• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

ここから本文です。

更新日:2010年3月1日

第2部第2章 障害者市民の状況及び施策の実施状況

1 総人口及び障害者手帳等所持者数

(1)総人口

【表1:各年4月1日現在】 (単位:人)

 

平成18年

平成19年

平成20年

18歳未満

21,426

21,181

21,235

18歳以上

105,422

105,602

105,626

合計

126,848

126,783

126,861

 

(2)身体障害者手帳所持者数

【表2:平成18年4月1日現在】 (単位:人)

 

1級

2級

3級

4級

5級

6級

合計

18歳未満

62

26

17

11

1

7

124

18歳以上

1,173

623

611

950

169

162

3,688

合計

1,235

649

628

961

170

169

3,812

【表3:平成19年4月1日現在】 (単位:人)

 

1級

2級

3級

4級

5級

6級

合計

18歳未満

62

24

20

11

1

7

125

18歳以上

1,341

680

666

1,017

179

167

4,050

合計

1,403

704

686

1,028

180

174

4,175

【表4:平成20年4月1日現在】 (単位:人)

 

1級

2級

3級

4級

5級

6級

合計

18歳未満

66

28

20

13

1

7

135

18歳以上

1,250

644

658

1,042

184

172

3,950

合計

1,316

672

678

1,055

185

179

4,085

 

(3)療育手帳所持者数

【表5:平成18年4月1日現在】 (単位:人)

 

A

B1

B2

合計

18歳未満

127

46

84

257

18歳以上

207

114

79

400

合計

334

160

163

657

【表6:平成19年4月1日現在】 (単位:人)

 

A

B1

B2

合計

18歳未満

146

53

96

295

18歳以上

198

115

78

391

合計

344

168

174

686

【表7:平成20年4月1日現在 (単位:人)

 

A

B1

B2

合計

18歳未満

150

64

99

313

18歳以上

186

113

81

380

合計

336

177

180

693

 

(4)精神障害者保健福祉手帳所持者数及び旧精神通院公費医療受給者数

(1) 精神障害者保健福祉手帳所持者数

【表8:平成18年4月1日現在】 (単位:人)

 

1級

2級

3級

合計

18歳未満

0

2

3

5

18歳以上

64

227

36

327

合計

64

229

39

332

【表9:平成19年4月1日現在】 (単位:人)

 

1級

2級

3級

合計

18歳未満

0

5

2

7

18歳以上

62

249

39

350

合計

62

254

41

357

 【表10:平成20年4月1日現在】 (単位:人)

 

1級

2級

3級

合計

18歳未満

0

2

1

3

18歳以上

63

274

43

380

合計

63

276

44

383

 

(2) 旧精神通院公費医療受給者数

【表11:平成20年4月1日現在】 (単位:人)

合計

1,038

 

(5)障害程度区分認定状況(平成20年4月1日現在)

【表12:判定総数】 (単位:人)

非該当

0

区分1

19

区分2

73

区分3

103

区分4

73

区分5

50

区分6

74

合計

392

・障害種別ごとの内訳

【表13:身体障害者】 (単位:人)

 

1級

2級

3級

4級

5級

6級

合計

非該当

 

 

 

 

 

 

0

区分1

4

 

1

2

 

 

7

区分2

11

9

 

1

 

1

22

区分3

7

8

8

4

 

 

27

区分4

5

7

1

1

1

 

15

区分5

13

5

1

1

 

1

21

区分6

51

11

1

1

1

1

66

合計

91

40

12

10

2

3

158

 【表14:知的障害者】 (単位:人)

 

A

B1

B2

合計

非該当

 

 

 

0

区分1

1

6

 

7

区分2

5

18

9

32

区分3

32

20

5

57

区分4

40

6

3

49

区分5

43

1

1

45

区分6

55

2

1

58

合計

176

53

19

248

【表15:精神障害者】 (単位:人)

 

1級

2級

3級

通院他

合計

非該当

 

 

 

 

0

区分1

 

4

 

3

7

区分2

1

14

2

6

23

区分3

 

24

1

8

33

区分4

 

18

1

12

31

区分5

 

4

 

1

5

区分6

 

 

 

12

12

合計

1

64

4

42

111

判定総数と障害種別ごとの合計(表13・表14・表15の合計)が異なるのは、障害者手帳を重複して所持する方がいるためです。
 

2 第1期計画での行動目標における実施状況

第1期計画は、平成18年度(2006年度)から平成20年度(2008年度)までの事業計画を立案し、行動目標を掲げた実施計画でしたが、下記のとおり、年度が終了した平成18年度(2006年度)及び平成19年度(2007年度)における実施状況を取りまとめました。

この結果を踏まえ、今後の方向性を見定め、新たな計画を策定し、事業の進捗管理を行います。

(1)生活環境の整備

(1) 都市施設の整備

行動目標

平成18年度実施状況

平成19年度実施状況

市有建築物等のバリアフリー化の推進

  • 車椅子用便所の設置1件(箕面文化・交流センター)
  • スロープの設置1件(コミュニティセンター西小会館)
  • 車椅子用便所の設置1件(東小学校)

歩きやすい歩道の整備促進

  • 歩道段差の改良(交通安全施設整備事業)
    • 平成18年度整備22箇所
    • 平成19年4月1日対象箇所整備率79.8%
  • 歩道段差の改良(交通安全施設整備事業)
    • 平成19年度整備25箇所
    • 平成20年4月1日対象箇所整備率80.4%

