• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

箕面市 > 市政 > 広報 > 統一キャンペーン > 応急手当を身につけよう!市民と消防の命の連携

ここから本文です。

更新日:2011年2月9日

 応急手当を身につけよう!市民と消防の命の連携

           統一キャンペーンロゴ                                  

 市消防本部・署では、市民に対する応急手当の普及啓発として、毎月第1・第3日曜日に「普通救命講習1」を開催しています。市民のみなさんが、日常生活で起こるけがや病気に対応できる知識・技術を身につけることが最も重要です。「あなたの勇気・あなたのその手・あなたのその行動」が命の手助けとなります。

 

  

応急手当の必要性

 突然の事故や病気など救急車を呼ぶような現場に遭遇したとき、救急車が来る前に「応急手当」をすることで、救命率が上がることをみなさんはご存じでしょうか?

 (1) 救急車到着までの空白の時間

救急車が119番通報を受けてから現場に着くまでは全国平均7・9分、市で平均約6・9分です。実はこの空白の6.9分間が傷病者の生命を大きく左右することになります。
下の図「カーラーの救命曲線」によると、心臓停止の場合では、救急車が到着するまでの約3分間、その場に居合わせた人が応急手当をしなければ、50%の人が死亡します。

 

 カーラー救命曲線

監修大阪市消防局家庭の救急ノートより

(2)自主救護の必要性
 地震や水害などで同時に多くの人がけがをしたときは、普段のようにすぐに救急車が来るとは限りません。このような時こそ、応急手当が役に立つのです。 

 

応急手当とは?

心筋梗塞(心臓の病気)や脳卒中(脳の病気)などの病気、交通事故、プールでおぼれたり、のどに物を詰まらせたりする事故など、突然の病気や事故に対して、家族、友人、職場などでその場に居合わせた人が行う手当のことです。

「応急手当には、3つの目的があります」
1.【救命】救命の連鎖
応急手当の一番の目的は、生命を救うことです。
呼吸、心臓が止まったら…「心肺蘇生法」
2.【悪化防止】
応急手当の二番目の目的は、けがや病気の人の状態や訴えを現在以上に悪くさせないことです。
怪我による出血…「被覆・止血」
3.【苦痛の軽減】
傷病者は、心身ともにダメージを受けています。「頑張ってください」「すぐに救急車が来ます」など、励ますことが「苦痛の軽減」につながります。

   

 救命の連鎖

下の図を「救命の連鎖」といいます。「 早い119番通報」と「早い応急手当」については、その場に居合わせたみなさんに行っていただくほかありません。適切な応急手当を行い、到着した救急隊による「早い救急救命処置」、医師の「早い二次救命処置」と「リレー」ができれば、多くの大切な命が救われます。

救命の連鎖

監修大阪市消防局家庭の救急ノートより

 救急連携ノート

救急要請事案が発生した際など救急搬送時間の短縮のため「救急連携ノート」を作成しました。これは、救急隊が必要とする情報を伝えていただくためのものです。利用につきまして、皆さまのご協力をお願いいたします。

救急連携ノートは、このホームページからもダウンロードできます。

 救急連携ノート(PDF:59KB)




よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:消防本部警防第一室 

箕面市箕面5-11-19

電話番号:072-724-9009

ファックス番号:072-724-3999

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?