• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

箕面市 > 市政 > 広報 > 報道資料 > 平成20年度報道資料 > (報道資料)「緊急プラン(素案)」に対する意見募集

ここから本文です。

更新日:2008年12月16日

(報道資料)「緊急プラン(素案)」に対する意見募集

平成20年12月16日(火曜日)

箕面市の改革特命チーム“ゼロ”(リーダーは奥山副市長)は、危機的な財政状況を打開するため、今後5年間で検討していく行財政改革内容を示した「緊急プラン(素案)」を作成しました。

素案では、平成25年度までの5年間で、総額273億円の財源不足を解消し、経常的な支出水準を約20億円規模で圧縮することをめざしています。

また、この目標を達成するため、歳入の増加、事業の見直し、公共料金の改訂、市立施設の統廃合、新規事業の抑制など、87項目の改革内容を含む「ゼロ試案」も示しています。

今後、市民のご意見を募集し、さらに検討を深め、毎年度の予算や条例を市議会に提案し、改革内容の実施を決定していきます。

箕面市では、危機的な財政状況を打開するため設置した「改革特命チーム“ゼロ”」(奥山副市長をリーダーとした職員13名で構成)が、今後5年間で検討していく行財政改革内容を示した「緊急プラン(素案)」を作成しました。

概要は、以下のとおりです。

1.緊急プラン(素案)の概要

(1)現状での財政見通し(平成21年度から平成25年度、一般会計)

  1. 5年間で、総額273億円の財源不足が生じる。
    =基金(貯金)を取り崩すと、2年間で底をつく。
  2. 毎年度、経常的な支出が収入を約20億円オーバーする。
    =経常収支比率約110パーセントで、経常赤字が続く。

(2)改革の目標

  1. 財源不足を解消し、平成25年度収支均衡をめざす。
    そのため、今後5年間で総額273億円の財源不足を解消する。
  2. 平成25年度の経常収支比率100パーセント以下を達成する。
    そのため、経常的な支出水準を年間20億円規模で圧縮する。

(3)目標達成のための方法

目標を達成するため、議論のたたき台として、改革の全体像と具体的な改革内容のメニューを提示した「ゼロ試案」を作成・・・・【資料1参照】

2.今後の予定

「ゼロ試案」は、あくまで「チームによる試案」であり、議論のための「たたき台」ですので、内容が決定したものではありません。

今後、市民のご意見を募集し、さらに検討を深め、毎年度の予算や条例を市議会に提案し、改革内容の実施を決定していきます。

市民意見の募集・・・・・【資料2参照】

 

【資料1】「ゼロ試案」の主な改革内容・・・・・(「ゼロ試案の詳細」から抜粋)

※【 】内の金額は、改革による効果額

<1>収入の増加策

(ア)経常的な収入の増加策 【平成25年度 1億円】

  • 1.広告収入のアップ、2.滞納対策の強化、3.市有地など資産の利活用、4.ふるさと納税制度の活用

(イ)臨時的な収入の増加策 【平成21年度から平成25年度の5年間で29億円】

  • 1.市有地の売却、2.競艇事業の積極的推進

<2>経常的な支出の削減

  1. 人件費の見直し 【平成25年度 4億1千万円】
    職員給与 管理職4.5パーセント、管理職以外4パーセント削減など
  2. 扶助費の見直し 【平成25年度 5千万円】
    児童・生徒就学援助、障害者医療食事療養費助成などの見直し
    はり・灸・マッサージ助成の廃止
  3. 事務事業の見直し 【平成25年度 3億1千万円】
    歯科保健事業、長寿祝金、学校教育関係人員配置、借上公営住宅、福祉バス、公共施設維持管理経費などの見直し、青少年海外体験交流などの休止
  4. 補助金の見直し 【平成25年度 3億7千万円】
    私立幼稚園児保護者補助金や各種団体補助金などの見直し
  5. 公共料金の改訂(特定財源の確保) 【平成25年度 3億2千万円】
    保育所保育料、市立幼稚園授業料、市立施設使用料、ごみ処分手数料、証明発行手数料、市営住宅家賃などの値上げがん健診・特定健診の有料化、公共施設駐車場の有料化
  6. 市立施設の統廃合 【平成25年度 1億円】
    幼稚園1園程度、図書館1館程度、第2市民プール、職員会館を廃止
  7. 市立病院への繰出の抑制【平成25年度 5億4千万円】
    一般会計からの経常的な繰出を抑制し、病院改革により独立採算をめざす。

<3>【臨時的な支出の削減】

  1. 事務事業の見直し 【平成21年度から平成25年度の5年間で37億円】
    公共施設改修費や情報システム経費などを圧縮彩都地区小中一貫校など新たな公共施設建設費の抑制
  2. 補助金の見直し 【平成21年度から平成25年度の5年間で1億円】
    各種団体補助金などの見直し
  3. 実施年度の延期 【平成21年度から平成25年度の5年間で2億円】
    避難所以外の市立施設の耐震化などを延期
  4. 企業会計・特別会計への繰出の抑制 【平成21年度から平成25年度の5年間で36億円】
    国民健康保険会計などへの繰出の抑制(国民健康保険料の値上げなど)

【資料2】市民意見募集

「緊急プラン(素案)」は、市ホームページ及び市内15か所の市立施設で公表するとともに、意見募集を行います。意見は、平成21年1月16日(金曜日)まで文書またはメールで市役所(市長公室経営改革担当)で受け付けます。

(1)意見を提出できるかた

  1. 市内在住のかた
  2. 市内に事務所または事業所がある事業者
  3. 市内にある事務所または事業所に勤務しているかた
  4. 市内にある学校に在学しているかた
  5. 本市に対して納税義務を有しているかた
  6. 1.から5.に該当するかたで構成された団体

(2)素案の閲覧

  • 市ホームページ
  • 市役所(政策企画課、行政資料コーナー)
  • 豊川支所、止々呂美支所、
  • 中央生涯学習センター、東生涯学習センター、西南公民館
  • 総合保健福祉センター、
  • 中央図書館、東図書館、桜ヶ丘図書館、萱野南図書館、西南図書館、
  • らいとぴあ21、ヒューマンズプラザ、みのお市民活動センター

(3)意見の提出方法

氏名・団体名称、住所を記入し、文書またはメール(様式自由)

提出先
〒562-0003 箕面市西小路4-6-1

箕面市役所 市長公室経営改革担当

電話:072-724-6718(直通)

(4)受付期間

平成20年12月17日(水曜日)から平成21年1月16日(金曜日)まで

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:市政統括政策推進室 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6718

ファックス番号:072-724-6971

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?