「福祉のまち整備に関する事項」に適合した民間施設の整備誘導

  • 大阪府福祉のまちづくり条例委任事務に基づく建築物設置工事協議件数30件
  • 箕面市まちづくり推進条例に基づく建築物設置工事協議件数11件
  • 大阪府福祉のまちづくり条例委任事務に基づく建築物設置工事協議件数42件
  • 箕面市まちづくり推進条例に基づく建築物設置工事協議件数11件

 

(2) 移動支援の充実

行動目標

平成18年度実施状況

平成19年度実施状況

民間事業者に対するノンステップバス導入支援

  • 路線バス事業者に対して、低公害ハイブリッドノンステップバス1台の導入補助を実施
  • 平成18年度末ノンステップバス導入延べ台数(市補助)計6台
  • 低公害ノンステップバス導入に係る大阪府補助の打ち切りにより、平成19年度は未実施
  • 低公害型でないノンステップバスの導入補助を平成20年度から実施予定
  • 平成19年度末ノンステップバス導入延べ台数(市補助)計6台

鉄道駅におけるエレベーター等の設置支援

  • 鉄道事業者の桜井駅バリアフリー化工事に対する補助を実施
  • 桜井駅のバリアフリー化工事は、平成18年度で完了
  • 牧落駅のバリアフリー化に向けた、鉄道事業者との協議・調整を実施
  • 障害者団体へ事業概要説明を市と鉄道事業者と合同で実施
  • 牧落駅のバリアフリー化工事を平成20~22年度の3ヵ年で実施予定

「箕面市交通バリアフリー基本構想」における「特定経路」の整備促進

  • 市道中央線の段差改良を実施
  • ささゆり園周辺(市道西小路滝ヶ花3号線)の路肩部カラー着色の実施(準特定経路)

公共施設巡回福祉バス運行事業の実施及び事業展開についての整理

  • 排ガス規制による車両の年次的計画に基づき、基準適合車両(マイクロバス1台)を購入
  • 箕面市内バス路線網整備研究会議においてMバスの運行形態等について検討

福祉予約バス利用対象者等の見直しによる制度充実

  • 本市所有車両と借上車両による運行形態の効率化の検討
    (結果)平成19年度運行台数の6台を確保し、全てを借上車両により運行するとともに、専任の運行管理者を設置することとし、加えて介助員の増員を行うこととなった。
  • 全車両借上(6台)と運行管理者の配置による効率的な運行を実施し、介助員1名を増員し、計3名体制とした。

福祉有償運送実施事業者に対する適切な指導及び福祉有償運送運営協議会の運営

  • 市内事業者による福祉有償運送事業届出1件
  • 大阪府北摂ブロック福祉有償運送運営協議会 審議案件数 12件
  • 大阪府北摂ブロック福祉有償運送運営協議会 審議案件数 31件

 

(3) 住宅の確保

行動目標

平成18年度実施状況

平成19年度実施状況

公営住宅等のバリアフリー化の推進

  • 牧落住宅において、各階段に手すりを設置
  • 車いす常用者世帯の空家募集 1件
  • 住戸改善事業 4件(手すりの設置)

高齢者・重度身体障害者等住宅改造助成事業による民間住宅等のバリアフリー化の支援

  • 大阪府において「高齢者円滑入居登録賃貸住宅」に登録している住宅に関して、バリアフリーリフォーム工事を行う場合に補助金を交付しており、広報紙による案内を実施
  • 市重度身体障害者住宅改造助成事業1件
  • 市重度身体障害者住宅改造助成事業 1件
  • 大阪府住宅リフォームマイスター制度(府民が安心して住宅リフォームを行えるよう信頼性の高い事業者の情報を提供する制度)のPRと、窓口に登録団体・事業者名簿を閲覧できるようにした。

障害者市民の円滑な民間賃貸住宅への入居支援の仕組みの構築

  • 地域生活支援事業の相談支援事業において住宅入居等支援事業を実施
  • 地域生活支援事業の相談支援事業において住宅入居等支援事業を実施
  • 「あんしん賃貸支援事業」のPRに努めると共に、大阪府宅地建物取引協会箕面支部に対し、「あんしん賃貸支援事業」の理解と協力を求めた。また、福祉部門と連携して実施できるように協議を行った。

「あんしん賃貸支援事業」の活用による住宅困窮者の民間賃貸住宅への円滑な入居の促進

  • 大阪府において、「大阪あんしん賃貸支援事業」についての概要説明の実施及び事業実施要領の策定
  • 「あんしん賃貸支援事業」のPRに努めると共に、大阪府宅地建物取引協会箕面支部に対し、「あんしん賃貸支援事業」の理解と協力を求めた。また、福祉部門と連携して実施できるように協議を行った。

 

