込み

期末資金残高の推移

経営努力により、調停条項の想定推移を大幅に上回る予定です。

 

各年度の予算・決算実績(千円)

平成25年度上半期決算からの予測(千円)
平成22年度 平成23年度 平成24年度 平成25年度 平成26年度
調停条項 82,738 85,090 86,284 86,739 86,481
予算ベース

86,165

88,972

90,604

92,380

決算ベース 83,834 87,093 91,604 95,823 96,734

純資産額の推移

平成24年度末で債務超過は解消し、調停条項の想定推移を大幅に上回る予定です。

  各年度の予算・決算実績
(千円)
平成25年度上半期決算からの予測
(千円)
平成22年度 平成23年度 平成24年度 平成25年度 平成26年度
調停条項

-19,255

-10,659

-3,181

3,596

9,700

予算ベース

-12,370

-1,627

6,627

15,065

決算ベース

-19,778

-9,490

1,532

12,303

19,876

(各数値は繰延税金資産を除いています)

参考3:事業別売上高の推移

H25こと業別売上高の推移

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:総務部出資法人支援室 

箕面市西小路4-6-1

電話番号:072-723-2121(内線3273)

ファックス番号:072-723-2096

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?