• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

ここから本文です。

更新日:2017年4月1日

箕面市総合計画審議会市民委員の募集について

総合計画は、長期的なまちづくりの方向を示す最も基本となるものです。平成23年度(2011年度)から始まる次期市総合計画が、市民のみなさんのまちづくりへの思いがたくさんつまった計画になるよう、 計画作りに参加してみませんか?


市では、次期市総合計画の策定を進めています。

平成23年度(2011年度)から始まる次期市総合計画を、市民にとって分かりやすく、共有できる計画にするためには、市民と行政が協働して作成していくことが必要です。

そこで、平成19年(2007年)6月に箕面市民会議の立ち上げを呼びかけ、のべ51人の市民メンバーが、次期市総合計画でめざすべき将来像などについて検討し、平成20年(2008年)9月末に市に提言書を提出しました。

市では、「箕面市総合計画策定委員会議」を開催し、市民会議の提言内容を尊重しながら総合計画の基本構想・基本計画について検討しています。平成21年 (2009年)8月頃には素案としてとりまとめた後、「箕面市総合計画審議会」で調査審議を重ね、平成22年度(2010年度)に市議会の議決を経て、平成23年度(2011年度)からは次期市総合計画に基づくまちづくりが始まります。

総合計画の審議にあたって、生活者の視点から幅広い市民意見を反映させるため、審議会の市民委員を募集します。

応募資格・方法について

応募資格

次の要件にすべて該当するかた

  • (1)市内在住、在職、在学で平成21年(2009年)8月1日現在16歳以上のかた
    ただし、箕面市職員及び箕面市議会議員は除く
  • (2)まちづくりに興味や関心があり、次期市総合計画の審議に協力いただけるかた
  • (3)原則として平日に2時間程度会議に出席できるかた

募集人数

3人以内

職務内容

次期市総合計画の基本構想及び基本計画の審議

任期

平成21年(2009年)8月から平成22年(2010年)3月末まで(予定) (会議は1、2カ月に1回程度)

報酬

委員に選考され、審議会に出席したときは、1回につき7,400円の報酬(源泉徴収されます)を支払います。なお、交通費は支給 しません。

応募方法

「箕面市総合計画審議会市民委員応募用紙」に必要事項を記入のうえ、800字程度の作文を作成し、応募用紙送付先まで持参、郵送または電子メールで提出してください。(ファクスによる応募は 受け付けません。)

作文テーマ

「箕面の未来と取り組むべき課題」

応募受付期間

平成21年(2009年)5月1日(金曜日)から6月5日(金曜日)まで

  • 総務部総合計画担当窓口(市役所本館2階南側206番)での受付時間は午前8時45分から午後5時15分まで(土・日・祝除く)
  • 郵送の場合は締切当日消印有効
  • 電子メールの場合は6月5日(金曜日)24時までに受信したものを受け付けます

選考

  • (1)選考は、「箕面市総合計画審議会市民委員選考委員会」が行います。
  • (2)選考は、提出された作文評価によって行います。ただし、住所地(地域別)及び年齢などに著しく偏りが見られた場合は、総合的に勘案して委員候補者を選考します。
  • (3)提出された作文は返却しません。

選考結果の通知

選考委員会の決定後、7月末日までに全応募者に対し選考結果を郵送で通知するとともに、選任されたかたの氏名及び住所(町名目まで)を公表します。

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?