(4) 情報バリアフリーの推進

行動目標

平成18年度実施状況

平成19年度実施状況

点字・音声テープによる行政情報の充実

  • 点字版・音声版広報紙の発行
  • 点字版・音声版市議会だよりの発行
  • 点字版・音声版各種福祉サービス利用案内、(「障害福祉サービスの案内」の発行)
  • 「声と点字の読書情報」の発行
  • 行政通知点訳パイロット事業(健康福祉部内の個人宛通知文を点字化し、希望者に送付)希望者数14人(延べ82件)
  • 障害者福祉センターささゆり園図書コーナーに点字図書を設置し、閲覧・貸出し
  • 所蔵数107タイトル
  • 点字版・音声版広報紙の発行
  • 点字版・音声版市議会だよりの発行
  • 点字版・音声版各種福祉サービス利用案内、(「障害福祉サービスの案内」の発行)
  • 「声と点字の読書情報」の発行
  • 行政通知点訳パイロット事業(健康福祉部内の個人宛通知文を点字化し、希望者に送付)希望者数17人(延べ106件)
  • 障害者福祉センターささゆり園図書コーナーに点字図書を設置、閲覧・貸出し
    所蔵数120タイトル

視覚障害者等が利用しやすく情報を容易に入手できる市ホームページの作成

  • 画面読み上げソフト対応等、障害者等が利用しやすいホームページの作成を実施
  • 画面読み上げソフト等に対応した表記に努める等、障害者が利用しやすいホームページの作成を実施
  • 広報紙音声版を市ホームページにも掲載

聴覚障害者等を対象とした市窓口等におけるコミュニケーション手段の確保

  • 市立総合保健福祉センターに手話通訳者として臨時職員を2人配置(常勤換算1人相当)
  • ファックス緊急通報システムの運用
  • 市立総合保健福祉センターに手話通訳者として非常勤職員を2人配置
  • ファックス及び電子メールによる緊急通報システムの運用
  • 議会傍聴時におけるコミュニケーション支援事業(手話通訳者・要約筆記者の派遣制度)の活用について広報

視覚障害者等に対する図書館サービスの充実

  • 録音図書の貸出・作成 所蔵数768タイトル
  • 対面朗読サービスの実施 80件
  • 身体障害者市民の予約図書の宅配サービスの実施 16回
  • 障害者デイサービスへの移動図書館巡回 17回
  • 録音図書の作成 所蔵数778タイトル
  • 録音図書の貸出 891件(延べ2,553本)
  • 対面朗読サービスの実施 68件
  • 地域活動支援センターへの移動図書館巡回 16回
  • 点字版・音声版「声と点字の読書情報」の発行
  • 音声版「箕面市立図書館だより」の発行

 

(5) 災害に強いまちづくりの推進

行動目標

平成18年度実施状況

平成19年度実施状況

災害時における安否確認実施機関のネットワーク化

  • 各種団体が参加する社会福祉協議会の小地域ネットワーク活動推進委員会において、災害時の取組みをテーマに、研修および意見交換を実施
    開催数 3回
  • 社協主催での防災講習会を小学校区単位で開催。自治会をはじめ校区内の地域団体へ呼びかけネットワークづくりの必要性を確認した。3地区開催(西南、萱野北、中)
  • 災害時要援護者情報登録申請に基づく「災害時要援護者登録名簿」作成を市民安全政策課が行い、民生委員・児童委員と名簿を共有することにより、民生委員・児童委員による災害時安否確認体制を整備

「災害時要援護者」への対応を盛り込んだ防災訓練等の実施

  • 8月25日に実施した「平成18年度豊能地区3市2町合同防災訓練」は従来の実働型から訓練形態を変更し、防災担当・防災関係機関による図上シミュレーション訓練を実施
  • 社会福祉協議会により市内在住の高齢者や障害者に対し、家具の転倒、落下物の防止対策である震災対策支援サービスを市内全域で実施(175件)
  • 8月27日に実施した「平成19年度豊能地区3市2町合同防災訓練」において、防災担当・防災関係機関による図上シミュレーション訓練を実施
  • 地域防災訓練(4回)、防災イベント・講座・出前説明会(計19回)を実施し、災害時における地域住民の「共助」の重要性について啓発を行った。
  • 社会福祉協議会により市内在住の高齢者や障害者に対し、震災対策支援サービスとして、家具の転倒、落下物の防止対策器具の取り付けを実施(52件)
  • 社会福祉協議会により震災対策支援サービスによる器具取付完了者へ防災に関する啓発・継続のため、防災グッズを配布(216件)(取付け完了者 平成17年(41件) 平成18年(175件))

 

(2)雇用・就労の支援体制の充実

(1) 雇用促進と就労支援

行動目標

平成18年度実施状況

平成19度実施状況

箕面市障害者雇用支援センターを核とした民間企業への雇用促進・就労支援の充実

  • 障害者雇用支援センターの運営
    • 利用(入所)者数

    身体障害者5人 知的障害者16人    精神障害者3人 計24人

    • 就職者数

    身体障害者1人 知的障害者7人   精神障害者1人 計9人

    • 訓練生奨励金の支給20人
  • 障害者雇用支援センターの運営
    • 利用(入所)者数

    身体障害者6人 知的障害者20人精神障害者6人 計32人

    • 就職者数

    身体障害者4人 知的障害者9人精神障害者1人 計14人

    • 訓練生奨励金の支給25人

箕面市障害者雇用支援センターを核とした民間企業への雇用促進・就労支援の充実

  • 職場実習訓練事業所協力金の支給
    14事業所 209人(日曜日)
  • 職場定着支援(フォローアップ件数)
  • 事業所訪問468件 家庭訪問21件
  • センターでの相談715件 他所での相談41件 修了者の集いでの相談266件 計1,511件
  • 民間事業主に対する啓発等
  • 「事業団だより」(財団法人箕面市障害者事業団)No.30、31、32に記事掲載
  • ホームページによる情報発信
  • ジョブコーチ・ネットワーク会議にてポスターセッション参加
  • 全国自閉症者施設協議会にて発表
  • 職場実習訓練事業所協力金の支給
    13事業所 124人(日曜日)
  • 職場定着支援(フォローアップ件数)
    事業所訪問353件 家庭訪問4件
  • センターでの相談1,036件 他所での相談65件 修了者の集いでの相談287件計1,745件
  • 民間事業主に対する啓発等
  • 「事業団だより」(財団法人箕面市障害者事業団)No.33、34に記事掲載
  • ホームページによる情報発信
  • ジョブコーチ・ネットワーク会議にて実践発表
  • 大阪府立豊中養護学校「学校協議会」に委員参加

