• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

箕面市 > ビジネス > 市街地整備 > 彩都・箕面森町長期財政収支見通し

ここから本文です。

更新日:2012年3月13日

彩都・箕面森町長期財政収支見通し

解説

現在箕面市内において2つの大きな新市街地事業が行われています。

1つは、箕面の東部地域で茨木市に跨って独立行政法人UR都市機構が施行している彩都(国際文化都市特定土地区画整理事業)、もう1つは北部地域で大阪府が施行している箕面森町(水と緑の健康都市特定土地区画整理事業)です。これらの事業に対し、平成24年2月7日に開催された第4回彩都・箕面森町地域整備特別委員会で長期財政収支見通しを公表いたしました。各事業費について現時点における見直しを行ったものです。

長期財政収支見通しは、この2つの事業が市の財政に与える影響について、毎年度に想定される収入と支出のバランスを図る目安として、事業者の計画に基づく人口計画や、市が事業費の一部を負担する義務教育施設等の設置時期を勘案して作成したものです。

結果として、この2つの事業が箕面市の財政に与える影響は限定的で、むしろ長期的には税収入の増加が見込まれます。ご理解、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

1.箕面市の財政負担(支出)

彩都・箕面森町は、土地区画整理事業で実施されており、区域内の土地所有者が土地を出し合うことで、道路や公園、緑地などの公共用地を生み出すとともに、供出した土地を売却することで事業費の大半を生み出しています。したがって市が負担する事業費は限定的で、区域内に建設する義務教育施設や、土地区画整理区域に至る道路整備の一部負担などです。

  • 区域内の基盤整備は基本的に事業者が行い、市の負担はありません。
  • 市は、土地区画整理区域に至る道路や義務教育施設などの整備に係る事業費の一部を負担します。
  • そのほか、市は旧市街地と同様に新住民への行政サービスに係る経費を負担します。

 

2.箕面市の税収(収入)

  • 固定資産税・都市計画税 --- 土地・建物について、固定資産税、都市計画税の税収があります。
  • 住民税 --- 新たにお住まいになる市民の皆様から住民税をいただきます。

 


第4回彩都・箕面森町地域整備特別委員会長期財政収支見通し(PDF:366KB)

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:地域創造部地域活性化室 

箕面市西小路4-6-1

電話番号:072-724-6741

ファックス番号:072-722-2466

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?