箕面市 > くらし・環境 > 交通 > クルマに依存しない郊外生活の可能性に関する研究

更新日:2016年12月1日

ここから本文です。

クルマに依存しない郊外生活の可能性に関する研究

箕面市の住宅地を事例に

目的

アメリカやヨーロッパでは自家用車に依存した社会がもたらす、環境への悪影響、中心市街地の衰退などの反省から、公共交通網の再整備や自家用車の利用をできるだけ減らすことのできる施設配置により自家用車を使わずに暮らすことのできる地域の形成を目指した、都市計画手法の様々な提案がなされています。

この研究は、箕面市周辺の大学に所属する研究者で組織した研究会により、現在の人々の暮らしを自家用車への依存という視点から検証し、今後を予測し、また指針を提案する ため実施されました。

(平成19年度)クルマに依存しない郊外生活の可能性に関する研究 その4

(平成18年度)クルマに依存しない郊外生活の可能性に関する研究 その3

資料編

(平成17年度)クルマに依存しない郊外生活の可能性に関する研究 その2

(平成16年度)クルマに依存しない郊外生活の可能性に関する研究

 

北急まちづくり推進課トップページへ

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページは見つけやすかったですか?