障害者市民を雇用する事業所等への支援を通じた雇用促進・就労支援の充実

  • 障害者雇用事業所金利軽減事業
    利用件数 3件
  • 障害者雇用事業所金利軽減事業 利用件数 3件

市における障害者職員雇用率3%の達成

  • 6月時点における本市の障害者雇用率
    職員全体数1,233人
    対象職員数(内、重度)27人(9人)、雇用率2.92%
  • 6月時点における本市の障害者雇用率
    職員全体数1,232人
    対象職員数(内、重度)26人(9人) 雇用率2.84%

本市が出資・補助等を行っている法人に対する障害者市民の雇用拡大に向けた働きかけ

  • 外郭団体等における障害者雇用率(6月時点)
    • (社福)箕面市社会福祉協議
      職員全体数107
      対象職員数(内、重度)2人(2人
      雇用率3.74%
    • (社福)あかつき福祉
      職員全体数95
      対象職員数(内、重度)3人(2人
      雇用率5.26%
    • (財)箕面市障害者事業
      職員全体数54
      対象職員数(内、重度)20人(19人)
      雇用率72.2%
  • 外郭団体等における障害者雇用率(6月時点)
    • (社福)箕面市社会福祉協議
      職員全体数114
      対象職員数(内、重度)2人(1人
      雇用率2.63%
    • (社福)あかつき福祉
      職員全体数109
      対象職員数(内、重度)2人(2人
      雇用率4.44%
    • (財)箕面市障害者事業
      職員全体数52
      対象職員数(内、重度)20人(19人)
      雇用率75.0%

(財)箕面市障害者事業団等の社会的雇用の場への支援

  • (財)箕面市障害者事業団運営補助25,091,000円
  • (財)箕面市障害者事業団への市委託事業
    市公園花壇管理事業、市立リサイクルセンター資源ごみ選別業務
  • (財)箕面市障害者事業団
    障害者職員数20人
  • 障害者市民何でも相談事業の実業
    相談件数実績82名、108件
  • 事業団内実習の実施
    実習受入実績 延べ60名、334日
  • 「財団法人箕面市障害者事業団障害者雇用助成金交付要綱」に基づき、(財)障害者事業団から障害者事業所4カ所に対し、障害者雇用助成金98,747,000円を交付
    • 障害者事業所
      障害者数61人 援助者数15人
  • (財)箕面市障害者事業団運営補助23,872,000円
  • (財)箕面市障害者事業団への市委託事業
     市公園花壇管理事業、市立リサイクルセンター資源ごみ選別業務
  • (財)箕面市障害者事業団
    障害者職員数19人
  • 障害者市民何でも相談事業の実施 相談件数実績74名、89件
  • 事業団内実習の実施
    実習受入実績 延べ38名、219日
  • 「財団法人箕面市障害者事業団障害者雇用助成金交付要綱」に基づき、(財)箕面市障害者事業団から障害者事業所(4箇所)に対し、障害者雇用助成金105,121,000円を交付
    • 障害者事業所
      障害者数63人 援助者数 16人

 

(3)保健・医療の充実

(1) 保健サービスの充実

行動目標

平成18年度実施状況

平成19年度実施状況

生涯を通じた健康管理の推進

  • 在宅障害者健康管理事業
    対象者299人 受診者77人 受診率25.8%
  • 元気リハビリ教室
    未実施
  • 青空クラブ(脳卒中再発予防教室)
    実参加者数24人 延べ参加者数192人
  • 在宅障害者健康管理事業
    対象者301人 受診者27人 受診率9.0%
  • 元気リハビリ教室
    未実施
  • 青空クラブ(脳卒中再発予防教室)
    実参加者数31人 延べ参加者数197人

保健師や理学療法士等による訪問など相談・支援体制の充実

  • 老人保健事業で対応
    訪問実人数106人(40~64歳)
  • 老人保健事業で対応
    訪問実人数102人(40~64歳)

生活習慣病の予防や早期発見・早期治療のための健康教育や健康相談の充実

  • 老人保健事業で対応
    開催回数447回 延べ参加者数6,791人(健康増進課実施分)
  • 老人保健事業で対応
    開催回数486回延べ参加者数7,124人(健康増進課実施分)

各関係機関との連携強化による保健サービスの充実

  • 障害者福祉調整会議
    開催回数9回延べ72機関
  • 障害者福祉調整会議
    開催回数12回延べ69機関

 

(2) 地域医療サービスの充実

行動目標

平成18年度実施状況

平成19年度実施状況

市内の医療機関に対する施設のバリアフリー化に向けた働きかけ

  • 大阪府福祉のまちづくり条例委任事務に基づく建築物設置
    工事協議 診療所 5件
  • 大阪府福祉のまちづくり条例委任事務に基づく建築物設置
    工事協議 病院・診療所 6件

