• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

箕面市 > 市政 > 広報 > 報道資料 > 平成21年度報道資料 > (報道資料)「箕面市みどり支援基金」を創設します!

ここから本文です。

更新日:2010年2月17日

(報道資料)「箕面市みどり支援基金」を創設します!

箕面市では、平成22年箕面市議会第1回定例会に「箕面市みどり支援基金条例」制定を提案しました。
条例案は、みどりを守り育て、広げる活動の財源として「みどり支援基金」を創設する内容で、新たに立ち上げる「まちなかのみどり支援事業」(まちなかのシンボルツリーや美しい生け垣など民有地等のみどりを守り育てる事業)にも活用します。
議会で可決いただいたのちは、まずは7億9千万円の基金積立金からスタートし、寄附なども募りながら、箕面市の財産であるみどりを守る取り組みを進めます。

「まちなかのみどり支援事業」とは

市街地の民有空間のみどり(特に“みんなからみえるみどり”、“みんなに見せるみどり”)をメインターゲットとした、みどりを守り、育て、広げる市民主体の取り組みを支援します。

予定している助成対象

民有地での

生け垣や花壇の設置

壁面緑化

みどりの創出・活用を促進するモデル的な取り組み

従来からの「保護樹林・樹木」等を想定

事業の詳細は現在、市民、学識経験者、市による「検討会」で検討中

 

「みどり支援基金」とは 

「まちなかのみどり支援事業」をはじめ、山なみの緑の保全なども含めた“みどりを守る取り組み”を幅広く展開するための財源として、既存の「箕面市自然緑地等保全基金」を再編し、新たな基金を創設するものです。 

スタート時の基金積立額:約7億9千万円 

 

基金への寄附のお願い 

約7億9千万円で出発するこの基金も、支援に充て続ければいずれ枯渇してしまいます。市民や事業者などのみなさまの支えによりこの基金を今後もより大きく育てていきたいと考えています。

多くのみなさまにご寄附・ご賛助・ご協賛をよろしくお願いします。 

寄附金は「みんなの箕面の緑の寄附金制度」でお受けします。

一定の条件を満たせば税控除が受けられます。 

なお、これまでにみなさまからいただいた寄附金は、「自然緑地等保全基金」に積み立てていましたが、その浄財はこの基金へ移行し、今後もみどりあふれるまちづくりに有効活用します。

 

今後の予定 

平成22年3月25日市議会において条例案の採決

平成22年4月1日施行予定

 


 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:みどりまちづくり部公園緑地室 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6749

ファックス番号:072-723-5581

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?