箕面市 > 市政 > 広報・広聴 > 広報 > 報道資料 > 平成24年度報道資料 > (報道資料)期日前投票所の開設時間規制(8時30分~20時)を解消する構造改革特区を国に提案

更新日:2012年10月31日

ここから本文です。

(報道資料)期日前投票所の開設時間規制(8時30分~20時)を解消する構造改革特区を国に提案

箕面市では、平成24年10月31日、通勤時間帯(早朝・深夜)における期日前投票を実現するため、期日前投票所の開設時間の規制を解消する特区を国に提案しました。

近年の各種選挙における投票率の低下は全国的な課題となっています。本市でも、投票所の増設、街頭啓発活動などの取組みを展開してきたにもかかわらず、先般の市議会議員選挙の投票率は低迷しました。

その一方で、期日前投票の割合は増加しており、利便性の高さへの有権者のニーズを示しています。このため、箕面市では、出勤時・帰宅時を主なターゲットとした“駅前の期日前投票所”の設置を検討しました。

しかしながら、公職選挙法において期日前投票所の開設時間が8時30分~20時に制限されており、最も利用の多い早朝・深夜に投票いただくことができないことが判明したため、今般、特区提案を行ったものです。

1.期日前投票について

選挙の投票日当日に、旅行や出張、冠婚葬祭、一時滞在などの予定がある場合は、期日前投票で事前に投票することができます。

本市の市議会議員選挙においても、投票者数のうち期日前投票者が占める割合は、約10%(平成20年)から約16%(平成24年)と6ポイント以上、増加しています。

2.投票所の時間制限の撤廃に向けて

箕面市では、今後、投票率の維持・向上を図るため、出勤時や帰宅時を主なターゲットとして駅前における期日前投票所の設置を検討しました。

しかしながら、公職選挙法第48条の2第3項において、期日前投票所の開設時間が8時30分~20時に制限されており、最も利用の多い早朝・深夜に投票いただくことができないことが判明しました。

3.構造改革特区の提案について

このため箕面市では、電車の始発から終電まで駅前で期日前投票ができるよう、期日前投票所の開設時間の規制を解消する特区を国に提案しました

今回行った提案は、内閣官房が10月末まで募集している構造改革特区制度によるものです。

  • なお、今回の特区提案と同内容の法改正要望を、平成24年10月12日に政府に対し提出しています。

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:選挙管理委員会事務局  

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6763

ファックス番号:072-724-6859

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

Ready to move? 箕面に住む?

妊娠から育児、学校のことまで ぜんぶわかるみのお子育て情報

見どころいっぱい 楽しみ方いろいろ ぷらっと 箕面さんぽ

箕面の情報を「イマだけ、ココだけ、あなただけに!」 みのおどっとネット