• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

箕面市 > ビジネス > 農業 > 箕面の農空間を地域で守り活かしていこう!

ここから本文です。

更新日:2014年8月20日

箕面の農空間を地域で守り活かしていこう!

都市農地は、私たちに地元の新鮮な農産物を提供してくれるばかりでなく、大雨時など一気に水が道路に流れ込むことを防ぎ、暮らしを守ってくれます。また、田んぼには空気を冷やす効果もあり、市街地で夏の気温が高くなりすぎるのを防いでくれます。伝統的な田園の原風景は、私たちの日常に癒しや安らぎを与えてくれます。農空間に、さまざまな公益的な機能や役割を果たしており、その恵みは都市に暮らす住民全体に及びます。

箕面市農空間保全事業について

平成22年度から箕面市では、大阪府の農空間保全地域制度( 外部サイトへリンク )を活用した農道等の整備事業に対して、事業費の25%以内の範囲で補助金を助成する制度をつくり、地域で取り組む農空間の保全活動を支援しています。

農空間事業費イメージ

新稲地区の事業の取り組みについて

箕面市新稲地区では、地元農業者らにより構成された『箕面市新稲地区農空間保全協議会』(以下、同協議会)を設立し、遊休農地の解消と再生、地域住民向けに農業体験など、農空間の保全に活発に取り組んでいます。

平成21年5月には、同協議会が大阪府の「農空間保全地域制度」( 外部サイトへリンク )の認可を受けて、大阪府と箕面市、地元の連携・協力の下、農業用機械等の搬入が困難な農地の沿道を拡幅するなど農道整備事業を実施しており、将来にわたって農空間を保全していく取組を進めています。

箕面市新稲地区農空間保全事業の歩み

平成20年5月 農空間保全地域指定→新稲地区を含む市街化調整区域6地区(292ha)

平成20年7月 箕面市農空間保全委員会の設立と審議(大阪府・箕面市・農業委員会・農協・みどり公社)

平成21年2月 新稲地区を「遊休農地解消対策区域」に指定

平成21年5月 新稲地元地権者による事業主体「箕面市新稲地区農空間保全協議会」設立

平成21年8月 同協議会の役員会にて「農空間づくりプラン」概要案作成

平成21年9月 地権者全員による審議

平成22年4月から 事業開始

平成22年度農空間保全事業

同協議会が、農業機械搬入ができない等の営農が困難な箇所を対象に、特に整備が必要な箇所を同地区内で大きく3ブロックに分けて整理し、道幅の狭い農道を3m幅に拡幅する等の計画をたてています(計画の概略図はこちら)(PDF:1,250KB)。平成22年度の大阪府の事業では、新稲5丁目の農道を拡幅整備しました(事業費内訳:大阪府負担50%、箕面市負担25%、地元負担25%)。

着工前

竣工後

 C1ブロック(着工前)
[No Photo]

 

 

C1ブロック写真(4)

 

 

C1ブロック写真(2)

 C1ブロック写真(5)

C1ブロック写真(3)

C1ブロック写真(6)

 

ソフト的な取り組みについて

新稲地区は、農道等のハード整備とあわせて、さまざまなソフト事業も展開して、遊休農地の再生と農空間の保全に取り組まれています。

箕面市農業サポーター制度の活用、市民農園の開設、農業体験事業など様々な遊休農地解消の事例があり、地域全体が積極的に農空間を保全する取り組みをしています。

新稲の市民農園  新稲の農業体験で穫れたさつまいも

大阪府耕地事業を活用した遊休農地の再生

同協議会では、遊休農地解消の取り組みとして、平成21年度(箕面市の補助金助成制度ができる以前)に、大阪府の耕地事業を活用して、新稲4丁目の遊休農地約0.4haにおいて除草、耕起、播種を行い、農景観作物であるレンゲの栽培等を実施しました(事業費内訳:大阪府負担50%、地元負担50%)。

箕面市の農景観補助事業も積極的に活用されています。

着工前

竣工後

Bブロック写真(1)
雑草、雑木が繁茂

Bブロック写真(3)
農地を畑地として再生
Bブロック写真(4)
農景観作物(れんげ)を栽培

 

利用権設定等促進事業(農地の貸借)による遊休農地の再生

遊休農地の解消にあたり、後継者など農業経営の担い手がいないケースでは、積極的に農地の利用権設定(貸借)を活用し、農地の有効活用を図っています。

また、府内で初めて、一般法人等への農地貸借を実現し、民間企業での就労が困難な障害者の訓練の場としても活かされている事例もあります。

貸借前

貸借後

利用権設定前
雑草が繁茂
(草刈り程度の管理)

利用権設定後
農地を畑地として再生

 

 

新稲地区の遊休農地解消の実績

これまでの取り組みの結果、新稲地区では、平成21年7月の現地調査で把握した遊休農地4.2haが 平成23年9月には0.9haまで減少しました(解消された面積3.3ha)。

 

平成21年7月

平成23年9月

遊休農地面積(ha)

4.2

0.9

 

新稲地区で生産・収穫された農産物は、箕面市内の朝市にも出荷されています!

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:みどりまちづくり部農業振興課 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6728

ファックス番号:072-722-2466

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?