• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

箕面市 > ビジネス > 都市計画 > 高度地区について > 平成15年度見直しまでの経過

ここから本文です。

更新日:2010年2月25日

平成15年度見直しまでの経過

高度地区

TOP

高度地区の考え方

高度地区の運用に関して

高度地区の内容

平成15年度見直しまでの経過

(1)都市計画審議会・見直し研究会 (2)市民意識調査の実施 (3)市民周知等の取り組み

(4)都市計画(案)作成の最終検討 (5)市民意見等に対する市の考え方

 

高度地区の見直しに関して、平成13年度の現況調査から始まり、平成14年度の高度地区見直し素案作成、平成15年度の都市計画変更と3ヶ年をかけて取り組んできました。

高度地区の見直しは建物の高さ制限を伴うため、市街地等への影響が予想され、そのため平成14年度の素案作成の段階から市民説明等を通じて市民意見の把握・反映を行いました。

また、あわせて庁内での検討会議、専門家による高度地区見直し研究会を設け、高度地区の内容に関して検討を進めるとともに、各段階毎に都市計画審議会への報告も行いました。

見直しフロー

高度地区見直しの取り組みフロー

 

 高度地区TOPページへ

よくあるご質問

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?