• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

箕面市 > 市政 > 広報 > 報道資料 > (報道資料)新文化ホール運営予定者に(株)キョードーファクトリーを選定~運営予定者の実績と知見を活かし、新文化ホールを整備します~

ここから本文です。

更新日:2017年6月28日

(報道資料)新文化ホール運営予定者に(株)キョードーファクトリーを選定~運営予定者の実績と知見を活かし、新文化ホールを整備します~

箕面市では、北大阪急行線の延伸に伴い新設される「(仮称)箕面船場駅」前に、新文化ホールの移転・建て替えを計画しています。

この度、新文化ホールの運営予定者を公募し、株式会社キョードーファクトリーを選定、平成29年6月28日に「箕面市新文化ホール運営管理に関する協定書」を締結しました。

同社は、年間1,800本を超える幅広いジャンルの文化芸術イベントを企画、制作、運営しているキョードー東京のグループ会社で、公共ホールの運営実績もあります。

今後、運営予定者としての知見を活かして、新文化ホールの整備内容を検討し、利用者にとって使い勝手が良く、運営者のスキルを十分に発揮できるホールの実現をめざします。

なお、新文化ホールは、平成33年4月オープンを予定しています。

1.新文化ホールの整備について

まちづくりイメージパース

箕面市では、現在、市民会館(グリーンホール)の老朽化が進んでいるため、北大阪急行線の延伸に伴い新設される「(仮称)箕面船場駅」前に、新文化ホールの移転・建て替えを計画しています。
新文化ホールは、芸術文化鑑賞の機会を提供する1,000席~1,400席の大ホールと、市民が文化活動の参加の場として活用する250席程度の小ホール等で構成します。
この度、新文化ホールの運営予定者を公募し、株式会社キョード―ファクトリーを選定、平成29年6月28日に「箕面市新文化ホール運営管理に関する協定書」を締結しました。

 

2.新文化ホールの運営予定者の公募と選定結果について

従来から、公共施設を新設する場合は、施設を設計・建設してから運営者を決めるケースがほとんどでした。しかし、箕面市では、利用者にとって使い勝手が良く、運営者のスキルやノウハウが十分に発揮できるように、まず運営予定者を公募しました。
公募の結果、7者から問い合わせがあり、最終的に2者から応募がありました。外部委員5名を含む「箕面市新文化ホール運営管理予定事業者の候補者検討会議」(全9名)において候補者を検討し、下記の点から株式会社キョードーファクトリーが高い評価を得ました。
<評価されたポイント>
(1)独立採算を確保し、市に納付金を支払う提案であること
(2)多種多様な公演実績と集客力の高さ
(3)市民及び地域の文化活動団体等との連携
(4)まちづくりの観点、賑わい創出の拠点としての役割についても提案されていること

同会議の検討結果等を踏まえ、このたび、箕面市は、運営予定者として株式会社キョードーファクトリーを選定しました。
同社は、年間1,800本を超える幅広いジャンルの文化芸術イベントを企画、制作、運営しているキョードー東京のグループ会社で、公共ホールの運営実績もあります。

<これまでの経緯>

日程

内容

平成28年12月26日 「箕面市新文化ホール整備審議会」が発足(条例公布)
平成29年2月8日 第1回箕面市新文化ホール整備審議会を開催
平成29年2月15日 第2回箕面市新文化ホール整備審議会を開催
平成29年3月17日 第3回箕面市新文化ホール整備審議会を開催
平成29年3月29日 第4回箕面市新文化ホール整備審議会を開催
平成29年4月24日 運営予定者の公募(公告、募集要項等の公表)
平成29年6月9日 運営予定者の決定
平成29年6月28日 運営予定者(株式会社キョードーファクトリー)と協定書を締結

 

3.今後のスケジュール

今後、学識経験者や芸術文化関係者、市民によって構成する「箕面市新文化ホール整備審議会」で、運営予定者の知見も最大限に活かしながら、新文化ホールの整備内容を検討していきます。また、審議会から出された意見も踏まえ、設計・建設実施者を募集していきます。
なお、新文化ホールの整備・運営管理は、民間の資金とノウハウを活用し、良質な公共サービスの提供を期待できるPFI手法を視野に入れています。

<スケジュール>

日程

内容

平成29年夏 整備手法の決定
平成29年秋 設計・建設実施者の募集(入札公告)
平成30年春 設計・建設実施者の決定
平成30年度 設計
平成31・32年度 建設工事
平成33年4月 新文化ホールオープン

 

(参考)

株式会社キョードーファクトリー 会社概要

  • 代表者:前田 三郎(代表取締役社長)
  • 資本金:3,000万円
  • 設立:平成13年5月
  • 業務内容
    ・海外アーティスト及びスポーツ選手等の招聘と全国公演の企画
    ・日本アーティストの全国公演企画制作及びマネージメント業務
    ・一般労働者派遣事業
    ・劇場、コンサート会場、イベント会場等企画運営及び請負業務
    ・キャラクターライツ事業 等
  • 関連会社
    ・(株)キョードー東京、(株)キョードープロデューサーズ、(株)キョードーメディアス、(株)キョードー東京インターナショナル

株式会社キョードー東京及びキョードーファクトリーが運営管理している公共ホール

  • シアター1010(東京都足立区):総席数701席
  • かつしかシンフォニーヒルズ(東京都葛飾区)
    :モーツァルトホール総席数1,318席/アイリスホール総席数298席
  • かめありリリオホール(東京都葛飾区):総席数 固定席610席+立ち見席30席
  • 三次市民ホールきりり(広島県三次市):総席数1,006席
  • 南陽市文化会館(山形県南陽市)舞台業務
    :大ホール 総席数1,403席/小ホール 収容人数500名

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:地域創造部北急まちづくり推進室 

箕面市西小路4-6-1

電話番号:072-724-6744

ファックス番号:072-722-7655

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?