箕面市 > 健康・医療・福祉 > 健康・医療 > 子どもの予防接種 > B型肝炎予防接種の開始について

更新日:2018年7月25日

ここから本文です。

B型肝炎予防接種について

平成28年10月1日から、定期接種としてB型肝炎予防接種を実施しています。予防接種の必要性や副反応についてご理解のうえ、市内実施医療機関に予約をして、接種を受けてください。

B型肝炎とは

B型肝炎は、B型肝炎ウイルスの感染により起こる肝臓の病気です。B型肝炎ウイルスへの感染は、一過性の感染で終わる場合と、そのまま感染している状態が続いてしまう場合(この状態をキャリアといいます)があります。キャリアになると慢性肝炎になることがあり、そのうち一部の人では肝硬変や肝がんなど命に関わる病気を引き起こすことがあります。

ワクチンを接種することで、体の中にB型肝炎ウイルスへの抵抗力(免疫)ができます。免疫ができることで、一過性の肝炎を予防できるだけでなく、、キャリアになることを予防でき、まわりの人への感染も防ぐことができます。

対象者

生後1歳未満のかた(1歳の誕生日の前日まで受けることができます。)

 

  • HBs抗原陽性の者(母)の胎内または産道でB型肝炎ウイルスに感染したおそれがあり、かつ、抗HBs人免疫グロブリンの投与に併せて組換え沈降B型肝炎ワクチンの投与を受けたことのある者(児)は、母子感染予防の対象者であり、健康保険適用となるため、対象外となります。

接種回数

3回(1回目から2回目は27日以上の間隔をおき、1回目から3回目は139日以上の間隔をおいてください。)

  • 今までに自費でB型肝炎予防接種(任意接種)を受けたことがある場合は、その回数分を既に接種したとみなします。

持ち物

  1. B型肝炎予防接種予診票(対象となるかたに順次送付します。)
  2. 母子健康手帳

費用

無料(対象年齢以外のかたは、任意接種となり有料です。)

ワクチンの種類について

B型肝炎ワクチンには2種類あります。

  • ビームゲン:製造販売元【化血研、チメロサール(防腐剤)添加】
  • ヘプタバックス2:製造販売元【MSD株式会社、チメロサール除去(ラテックスアレルギーのあるお子さんは、接種する前に必ずかかりつけ医にご相談ください。)】

そのほか

  • 1歳の誕生日の前日まで接種可能です。
  • (例)平成30年4月1日生まれのお子さんの場合

1回目の接種日:10月1日、2回目の接種日:10月29日、3回目の接種日:2月18日

(注意点)3回目の接種期限となる3月31日(1歳の誕生日の前日)までに接種を受けるためには、1回目の接種は、遅くても11月11日までに受けなければなりません。

ただし、実施医療機関によっては休診日や接種できない日があるため、その点も考慮のうえ接種日を決めてください。

市内実施医療機関


よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:子ども未来創造局子どもすこやか室 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6768

ファックス番号:072-721-9907

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページは見つけやすかったですか?