• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

箕面市 > ビジネス > 都市計画 > 山なみの景観保全に向けた規制の見直し

ここから本文です。

更新日:2014年10月10日

山なみの景観保全に向けた規制の見直し

山なみの景観のイメージ写真

市のシンボルである「市街地から望む北摂山系の山なみ景観」を守るため、現行の広い範囲に共通した規制である「山なみ景観保全地区」や「山すそ景観保全地区」などを下敷きにしつつ、さらに対策が必要なエリアを絞って規制の見直しを行います。

対象は「眺望上重要な位置にあり、現在の法規制では高い建物を敷地いっぱいに建てることができる」エリアで、そこから山なみの景観が損なわれることを防ぐため、建築デザインなどの景観的な規制だけでなく、都市計画による規制なども含めて検討していきます。すみやかに検討を開始し、案の作成、必要な法手続を経て平成24年度内の見直し完了を目指します。

取り組みの概要(平成23年8月23日政策決定会議資料)(PDF:399KB)

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:みどりまちづくり部まちづくり政策室 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6810

ファックス番号:072-722-2466

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?