障害者理解のための啓発の推進

  • (財)障害者事業団への啓発講座等実施委託(全3回実施)
  • 精神障害者市民地域交流事業(ハートフルみのお)開催
  • (財)障害者事業団への啓発講座等実施委託(全3回実施)
  • 精神障害者市民地域交流事業(ハートフルみのお)開催

医療を受けやすくするための各種助成

  • 身体障害者・知的障害者医療費助成
    • 対象者752人
    • 医療費助成額116,049,995円
    • 食事療養費助成額17,584,350円
    • 訪問看護利用料助成費746,330円
  • 機能訓練医療費助成事業
    機能訓練91人 930件 延べ3,960回
  • 障害児(者)個室入院料助成事業
    実績なし
  • 身体障害者・知的障害者医療費助成
    • 対象者 768人
    • 医療費助成額 127,268,436円
    • 食事療養費助成額 21,005,450円
    • 訪問看護利用料助成費 817,400円
  • 機能訓練医療費助成事業
    機能訓練 80人 657件 延べ1,410回
  • 障害児(者)個室入院料助成事業
    1件 9日 63,000円

地域の医療機関との連携強化による在宅療養中の障害者市民や難病患者への支援体制の整備

  • 訪問看護事業
    訪問回数4,302回、(内障害者51回、難病者1,702回)

障害者=障害者医療証を使用する方

難病者=特定疾患医療受給者証を使用する方

  • 訪問看護事業
    訪問回数 4,227回  (内障害者 23回・難病者 1,696回)

障害者=障害者医療証を使用する方

  難病者=特定疾患医療受給者証を使用する方

 

(3) 在宅生活を支えるリハビリテーション等の充実

行動目標

平成18年度実施状況

平成19度実施状況

「えいど工房」を核とした住宅改造の助言、生活支援機器等の紹介等による障害者市民の在宅生活を支援する体制の整備

  • 福祉用具展示・相談事業
    相談176件 福祉用具貸出545件 講座参加者11人来場者1,094人
  • 福祉用具展示・相談事業
    相談188件 福祉用具貸出396件 来場者1,143人

市立病院との連携による在宅リハビリテーションやその他の支援の推進

  • 在宅リハビリテーション
    訪問指導682件 訪問看護790件
  • 訪問リハビリテーション
    利用件数3,586件
  • 在宅リハビリテーション
    訪問指導474件 訪問看護791件
  • 訪問リハビリテーション利用件数3,279件

 

(4)療育・教育の充実

(1) 療育・幼児教育の充実

行動目標

平成18年度実施状況

平成19度実施状況

「障害児保育の手引き」に基づく市立(民間)保育所における障害児保育の充実

  • 保育士の障害児担当の配置(平成18年4月1日現在)
    27人(市立24人、民間3人)
  • 市内保育所における障害児保育児童(平成19年3月31日現在)
    47人(市立 7所44人、民間 3所3人)
  • 障害児保育運営協議会・障害児保育研修等を開催
  • 保育士の障害児担当の配置(平成19年4月1日現在)
    30人(市立27人、民間3人)
  • 市内保育所における障害児保育児童(平成20年3月31日現在)
    46人(市立 6所41人、民間4所5人)
  • 障害児保育運営協議会・障害児保育研修等を開催

市立幼稚園における障害児教育の充実

  • 障害児介助員の配置 5園 13人
  • 障害児優先入園 5園 18人
  • 障害児入園検討会の開催 5回
  • 障害児介助員の配置 5園 18人
  • 障害児優先入園 5園 27人
  • 障害児入園検討会の開催 5回

療育プログラムの多様化、専門スタッフの資質向上による早期療育事業の充実

  • 早期療育事業従事職員体制
    専任参事(1)、分室長(1)、理学療法士(兼任2)、作業療法士(兼任2)、言語聴覚士(兼任2)、看護士(専任1)、保育士(5)、心理相談員(専任2)
  • 障害児通園事業所
    実利用人数58人 延べ3,033日
  • 「子ども相談室」における発達相談及び
    早期療育に関する総合相談
    受付数447人、面接・訪問599回電話相談199件、他機関連携190回
  • 機能訓練・機能訓練訪問指導
    機能訓練4,858回、機能訓練訪問指導274回
  • 難聴教室
    対象児7人 延べ80日
  • 早期療育事業実務者会議
    開催12回 研修会2回
  • 早期療育事業従事職員体制
    分室長(1)、理学療法士(兼任2)、作業療法士(兼任2)、言語聴覚士(兼任2)、看護士(専任1)、保育士(専任5)、心理相談員(兼任2)、事務(専任1)
  • 障害児通園事業所
    実利用人数70人 延べ2,924日
  • 発達相談「ゆう」における発達相談及び
    早期療育に関する総合相談
    受付数275人、面接・訪問785回、他機関連携244回、電話相談104件
  • 機能訓練・機能訓練訪問指導
    機能訓練4,876回、機能訓練訪問指導214回
  • 難聴児教室
    対象児7人 延べ80日
  • 早期療育事業実務者会議
    開催12回 研修会1回

