• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

箕面市 > 市政 > 広報 > 報道資料 > 平成20年度・平成21年度報道資料 > (報道資料)「営農指導チーム」により遊休農地の8割解消!

ここから本文です。

更新日:2009年9月11日

(報道資料)「営農指導チーム」により遊休農地の8割解消!

~農業サポーター制度が後押し~

箕面市農業委員会では、全国的に課題となっている遊休農地の解消対策として、7月から「営農指導チーム」を設置し取り組んだ結果、8月末時点において解消を目指した遊休農地の概ね8割を解消できました。また、6月からスタートした「農業サポーター」の登録者が42人となりました。現在、登録者のうち37人が活動しており29人が遊休農地の解消にたずさわりました。

1.遊休農地の概ね8割の解消を達成しました!

  • (1) 箕面市農業委員会「営農指導チーム」(7月発足)(注1)は、8月末を目途に、市街化調整区域内を中心に遊休農地の解消に取り組み、78.9%の遊休農地について耕作再開などその解消を図ることができました。
  • (2) 遊休農地の解消にあたっては、農業サポーター(注2)に応募いただいた42人のうち29人がたずさわりました。

(フロー図)遊休農地の解消

営農指導チームでは、まず、第1ステップとして遊休農地3.5ヘクタール(平成17年度農林業センサス)のうち、喫緊に解消を目指すものとして指導対象農地1.61ヘクタールを抽出しその解消に取り組みました。今後は、第2ステップとして、残りの遊休農地と遊休化する危惧のある農地を対象に、更なる指導と農業サポーターの協力を得ながら、遊休化を防ぐとともに、農業生産の向上に取り組みます。

2.農業サポーター制度42人応募のうち37人が活躍中!

6月から農業者支援のため開始した「農業サポーター制度」に、3ヶ月余りで42人のかたが応募いただき、現在37人のかたが、農業者とともに収穫や出荷準備作業に活躍されています。(上記遊休農地解消に携わった29人含む)

箕面市では、農業サポーターとして活動したいかたを、引き続き募集中しています。(応募・問い合わせは、「みどりまちづくり部農とみどり政策課」まで)

農業サポーター応募状況

 

20歳代

30歳代

40歳代

50歳代

60歳代以上

0人

2人

1人

4人

18人

25人

2人

0人

1人

3人

11人

17人

2人

2人

2人

7人

29人

42人

注1「営農指導チーム」とは、

箕面市農業委員会(東山磯治会長)では、農地法改正による遊休農地解消対策が強化されることも見据え、更なる遊休農地解消の体制強化を図るため、農業委員会7月総会において「営農指導チーム」(遊休農地解消対策委員会)を設置したものです。

注2「農業サポーター制度」とは、

“農業に関心のあるかた”、“企業を定年退職したかた”などを対象に農作業の手伝い等をしていただけるかたを市が募集し、高齢化や後継者不足等に悩む市内農家のみなさんが営農を継続しやすいように応援していただくとともに、市民のかたに農業にたずさわる機会を提供していきます。

 (写真)営農指導チーム

報道資料PDF版(PDF:123KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:みどりまちづくり部農業振興課 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6728

ファックス番号:072-722-2466

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?