• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

箕面市 > 市政 > 広報 > 報道資料 > 平成24年度報道資料 > (報道資料)箕面市の図書館がサービス充実の全面リニューアル~府内初、貸出・返却を完全に自動化/年間の図書購入費2倍に~

ここから本文です。

更新日:2012年4月18日

(報道資料)箕面市の図書館がサービス充実の全面リニューアル~府内初、貸出・返却を完全に自動化/年間の図書購入費2倍に~

 

箕面市は、平成24年4月20日(金曜日)から全ての市立図書館(6館)でICタグシステムを導入し、府内で初めて図書の貸出・返却を完全に自動化します。これにより図書の貸出・返却を利用者自身が簡単でスピーディーにできるようにします。

また、タブレット端末「iPad」の無料貸出し、全図書館への無線LAN設置などインターネット環境を整備するほか、図書購入費を2倍に増やし新刊や人気本を増加して予約待ち日数を減らします。さらに図書館の開館日数を年間20日以上増やすなど図書館サービスを充実します。

昨年8月に策定した「箕面市・知の拠点づくりアクションプラン」に基づき、業務の大幅な見直しを行い人件費を8千万円圧縮することにより、こうしたサービス拡充にとどまらず、小野原地域に新図書館を新設(平成25年5月)しながら、市の図書館にかかる年間総費用の縮減を実現します。

 

 1 便利で利用しやすい図書館サービスへ

(1)簡単・便利な自動貸出・返却サービス

自動貸出機

箕面市は、平成24年4月20日(金曜日)から全ての市立図書館(6館)で一斉にICタグシステムを導入し、図書の貸出・返却の手続を、利用者自身が簡単にかつスピーディーにできるようにします。

これまで、本の貸出・返却は職員が対面で手続きを行っていましたが、これからは本をまとめて自動貸出機にのせ、タッチパネルを押すだけで貸出手続きが完了します。また、返却は、アンテナが付いた返却用ポストに投入するだけで完了という簡単かつスピーディーな貸出・返却ができるようになります。

図書の貸出・返却を完全に自動化するのは、府内で箕面市が初めてです。

(2)インターネット環境の整備

すべての図書館へ無線LANを設置するなどインターネット環境の整備や、タブレット端末の無料貸出しにより、ビジネスや学習に役立つ最新の情報検索が可能になります。

(1)無線LANの設置

どなたでも利用可能な無線LANを設置することで、図書館でご自身のパソコンを使い、無料でインターネットをご利用いただけます。

(2)タブレット端末の貸出

最新鋭のタブレット端末「iPad」を図書館内で無料貸出しますので、ご自身のパソコンを持ち込まなくてもインターネットをご利用いただけます。

(3)図書購入費を2倍に増加するなど基礎サービスを拡充

この4月から毎年の図書購入費を2倍に増やします(年間3千1百万円を年間6千2百万円に拡大)。これにより新刊や人気本など約10,000冊の図書を新たに購入し、予約待ちの日数を大幅に減らします。また自由に選んでゆっくり楽しめる映画や音楽などのブルーレイやDVD、CDも大幅に充実します。

さらに図書館の開館日数も年間で延べ20日以上増やします。

 

2.図書館業務の効率化によるサービス拡大へ向けて

箕面市では、昨年8月に策定した「箕面市知の拠点づくりアクションプラン」に基づき、ICタグシステムを最大限に活用し、府内で初めて図書の貸出・返却の完全自動化を実現するなど、業務の大幅な見直しにより人件費を8千万円圧縮します。

こうして圧縮した経費により、図書購入費を2倍増するなど既存サービスを拡充するにとどまらず、図書館の空白地域である小野原地域と止々呂美・箕面森町地域には図書館を新設します。まずは平成25年5月に小野原地域に新図書館をオープンしますが、市の図書館にかかる年間総費用を縮減しながらこれを実現します。

 

◆現在(6館)と見直し後(7館)の年間経費比較

  年間経費比較図

 


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:子ども未来創造局中央図書館 

箕面市箕面5-11-23

電話番号:072-722-4580

ファックス番号:072-724-9697

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?