「子ども相談室」を核とした各関係機関との連携強化による障害のある子どもの家族に対する相談・支援体制の充実

  • 「子ども相談室」における発達相談及び早期療育に関する総合相談
    受付数447人 面接・訪問599回電話相談199件 他機関連携190回
  • 発達相談「ゆう」における発達相談及び早期療育に関する総合相談
    受付数275人 面接・訪問785回 電話相談104件 他機関連携244回

 

(2) 学校教育等の充実

行動目標

平成18年度実施状況

平成19度実施状況

市立小中学校等において、障害のある子どもが適切な教育を受けられる体制の充実

  • 障害児介助員の配置(平成18年5月1日現在)
    学校数17校、介助員数49人、対象障害児数187人
  • 障害児介助員の研修回数
    非常勤職員5回 臨時職員2回
  • 障害児学校送迎事業(市立小中学校等への送迎) 対象児32人(内6人は、雨天、行事のみ)
  • 重度障害児看護師補助金交付事業 対象児2人
  • 重度障害児送迎事業(養護学校等への送迎)対象児3人
  • 障害児介助員の配置(平成19年5月1日現在)
    学校数18校、介助員数57人、対象障害児数197人
  • 障害児介助員の研修回数
    非常勤職員5回 臨時職員2回
  • 障害児学校送迎事業(市立小中学校等への送迎)対象児32人(内8人は、雨天、行事のみ)
  • 重度障害児看護師補助金交付事業の実施 対象児2人
  • 重度障害児送迎事業(養護学校等への送迎)対象児3人

各種研修会の実施による教職員の資質向上

  • 人権教育研修(障害教育) 3回
  • 特別支援教育研修 9回
  • 人権教育研修 4回
  • 特別支援教育研修 5回

教育、保健、医療、及び福祉の連携強化による教育現場における「医療的ケア」を必要とする子どもへの支援のあり方についての研究・検討

  • 医療的ケア懇談会 9回
  • 重度障害児看護師補助金交付事業
    対象児 2人
  • 医療的ケア懇談会 7 回
  • 重度障害児看護師補助金交付事業
    対象児 2人

市教育センターを核とした各関係機関との連携強化による障害児教育相談体制の整備・充実

  • 障害児相談員による教育相談(週2回)
    相談件数542件 相談者数42人
  • 障害児相談員による教育相談(週2回)
    相談件数708件 相談者数52人

障害のある子どもの放課後や長期休暇期間中等における活動の場の確保

  • 学童保育実施事業
    障害児78人 12学校
  • 子どもたちの自由な遊び場開放事業
    児童数78人
  • 児童デイサービス推進事業(放課後教室)
    週2回 定員8人 延べ639人
    (平成18年10月以降は地域生活支援事業の日中一時支援事業として実施)
  • 障害児社会体験支援事業(らいとぴあ21)
    小学生対象 年32回 延べ187人
    中高生対象 年34回 延べ105人
  • 学童保育実施事業
    障害児79人 12学校
  • 子どもたちの自由な遊び場開放事業
    児童数79人
  • 地域生活支援事業の日中一時支援の実施
    実利用者数77人(延べ502人)、利用日数延べ917.75日
  • 障害児社会体験支援事業(らいとぴあ21)
    小学生対象 年37回 延べ229人
    中高生対象 年27回 延べ131人

「箕面市新子どもプラン」に基づくフリースペースの確保による障害のある子どもの放課後や長期休暇期間中等における活動の場の充実

  • 「箕面市新子どもプラン」に基づく、フリースペースの確保による障害のある子どもの放課後や長期休暇期間中等における活動の場のあり方を検討
  • 「箕面市新子どもプラン」に基づく、フリースペースの確保による障害のある子どもの放課後や長期休暇期間中等における活動の場のあり方を検討

「市有建築物保全計画」との連携による市立小中学校施設のバリアフリー化の推進

  • 東小学校校舎、豊川北小学校屋内運動場に多目的トイレを設置
  • 西小学校、萱野東小学校、中小学校養護教室にエアコンを設置
  • 北小学校、西南小学校、第一中学校の廊下等に手すりを設置
  • 東小学校屋内運動場に多目的トイレを設置
  • 第三中学校支援教室にエアコンを設置
  • 北小学校の廊下等に手すりを設置

(5)権利擁護施策の推進

(1) 人権擁護・啓発の推進

行動目標

平成18年度実施状況

平成19度実施状況

「箕面市人権のまち推進基本方針」に基づく人権のまちづくりの実現

  • 箕面市人権のまち推進基本方針(平成17年~平成22年)において、
    • 人権問題に係る相談体制の整備
    • 人権侵害に係る救済方策の確立に向けた検討
    • 人権施策等の評価に関する検討については、今後の検討課題とすることを位置づけ
  • 箕面市人権のまち推進基本方針(平成17~平成22年)において、
    • 人権問題に係る相談体制の整備
    • 人権侵害に係る救済方策の確立に向けた検討
    • 人権施策等の評価に関する検討については、今後の検討課題とすることを位置づけ

「箕面市人権のまち推進基本方針」に基づいた市と市民の協働による人権啓発の推進

  • 人権教育推進学習会の開催
    開催回数 7回、延べ参加者数439人
  • 「みのお市民人権フォーラム21st」事務局及び実行委員会に、市各部局室から参画
  • (財)障害者事業団への啓発講座等実施委託(全3回実施)
  • 精神障害者市民地域交流事業(ハートフルみのお)開催
  • 人権教育推進学習会の開催
    開催回数 7回、延べ参加者数392人
  • 「みのお市民人権フォーラム22nd」事務局及び実行委員会に、市各部局室及び教育委員会各部から参画
  • (財)箕面市障害者事業団への啓発講座等実施委託(全3回実施)
  • 精神障害者市民地域交流事業(ハートフルみのお)開催
  • 人権教育推進会議の運営
    開催回数延べ12回 延べ参加者数275人

