• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

箕面市 > ビジネス > 入札・契約 > 入札参加有資格登録 > 箕面市入札参加者資格登録更新申請のご案内(物品(清掃、警備などの役務の委託、リースなども含む)業者登録)

ここから本文です。

更新日:2017年12月4日

箕面市入札参加者資格登録更新申請のご案内(物品(清掃、警備などの役務の委託、リースなども含む)業者登録)

平成30年3月31日に入札参加者資格登録有効期限が満了するかたへ

現在、『物品(清掃、警備などの役務の委託、リースなども含む)』で入札参加有資格者名簿に登載中のかたで、平成30年3月31日に有効期限が満了するかたを対象として下記のとおり更新申請を受け付けます。

(『建設工事』の更新申請受付は一昨年度(平成27年度)に、『測量・設計コンサルタント』は昨年度(平成28年度)に実施済みです。)

箕面市では、平成25年度より入札参加資格登録の随時受付を開始し、それに伴い、有効期限の平準化作業を行う必要があり、平成27年度に、平成28年3月31日の有効期限を『測量・設計コンサルタント』については平成29年3月31日まで1年間延長し、『物品(清掃、警備などの役務の委託、リースなども含む)』については平成30年3月31日まで2年間延長したことにより、本年度は『物品(清掃、警備などの役務の委託、リースなども含む)』の更新申請受付を行うこととなりました。

なお、今年度の『物品(清掃、警備などの役務の委託、リースなども含む)』の更新申請受付が済みますと有効期限は平準化されますので、それ以降、更新申請をされる場合は、有効期限(入札参加有資格者名簿にて確認してください)の満了する約1~2ヶ月前に更新申請を行ってください(リンク先は更新申請も随時登録申請も同じです)。

本年度の更新受付

1.対象

『物品(清掃、警備などの役務の委託、リースなども含む)』で登録されており平成30年3月31日に登録有効期限が満了されるかたで引き続き登録を希望されるかた。

登録有効期限については、入札参加有資格者名簿にて確認してください。

 

2.受付期間・方法(受付期間を延長しています)

平成29年8月21日月曜日から平成29年10月31日火曜日まで(当日消印有効)受付しておりましたが、現在も受付しておりますので、登録有効期限にかかわらず、なるべく早めにお手続きください

申請書類は、ダウンロードのうえ印刷し作成してください

申請書類一式を必ず郵送など(書留郵便・特定記録郵便・ゆうパック・宅配便などの郵便物などを差し出した記録が残る方法ならば可)にて送付してください。

封筒などには「入札参加資格審査書類在中」と朱書きしてください。

市役所窓口に持参されましても受付いたしません。

なお、受付印の押印が必要であれば、受付印押印用の用紙(例えば「箕面市入札参加資格審査申請書兼使用印鑑届」のコピーなど)と82円切手を貼った返信用の封筒を同封してください。

〔郵送先〕
〒562-0003箕面市西小路四丁目6番1号
箕面市総務部契約検査室

 

3.そのほか

本市においては、従来実施しておりました4年に1回の更新申請受付を廃止し、必要になったときにいつでも申請できる随時登録を実施しております。今回、上記更新申請受付期間内に更新申請手続をされなかった場合でも、随時登録申請ができます。

 

