• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

ここから本文です。

更新日:2010年3月1日

ごあいさつ

市長の写真

本市では、平成8年(1996年)の「箕面市障害者市民の長期計画~みのお‘N’プラン~」の策定を契機として、障害者施策を総合的かつ計画的に推進して参りました。その後、介護保険制度や支援費制度等の国の制度変更を踏まえつつ、平成16年(2004年)3月に「第2次箕面市障害者市民の長期計画~みのお‘N’プラン~」(以下、「第2次計画」という。)を策定し、長期的な視野に立った基本計画の更新を行いました。

平成17年(2005年)10月の障害者自立支援法の制定に伴い市町村障害福祉計画の策定が義務化されたことによって、第2次計画のうち前期5か年事業計画を3年間のサービス必要見込量とその見込量の確保のための方策等を示す第1期障害福祉計画として更新するため、平成18年度(2006年度)に「第2次計画(改訂版)」を策定いたしました。今般の「第2次計画(二訂版)」は、平成21年度(2009年度)から平成23年度(2011年度)までの3年間について第2期障害福祉計画として更新することを目的に、計画全般に所要の時点修正を加え、策定いたしました。

第2次計画(二訂版)の策定に当たりましては、障害者市民や障害福祉サービス事業者に対するアンケートやヒアリングによりその実態及び課題を把握するとともに、箕面市保健医療福祉総合審議会における慎重な審議結果を反映しました。基本理念につきましては、第2次計画(改訂版)に掲げた「ノーマライゼーションの推進」を継承し、基本目標として「バリアフリー社会の実現」、「ライフステージに応じた総合的施策展開」及び「障害者等の自己選択と自己決定を尊重した施策展開」の3つの基本目標を掲げました。また、基本目標を達成するための具体的な手法等を盛り込んだ障害福祉計画では、重点施策として「新たなサービス体系の整備」、「相談支援体制の整備・充実」、「施策の推進体制の構築」を設定し、第四次箕面市総合計画をはじめとする本市の各種計画との整合・連携を図りながら、障害者市民にかかる施策を推進するとともに、障害者施策の着実な実施と基本目標の実現をめざします。

本市を取り巻く行財政環境は依然として厳しいものがありますが、障害者市民を始めとするすべての市民が一人の人間として尊重され、住み慣れた地域でともに助け合い、安心して充実した生活を送ることができるよう、地域特性を活かした事業の展開に努めて参りますので、引き続き市民の皆様方のご理解とご協力をお願いいたします。

最後に、本計画の策定に当たりまして、多大なご尽力を賜りました箕面市保健医療福祉総合審議会及び同審議会「障害者長期計画部会」の各委員の皆様、そしてパブリックコメントなどで貴重なご意見をお寄せいただきました市民の皆様に心から感謝申し上げます。

 

平成21年(2009年)3月

箕面市長 倉田 哲郎

よくあるご質問

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?