 

(2) 福祉サービス利用者の権利擁護の推進

行動目標

平成18年度実施状況

平成19度実施状況

「保健福祉サービスにおける苦情解決の仕組み」の運用によるサービス利用者の権利擁護の推進

  • 苦情解決システムの運営
    • 保健福祉苦情調整専門員2人
    • 同専門員をオブザーバーとして、市民及び福祉サービス事業者等向けに「高齢者・障害者の虐待に関するシンポジウム」を開催した
    • 相談・苦情件数87件(内、障害関係2件)、事故報告件数80件(内、障害関係0件)
  • 苦情解決システムの運営
    • 保健福祉苦情調整専門員2人
    • 相談・苦情件数87件(内、障害関係6件)、虐待(疑いを含む)把握件数22件(内、障害関係0件)、事故報告件数100件(内、障害関係6件)

障害者市民等の地域生活を支援するための権利擁護の推進

  • 地域福祉権利擁護事業:(社福)社会福祉協議会による運営
    相談・問合せ141件 契約件数23件(内、障害者17件)
  • 成年後見制度推進事業
    実績なし
  • 地域福祉権利擁護事業:(社福)箕面市社会福祉協議会による運営
    相談・問合せ168件 契約件数26件(高齢10人 精神障害6人 知的障害10人)
  • 成年後見制度推進事業
    市長申立1件

 

(6)スポーツ・文化活動等の充実

スポーツ・文化活動等の充実

行動目標

平成18年度実施状況

平成19度実施状況

市立スポーツ・文化施設のバリアフリー化の推進

  • 車椅子用便所の設置 1件(箕面文化・交流センター)
  • 未実施

民間事業者に対する施設のバリアフリー化・人的支援のための働きかけ

  • 未実施
  • 未実施

障害者市民がスポーツに参加する機会の確保

  • 世代間交流軽スポーツ大会の開催
  • 市民マラソン大会車椅子の部の開催
    参加者なし
  • バリアフリー子ども水泳教室の実施
    対象:小・中学生と介護者
    参加者数37人
  • バリアフリー親子体操教室の実施
    対象:4歳児から小学6年生とその保護者 参加者数27組
  • バリアフリースポーツ教室ボランティアの募集
  • 民間温水プール(2施設)利用料の割引
  • スポーツ施設使用料の減免
  • 世代間交流軽スポーツ大会の開催
  • 市民マラソン大会車椅子の部の開催
    参加者なし
  • バリアフリー子ども水泳教室の実施
    対象:小・中学生と介護者
    参加者数43人
  • バリアフリー親子体操教室の実施
    対象:4歳児から小学6年生とその保護者
    参加者数19組
  • バリアフリースポーツ教室ボランティアの募集
  • 民間温水プール(2施設)利用料の割引
  • スポーツ施設使用料の減免

障害者市民が芸術・文化活動や各種講座・交流会等に参加する機会の確保

  • 生涯学習施設、文化ホールの使用料の減免
  • 生涯学習センターの講座において、講座内容に応じて点字資料・手話通訳・要約筆記を実施
  • 障害者福祉センターささゆり園において、茶道・華道教室を開催
  • 生涯学習施設、文化ホールの使用料の減免
  • 生涯学習センターの講座において、講座内容に応じて手話通訳を実施
  • 文化ホールの使用料の減免
  • ヒューマン・フォトコンテスト表彰式において手話通訳の実施
  • 国際協力ひろば特別講演において手話通訳の実施
  • 障害者福祉センターささゆり園において、茶道・華道教室を開催

 

3 障害福祉サービス等の実績

(1)訪問系サービス及び短期入所サービス

(1) 訪問系サービス 

(単位:時間/月、%)

サービス種別

平成18年度

平成19年度

計画値

実績値

対計画比

計画値

実績値

対計画比

居宅介護

803

2,257

281.1%

896

2,250

251.1%

行動援護

4,001

0

0.0%

4,442

11

0.2%

重度訪問介護

2,319

1,269

54.7%

2,587

1,326

51.3%

重度障害者等包括支援

1,973

0

0.0%

2,236

0

0.0%

合計

9,096

3,526

38.8%

10,161

3,587

35.3%

各年度の実績値は決算資料による。

 

(2) 短期入所(ショートステイ)

(単位:人日/月、%)

サービス種別

平成18年度

平成19年度

計画値

実績値

対計画比

計画値

実績値

対計画比

短期入所(ショートステイ)

508

84

16.5%

554

119

21.5%

各年度の実績値は決算資料による。

 

(2)日中活動系サービス

(単位:人日/月、%)

サービス種別

平成18年度

平成19年度

計画値

実績値

対計画比

計画値

実績値

対計画比

生活介護

1,219

283

23.2%

2,711

1,051

38.8%

自立訓練(機能・生活訓練)

115

0

0.0%

385

0

0.0%

就労移行支援

211

0

0.0%

473

4

0.8%

就労継続支援(A型)

5

8

160.0%

24

1

4.2%

就労継続支援(B型)