参加資格

次に掲げる条件をすべて満たしている者

  1. 地方自治法施行令第167条の4第1項(被補助人、被保佐人又は未成年者であって、契約締結に必要な同意を得ている者は、同項の規定に該当しない。)及び第2項に該当しない者であること。
  2. 会社更生法(平成14年法律第154号)第17条の規定に基づく更生手続開始の申立て又は民事再生法(平成11年法律第225号)第21条の規定に基づく再生手続開始の申立てがなされていないこと。(会社更生法の規定に基づく更生手続開始の申立て又は民事再生法の規定に基づく再生手続開始の申立てがなされた者であっても、更生計画の認可が決定された者又は再生計画の認可の決定が確定された者を除く。)
  3. 金融機関から取引の停止を受けた者そのほかの経営状態が著しく不健全であると認められる者でないこと。
  4. 法人税又は所得税、消費税及び地方消費税並びに法人事業税を完納していること。また、箕面市内に営業所(本店など・支店など)を有し、その営業所において本市との契約を締結する事業者にあっては、市税を完納していること。
  5. 申請日現在において、引き続き2年以上の営業実績があること。
  6. 営業を行うにつき、法令などの規定により官公署の免許、許可又は認可を受けていること。
  7. 建設業者にあっては、建設業法(昭和24年法律第100号)第3条第1項の許可を受け、及び同法第27条の23第2項に規定する経営事項審査を受けている者であること。
  8. 箕面市競争入札参加者指名停止要綱(PDF:97KB)に基づく入札参加停止措置を受けている者又は同要綱別表各号に掲げる措置要件に該当すると認められる者(同要綱別表各号に掲げる措置要件に該当し、その措置期間に相当する期間を経過したと認められる者を除く。)でないこと。
  9. 箕面市建設工事等暴力団対策措置要綱(PDF:640KB)に基づく入札参加除外措置を受けている者又は同要綱別表各号に掲げる措置要件に該当すると認められる者でないこと。

(注)申請において虚偽の記載などがあった場合は、資格を取り消すことがあります。

箕面市市内業者及び準市内業者について

箕面市での市内業者及び準市内業者としての認定基準を下記リンクのとおり設けております。

注意事項

  1. 資格審査結果について、資格を有すると認められた場合の個々の通知は行いませんが、入札参加有資格者名簿(以下「名簿」という。)に登載されますので、ホームページまたは行政資料コーナー(別館1階12番窓口)で確認してください。ただし、資格を有すると認められなかった場合は、個別にご連絡いたします。
  2. 申請書の内容の一部は、名簿として一般に公開されますので、あらかじめご了承のうえ申請してください。
  3. 名簿に登載された場合、指名業者選定などの対象となりますが、指名や契約を約束するものではありません。また、登載される業種などによっては必ずしも入札が行なわれるとは限りません。
  4. 送付は必ず申請者(会社名)で送付してください。
  5. 別の申請者(A社とB社)の申請書を一括して送付することはできません。
  6. 申請書類(業者カード、業務経歴一覧表、電算入力票以外)を紙製A4判S型フラットファイルとじにし、業者カード、業務経歴一覧表、電算入力票は、とじ込まずにクリヤーホルダーにはさんで提出してください。
  7. 提出書類は、下記の「申請用紙」欄をご覧ください。「申請書類の作成要領」をよく読んで作成してください。
  8. 不足書類がある場合は、受付できませんのでご注意ください。
  9. 内容に不備がある場合は、返却することもありますので、記入漏れ、誤りなどないように十分確認のうえ提出してください。
  10. 提出書類は、返却いたしません。
  11. 提出書類に虚偽の記載をしていることが判明した場合は、入札参加資格を取り消すことがあります。

申請でよくある間違い

  1. A4判S型のフラットファイルに申請書類を番号順に綴じていない。
  2. 申請書の使用印鑑欄に押印がない。
  3. 申請書の使用印鑑と委任状の受任者の使用印鑑が違う。
  4. 契約先などを支店などに委任しているのに委任状がない。
  5. 印鑑証明書の原本ではなくコピーを添付している。
  6. 履歴事項全部証明書、印鑑証明書などの証明書類が、申請日において発行日から概ね3か月以内の日付になっていない。
  7. 法人事業税の納税証明書が添付されていない。(法人市民税の納税証明書を間違って添付している。)
  8. 業務経歴(契約実績)一覧が未記入である。(別紙で実績資料を添付している場合でも記入は必要です。)

申請用紙はこちらからダウンロードしてご利用ください

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:総務部契約検査室 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6714

ファックス番号:072-724-6859

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?