• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

箕面市 > くらし > 交通 > 過去の資料類 > 北大阪急行線延伸推進会議 > 延伸計画と周辺の開発プロジェクト

ここから本文です。

更新日:2014年5月28日

延伸計画と周辺の開発プロジェクト

延伸計画

大阪都心への大動脈

昭和45年に開催された大阪万博の主たるアクセス交通機関として開業し、大阪市営地下鉄御堂筋線(大阪市交1号線)との相互乗り入れを行っており、大阪都心部と北大阪地域を結ぶ交通の大動脈です。

路線の位置付け

平成16年10月の近畿地方交通審議会答申第8号で「京阪神圏において、中長期的に望まれる鉄道ネットワークを構成する新たな路線」に位置づけられました。

周辺の状況

箕面森町・彩都・箕面グリーンロード(平成19年完成)・箕面新都心(平成19年完成)・新名神高速道路のプロジェクトが推進されています。

目的・効果

  • 大阪都心部へのアクセス時間短縮
  • 新たな輸送需要への対応
  • 都心方面への道路交通混雑の緩和や環境負荷の低減
  • 新幹線・空港アクセスの強化
  • 大阪圏における鉄道ネットワークの強化
  • 大阪圏における都市拠点の形成促進への寄与
  • 北部大阪地域の広域拠点としての機能強化
  • 箕面市における公共交通指向型のまちづくりへの寄与(自家用車依存からの脱却)
  • かやの中央の都市拠点形成促進と船場団地に都市再生への寄与

路線図

路線図

開発プロジェクト地図

 

地図を拡大表示

 

北大阪急行線延伸これまでのあゆみはこちらへ

周辺の開発プロジェクトはこちらへ

鉄道延伸室トップページへ

よくあるご質問

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?