更新日:2016年6月15日

ここから本文です。

漏水減免

漏水減免とは?

水道メーターより家側で漏水して箕面市指定給水装置工事事業者で修繕された場合、漏水した水量の一部に相当する水道料金を減免することができます。漏水の修繕が終われば、上下水道料金を減免できるかどうかを当該修繕業者もしくは料金センター(072-724-6756)までお尋ねください。減免できる場合は、料金センターの窓口で申請してください。その申請内容に基づき審査のうえ減免金額が決定し、決定内容については後日、書面でご通知いたします。

  • トイレ・じゃ口などの目にみえる部分の漏水は減免できません!
  • 漏水の減免は原則として1回分の上下水道料金のみを対象にしますので水漏れがわかっている場合は早急に修繕してください。
  • 減免できる場合、減免できる水量は漏水した水量のうち2割~8割の間です。また、その割合については漏れている場所や漏れた水量によって決まります。
  • 給水装置の修繕は必ず箕面市指定給水装置工事事業者で行ってください。

漏水減免の申込

箕面指定給水装置工事事業者で漏水箇所を修繕後、当該業者に漏水修繕工事報告書(PDF:175KB)及び修繕前・修繕後の写真を請求してください。お受け取りになった漏水修繕工事報告書と写真及び印鑑を持って上下水道局庁舎1階の料金センター窓口へお越しください。窓口では上下水道料金漏水減免申請書(PDF:485KB)(窓口で発行いたします。)を提出していただきます。

漏水減免の処理の流れ

箕面指定給水装置工事事業者で漏水箇所を修繕

漏水修繕工事報告書を修繕業者に請求

  • 修繕前・修繕後の写真及び位置図を添付してください。

上下水道料金漏水減免申請書及び還付請求書(いずれも料金センターの窓口で発行)の提出

  • 漏水修繕工事報告書と印鑑を必ず持参してください。

上下水道料金漏水減免申請書及び漏水修繕工事報告書を審査

上下水道料金漏水減免決定書の送付

  • お支払い前の上下水道料金を減免する場合は、減額後の金額で改めて上下水道料金を請求します。また、お支払い後の上下水道料金を減額する場合は、ご指定の口座へ入金いたします。

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページは見つけやすかったですか?