152

0

0.0%

422

33

7.8%

旧法施設支援

5,058

1,531

30.3%

3,395

1,142

33.6%

療養介護

0

0

0.0%

2

0

0.0%

児童デイサービス

536

301

56.2%

579

253

43.7%

各年度の実績値は決算資料による。

 

(3)居住系サービス

(単位:人/月、%)

サービス種別

平成18年度

平成19年度

計画値

実績値

対計画比

計画値

実績値

対計画比

共同生活援助(グループホーム)
共同生活介護(ケアホーム)

77

72

93.5%

84

78

92.9%

施設入所支援

23

1

4.3%

54

8

14.8%

旧法施設入所

58

71

122.4%

30

65

216.7%

各年度の実績値は決算資料による。

 

(4)相談支援

 (単位:人日/月、%)

サービス種別

平成18年度

平成19年度

計画値

実績値

対計画比

計画値

実績値

対計画比

相談支援

37

6

16.2%

40

9

22.5%

各年度の実績値は決算資料による。

 

(5)地域生活支援事業(必須事業)

(1) 相談支援事業

(単位:箇所、%)

サービス種別

平成18年度

平成19年度

計画値

実績値

対計画比

計画値

実績値

対計画比

相談支援

事業

障害者相談支援事業

4

4

100.0%

4

4

100.0%

地域自立支援協議会

1

1

100.0%

1

1

100.0%

市町村相談支援機能強化事業

0

0

0.0%

1

0

0.0%

住宅入居等支援事業(居住サポート事業)

4

2

50.0%

4

2

50.0%

成年後見制度利用支援事業

4

1

25.0%

4

1

25.0%

各年度の実績値は決算資料による。

 

(2) コミュニケーション支援事業

(単位:人日、%)

サービス種別

平成18年度

平成19年度

計画値

実績値

対計画比

計画値

実績値

対計画比

コミュニケーション支援事業

手話通訳

7

7

100.0%

14

9

64.3%

要約筆記

4

2

50.0%

9

13

144.4%

各年度の実績値は決算資料による。

 

(3) 日常生活用具給付等事業

サービス種別

平成18年度

平成19年度

計画値

実績値

対計画比

計画値

実績値

対計画比

介護訓練支援用具

5

2

40.0%

8

11

137.5%

自立生活支援用具

24

13

54.2%

47

21

44.7%

在宅療養等支援用具

10

11

110.0%

19

14

73.7%

情報・意思疎通支援用具

19

7

36.8%

38

36

94.7%

排泄管理支援用具

864

33

3.8%

1,761

1,898

107.8%

住宅改修費

2

0

0.0%

3

3

100.0%

各年度の実績値は決算資料による。

 

(4) 移動支援事業

(単位:箇所、人、時間、%)

サービス種別

平成18年度

平成19年度

計画値

実績値

対計画比

計画値

実績値

対計画比

移動支援事業

実施箇所数

12

24

200.0%

12

31

258.3%

利用者数

438

691

157.8%

984

1,443

146.6%

延べ利用時間

5,428

11,912

219.5%

12,191

25,591

209.9%

各年度の実績値は決算資料による。


(5) 地域活動支援センター事業

(単位:箇所、人、%)

サービス種別

平成18年度

平成19年度

計画値

実績値

対計画比

計画値

実績値

対計画比

基礎的事業

箇所数

1

1

100.0%

1

3

300.0%

人分

40

40

100.0%

88

136

154.5%

機能強化事業

Ⅰ型

箇所数

1

1

100.0%

1

1

100.0%

Ⅱ型

1

0

0.0%

1

1

100.0%

Ⅲ型

1

0

0.0%

1

1

100.0%

各年度の実績値は決算資料による。

 

(6)地域生活支援事業(任意事業)

サービス種別

単位

平成18年度

平成19年度

計画値

実績値

対計画比

計画値

実績値

対計画比

入浴サービス

人分

676

619

91.6%

1,456

1,625

111.6%

日中一時支援事業

人分

681

162

23.8%

1,470

502

34.1%

生活サポート事業

時間

520

541

104.0%

1,248

910

72.9%

在宅障害者自活訓練

55

84

152.7%

110

153

139.1%

重度身体障害者社会生活訓練

30

70

233.3%

60

95

158.3%

各年度の実績値は決算資料による。

 

社会参加促進事業

サービス種別

平成18年度

平成19年度

回数・件数

実人数

回数・件数

実人数

スポーツレクレーション教室

1回

47人

3回

712人

芸術・文化講座

0回

0人

2回

226人

点字・声の広報

10回

-

17回

-

奉仕員養成研修

0回

0人

1回

-

自動車運転免許・改造

9件

9人

4件

4人

各年度の実績値は決算資料による。

 

(7)補装具

(単位:件)

サービス種別

平成18年度

平成19年度

障害者

障害児

合計

障害者

障害児

合計

補装具

44

15

59

143

70

213

各年度の実績値は決算資料による。

 

(8)その他の福祉サービス

サービス種別

平成18年度

平成19年度

身体障害者配食サービス

7人

6人

1,268食

1,226食

障害者緊急通報システム

8件

9件

難病患者等ホームヘルプ

3人

2人

301時間

59時間

難病患者等ショートステイ

0人

0人

難病患者等日常生活用具

1人

0人

ターミナル患者ホームヘルプ

0人

0人

各年度の実績値は決算資料による。

よくあるご質問

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?