• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

箕面市 > 市政 > 広報 > 報道資料 > 平成20年度報道資料 > (報道資料)「定額給付金を活用した寄附プロジェクト」について(速報)

ここから本文です。

更新日:2009年1月16日

(報道資料)「定額給付金を活用した寄附プロジェクト」について(速報)

箕面市では、定額給付金を受給した市民から寄附を募り、経済浮揚や雇用創出の効果が期待され、箕面の未来につながるプロジェクトの実施をめざしています。

具体的には、“箕面大滝への光の回廊”や、“箕面山を彩る植樹”など、寄附の受け皿となるメニューのアイデアを検討しています。

また、大阪府でも橋下知事の号令のもと、同様の寄附構想が検討されていることから、府の主導する“府・市共同プロジェクト”への寄附をメニューの一つに加えて、同時に募っていく予定です。

なお、定額給付金の交付・寄附募集の実施にあたっては、民間企業への委託や臨時職員の雇用など、緊急雇用対策の趣旨も含めて検討しています。

箕面市では、定額給付金を受給した市民から寄附を募り、経済浮揚や雇用創出の効果が期待され、箕面の未来につながるプロジェクトの実施をめざしています。

寄附プロジェクトについて

具体的には、“箕面大滝への光の回廊”(箕面大滝へ続く滝道のライトアップ)や、“箕面山を彩る植樹”(箕面の山々を鮮やかに彩る苗木の植樹)など、寄附の受け皿となるプロジェクトを検討し、最終的には1つから2つのメニューに絞り込んでいきます。

また、大阪府でも橋下知事の号令のもと、同様の寄附構想が検討されていることから、上記の箕面市メニューに加えて、府の主導する子どもたちの未来につながる“府・市共同プロジェクト”への寄附をメニューの一つとして同時に募っていく予定です。

寄附メニューのイメージ

1.箕面市プラン

(例)

  • 箕面大滝への光の回廊
    箕面駅から箕面大滝に続く滝道をライトアップし、観光振興や地域商業の活性化をめざすプラン。(集まった寄附金額に応じてライトアップ区間の長さを決定)
  • 箕面山を彩る植樹
    子どもの出生にあわせ夢の木(ヤマザクラ)の植樹を進め、箕面の山々を鮮やかに彩るプラン。(集まった寄附金額によって植樹面積を決定)

2.橋下知事・倉田市長におまかせプラン(府・市共同プロジェクト)

橋下知事が検討している“寄附を活用した子どもたちの未来につながるプロジェクト”(海外交流のためのPCの小中学校への導入など)の実現に向けて、府・市が協調し、かつ、お預かりした寄附金が箕面市内で活用されるよう倉田市長が責任をもって使途を見届けるプラン。

寄附メニューへのアイデア募集について

前頁の「箕面市プラン(1)」は検討中の具体例であり、このほかにも市民の皆さまからアイデアを募集いたします(アイデア募集期間:1月19日(月曜日)から30日(金曜日)の予定)。

いただいたアイデアをもとに、2月中にプロジェクト(1つから2つ程度)を決定し、お知らせいたします。

 

定額給付金の事務について

なお、定額給付金の交付・寄附募集の実施にあたっては、民間企業への委託や臨時職員の雇用など、緊急雇用対策の趣旨も含めて検討しています。

併せて、定額給付金の受給から寄附までの手続きについては、できる限り簡便な方法で寄附をできるよう検討していきます。

また、今回の発表は、定額給付金の実施に備えて幅広く寄附への理解を求めるため検討段階で速報しました。

※今回の検討については、国の第2次補正予算が決定された場合に実施することを想定しています。

 

お問い合わせ

所属課室:市政統括政策推進室 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6718

ファックス番号:072-724-6971

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?